無料相談はこちら

チャットでアドバイザーに
相談してみる

目次に戻る 目次に戻る
ユニゾンキャリア バナー

SIerはやめとけ!?大手SIerに転職する方法などをわかりやすく解説

SIerとは?やめとけって本当?

SIerはやめとけって聞くけど、どうしてだろう…

SIerって客先常駐ばかりなのかな…?

✓本記事の流れ

  • ・SIerがやめとけと言われる理由
  • ・良いSIerの特徴
  • ・良いSIerに入社するためには?

SIer(エスアイヤー)とは、クライアントの業務を分析し、課題解決のためにコンサルティング、設計、開発、運用・保守までを請け負う職業のことを指します。

インターネットで検索すると、「やめとけ」「やばい」など不穏な単語が多いですが、情報収集をしっかりすることでそのような企業を避けることができます。

SIerへの入社を目指している方はぜひ参考にしてください。

1.そもそもSIerとは?

SIerとは、クライアントの依頼を分析し、システムの設計・開発などに関わる業務を請け負う企業のことをいいます。

SIerとは

SIerとは

SIerは、納品したシステムに責任が発生し、成果物に基づいて報酬が発生するという特徴があります。

2.SIerはやめとけと言われている理由

SIerの中で「やばい」「やめとけ」と言われている企業には理由があります。

理由

  • ・受託開発だけをやっているSIer
  • ・3次請け以下のSIer
  • ・若手社員が少ないSIer
  • ・新事業の取り組みがないSIer
  • ・年収が低いSIer

そんな企業を避けるためにも、ここでは避けるべきSIerの企業の特徴を解説していきます。

2-1.3次請け以下のSIer

IT業界は下記のような多重下請け構造で成り立っています。

IT業界の多重下請け構造

IT業界の多重下請け構造

他の企業に一部の開発を任せることでコストを抑えようとして、このような業務委託形態が取られます。

そのため下請けになればなるほど年収が低く、仕事も激務になりやすいです。

SIerも例外ではないため、安定した仕事を選ぶなら2次請け以上の企業がいいでしょう。

2-2.若手社員が少ないSIer

若手社員が少ない企業は、何かしら問題を抱えている可能性が高いです。

近年は終身雇用制度より転職が重視される時代になってきていることから、若い人や才能ある人ほど転職を選択しています。

企業に魅力がなければ若手社員は定着しません。

人材が育たなければ、将来的に会社は立ち行かなくなるでしょう。最悪会社が倒産する可能性もあります。

上記の理由から、若手社員が少ないところは「やばい」可能性があります。

理想としては20代〜30代の社員が50%以上いると安心です。

2-3.新しい取り組みのないSIer

ここ最近のIT業界の成長や社会情勢の変化は、私たちの生活や社会にも大きな影響を及ぼしてきました。

その時代の中で新しい取り組みをしてこなかった企業は、今後も古い体制のまま進む可能性が高いです。

IT業界はトレンドの移り変わりが激しく、会社がついていけなければすぐに時代に取り残されてしまいます。

テレワークの導入や新規技術を使った開発、新規ツールの使用など、時代の変化に伴って企業がどのように変化・対応しようとしたかを見極めていきましょう。

2-4.無理な働き方をさせるSIer

IT業界は慢性的にエンジニア不足であり、転職が活発に行われています。

そのため人を大切にしない企業には人が残りにくく、人が辞めたことによって残った人に負担がかかる負のスパイラルに陥っている可能性もあります。

  • ・残業が多すぎる
  • ・有休が取れない
  • ・年収が低い
  • ・福利厚生がない
  • ・遠すぎる勤務地の仕事をアサインされる

これらの負担を強いてくる会社はやめておきましょう。

以下の記事では、実際にSIerから転職した時の話が書かれているので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。

Sierから自社開発に転職した時の苦悩|あなたが後悔しない進むべき道とは

3.やめとけと言われているSIerのメリット

SIer企業の中で「やめとけ」と言われる特徴を持っている企業は、ほんの一部です。

良い企業には良い人材が集まるため、充実した働き方ができるようになります。

そのようなSIer企業を選ぶためにも、特徴を押さえておきましょう。

SIerのメリット

  • ・残業時間の少ないSIer
  • ・請負以外に自社サービスを展開しているSIer
  • ・福利厚生がいいSIer

3-1.残業時間の少ないSIer

残業時間が少ないということは、取り組みが出来ている企業ということです。

残業をしないためにスケジュール管理などをしっかりしていることから、マネジメント能力の高い企業といえるでしょう。

マネジメント能力が必要とされるSIerにとって、良い企業選びの基準にもなります。

3-2.請負以外に自社サービスを展開しているSIer

請負開発以外に自社サービスや自社開発を行っている企業は、請負開発以外に強みを持っているという観点からおすすめです。

今後企業として成長していくには、請負開発以外にも強みを持っている必要があります。

自社サービスを展開している企業であれば今後の成長が見込まれるため、良い企業と言えるでしょう。

3-3.福利厚生がいいSIer

福利厚生制度とは、企業が社員やその家族の健康や生活を向上させるためのサービスのことです。

社員のQOLに投資することは、社員のモチベーションや作業効率化にも繋がります。

このことから福利厚生がいい企業は良い企業と言えるでしょう。

特に大手企業の傘下のSIer企業は、福利厚生がしっかりしていることが多くおすすめです。

4.SIerに向いている人の特徴

Slerに向いている人は以下のとおりです。

向いている人

  • ・システム開発の計画・設計をやりたい人
  • ・マネジメントをしたい人
  • ・色んな会社と連携しながら働きたい人

4-1.システム開発の計画・設計をやりたい人

SIerは要件定義や設計などの上流工程を担当することが多いため、システム開発の計画、設計をやりたい方には向いているでしょう。

キャリアアップしていくと、大規模なシステム開発の設計に携わることも可能になってきます。

4-2.マネジメントをしたい人

SIerは大規模なプロジェクトを運用することが多く、企業との打ち合わせやプロジェクト全体の進行管理、プロジェクトに参入している他の企業との連携が大切になってきます。

人を管理し動かす仕事が多いことから、マネジメントをしたいと考えている方には合っているでしょう。

4-3.色んな会社と連携しながら働きたい人

システムが大きくなるほど、関わる人も増えていきます。

取引先の企業以外にも、共同開発企業も関わってくることから、多くの人と連携して仕事をすることになります。

人と協力して大きなものを作り上げたい方に合っている仕事です

5.SIerの選び方のコツ

Slerの企業選びのコツを解説します。

企業選び

  • ・企業ポジションに注目する
  • ・将来のキャリアパスを考える
  • ・大手SIer企業を知る

5-1.企業ポジションに注目する

IT業界の多重下請け構造では、三次請け、四次請け…と下に行くほど年収も低く、激務になりやすいです。

ホワイトSIer企業に入社するためには、できるだけ多重構造の上のポジションに位置する企業を選ぶといいでしょう。

5-2.将来のキャリアパスを考える

やりたい仕事、将来のキャリアパスを考えることは、企業を選ぶ上でとても重要です。

少しでも入社後のギャップを減らすために、自己分析をしっかり行うことをおすすめします。

その上で、そのキャリアパスが叶えられる企業を選びましょう。

次の記事には、エンジニア選ぶことのできるキャリアパスをまとめてあります。

【職種別】ITエンジニアのキャリアパス一覧!事例やキャリアアップ法も紹介|エンジニア転職ガイド

2024.01.30

5-3.大手SIerの比較ランキング一覧

SIer事業を展開している大手企業の売上ランキングは以下のようになっています。

企業名

売上高

平均年収

残業時間

有休消化率

富士通株式会社

30,171億円

859万円

30.2時間

57.6%

日本電気株式会社(NEC)

29,940億円

814万円

26.3時間

55.9%

株式会社NTTデータ

23,186億円

852万円

30.6時間

80.2%

株式会社日立製作所

18,923億円

897万円

33時間

56.7%

株式会社大塚商会

5,266億円

823万円

34時間

39.5%

株式会社野村総合研究所

5,130億円

1232万円

42.5時間

51.2%

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

4,798億円

941万円

32.8時間

58.8%

TIS株式会社

4,483億円

741万円

27.3時間

66.6%

SCSK株式会社

3,968億円

752万円

24.7時間

76.2%

BIPROGY株式会社

3,096億円

810万円

24.8時間

65.4%

上記のSlerを参考にしつつ、転職・就職活動に活かしてください。

6.大手SIerに転職する方法とは?

大手SIerに転職するためには転職エージェントを利用することがおすすめです。

転職エージェントを利用することで、企業選びに必要な情報収集を効率的に行うことが可能です。

メリット

  • ・求人には載っていない企業の情報を詳しく教えてくれる
  • ・応募書類や面接の対策ができる
  • ・実現したいキャリアパスを一緒に考えてくれる

特にITエンジニアに特化した企業のエージェントであれば、自社で取り扱っているSIer企業の情報を具体的に説明してくれるのでおすすめです。

ITエンジニアの転職に特化したエージェントは以下となります。

  • ・ユニゾンキャリア
  • ・レバテックキャリア

ユニゾンキャリア

ユニゾンキャリア

ユニゾンキャリア

株式会社ユニゾン・テクノロジーが運営する、ITエンジニア向け転職エージェントです。

エンジニアの経験が浅い方や、エンジニア未経験の方に対するサポートに特化しているので、これからIT企業への転職を考えている方におすすめです。

レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテック株式会社が運営する、ITエンジニア・デザイナー向け転職エージェントです。

エンジニア経験者の転職に特化しているため、3年以上経験を積んだエンジニアでしたらこちらがおすすめです。

7.まとめ

SIerはやめとけと言われていますが、情報収集をしっかり行うことで「やめとけ」と言われるSler企業を回避することができます。

本記事のまとめは以下となります。

まとめ

  • ・全てのSIerが「やめとけ」なわけではない
  • ・いいSIerに入社するために、企業の情報収集はしっかり行う
  • ・キャリアパスを明確にして、それが叶えられる企業に入社する

SIer企業への情報収集に詰まったら、IT専門の転職エージェントを利用してみてください。

転職エージェントは企業の内情に詳しく、求人には載っていない情報でも提供してくれることがあります。

効率よく情報収集を行うためにも、利用してみてはいかがでしょうか?

このようなことで
悩まれています。

お悩み1

今の世の中に不安がありませんか?

「スキル身につけたい…」「安定したい…」
スキルをつけれる厳選な求人を紹介!

お悩み2

現在の会社で年収上がるビジョンが見えない

「年収が低すぎる…」「年収をアップさせたい…」
年収の高い企業に入社すべき!

お悩み3

ワークライフバランスを整えたい

「残業なしがいい」「週3,4日で働きたい」
ITエンジニアはスキルを磨けば仕事は選べます!

簡単30秒

まずは気軽にWebで無料相談

コンシェルジュ

こんにちは!
はじめに職歴をお聞かせください。

この記事の監修者

監修者画像

エンジニア

土肥 将司

大学卒業後、新卒で不動産会社に就職。その後23歳で開発エンジニアにキャリアチェンジし、3年間大手Slerにて様々な開発に携わる。その後、インフラストラクチャー企業にて人材コンサルタントとして経験を積み、株式会社ユニゾン・テクノロジーを創業。現在の代表取締役

おすすめ記事

Recommended Articles

成功者インタビュー

岩崎友哉様インタビュー

転職で年収アップに
成功した方

年収UP

【年収150万円UP】大手自社開発企業でリモートワーク!とても良い環境で働けています

転職

槇原さまインタビュー_アイキャッチ

未経験から転職成功事例

年収UP

「PCをほぼ触ったことありませんでした…」完全未経験からエンジニアに転職成功|年収100万以上アップ!

転職

枌夏月様インタビュー

SES企業からキャリアアップ

キャリアアップ

SES企業から独立系SIerにキャリアアップ!仕事の幅を広げて、更なるグロースを目指す

転職

森崎圭介様インタビュー

未経験から転職成功事例

未経験

【販売職からエンジニア】 2ヶ月間の充実した研修内容が入社の決め手に!

転職

石井颯一様インタビュー

未経験

文系からITエンジニアに!理系科目が苦手でITスキルも無い状態から内定を獲得しました

就活

冨田瑠南様インタビュー

未経験から転職成功事例

未経験

【完全未経験からエンジニア】キャリアアドバイザーと二人三脚で内定獲得!

転職

関連記事

人気の記事一覧