無料相談はこちら

チャットでアドバイザーに
相談してみる

目次に戻る 目次に戻る
ユニゾンキャリア バナー

システムエンジニア(SE)の仕事内容は難しい?やりがいも解説

システムエンジニア(SE)の仕事内容は難しい?

システムエンジニア(SE)の仕事内容は難しいの…?

システムエンジニアの仕事ってやりがいはあるのかな…

✓本記事の結論

  • ・システムエンジニア(SE)が難しいと言われる理由は、仕事内容が難しいことや、仕事の幅が多いこと、多忙なスケジュールなどがある。
  • ・逆にシステムエンジニア(SE)のやりがいは、平均年収が高いことや、さまざまなスキルが身につくこと、システム完成時の達成感があることなどが挙げられる。

本記事ではシステムエンジニア(SE)を目指そうか検討している方に向けて、システムエンジニア(SE)の難しい点ややりがいについて解説しています。

システムエンジニアを目指している方は、是非参考にしてみてください!

→参考記事:システムエンジニアとは?仕事内容・年収・将来性・資格をわかりやすく解説

1.システムエンジニア(SE)が難しいと言われる理由

まず、システムエンジニアの仕事が難しいと言われる理由について、主な理由を5つ挙げてご紹介いたします。

1-1.仕事内容が難しい

1つ目の理由は、仕事内容そのものが難しいことです。

システムエンジニアは、システム構築における上位工程(要件定義、基本設計、詳細設計など)を担当します。

クライアントと対話を重ねながら、システムの根幹部分を作り上げていきます。

下流工程(コーディング、テスト、運用など)を担当するプログラマーの仕事と比較すると、システム開発全般に関わる仕事です。

よって、業務の難易度が高くなります。

システムエンジニアの(SE)の仕事の工程

システムエンジニアの(SE)の仕事の工程

システムエンジニアの仕事内容についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

【→関連記事:システムエンジニアの仕事内容・平均年収・資格・将来性

1-2.仕事の幅が広い

2つ目の理由は、仕事の幅が広いことです。

システムエンジニアには、プログラミング以外のさまざまなスキルが求められます。

たとえば、以下のような業務を効率よく進めなければなりません。

  • ・クライアントからの依頼をヒアリングし、仕様を決定する
  • ・無理な依頼があった際は、交渉を行う
  • ・仕様書や設計書を作成する
  • ・テスト中にバグが起こった場合、プログラマーと解決方法を考案する
  • ・チーム全体のマネジメントを行う

複数の業務を同時並行して行えるマルチタスクに長けていないと、システムエンジニアとして活躍することは難しいでしょう。

1-3.プロジェクトの多忙なスケジュール

3つ目の理由は、スケジュールが非常に多忙なことです。

ほとんどのプロジェクトには納期があるため、タイトなスケジュールを組んで業務を進めなければなりません。

システム開発にエラー発生はつきものなので、臨機応変に対応することも必要です。

納期が近づく度に、スケジュール管理、エラーの修正、クライアントとの交渉などの調整が必要です。

この調整ができない人は、システムエンジニアは難しいと感じるでしょう。

1-4.残業や休日出勤が多い

4つ目の理由は、残業や休日出勤が多いことです。2022年に発表された「doda」の調査によると、エンジニア系各職種の月平均残業時間は以下のとおりでした。

職種名

残業時間

製品企画

29.0時間

組み込みエンジニア

28.4時間

インフラコンサルタント

27.5時間

サーバーエンジニア

25.1時間

Webエンジニア

24.9時間

評価/実験/デバッグ

23.9時間

ネットワークエンジニア

22.9時間

研究開発/R&D(IT/通信)

22.4時間

アプリケーションエンジニア

22.1時間

社内SE

21.5時間


全体の平均残業時間である22.2時間と比較してみると
残業時間はやや長めです。

システムを納期までに納品しないといけないため、残業や休日出勤が増える傾向にあります。

【→関連記事:システムエンジニアの残業時間や残業を減らす方法

1-5.キャリアアップが難しい

5つ目の理由は、キャリアアップが難しいことです。

システムエンジニアのキャリアパスは、主に以下のとおりです。

  • ・プロジェクトリーダー
  • ・プロジェクトマネージャー
  • ・ITコンサルタント
  • ・スペシャリスト
  • ・データサイエンティスト

キャリアアップする際には、マネジメントスキル、コンサルティングスキル、専門的なビジネス知識が求められます。

システムエンジニアの業務を行いながらスキルを伸ばしていくには、かなりの努力が求められます。

そのため、効率よくスキルアップができる人でないとエンジニアとして活躍し続けるのは難しいでしょう。

システムエンジニアのキャリアプランについて、詳しく解説している記事はこちらです。

【→関連記事:システムエンジニアのキャリアプランやキャリアアップ方法

2.システムエンジニア(SE)の仕事は難しいがやりがいもある

システムエンジニアは、一般的に難しい仕事だといわれています。

しかし、そのぶん大きなやりがいを感じられる職業でもあります。

ここでは、システムエンジニアのやりがいについて、代表的なものを4つ取り上げて解説していきます。

2-1.平均年収が高い

もっとも大きなやりがいは、平均年収が全体的に高いことです。

厚生労働省の職業情報提供サイト「jobtag」によると、システムエンジニア(基盤システム)の平均年収は660.4万円です。

国税庁企画課が発表した「令和3年分民間給与実態統計調査結果について」によると、全職種の平均年収は443万円です。

このことからシステムエンジニアは一般的な職業より高い収入を得られることがわかります。

システムエンジニアの年収について詳しく知りたい方は、下記の記事をチェックしてみてください。

【→関連記事:システムエンジニアの平均年収や年収1000万円の秘訣

2-2.さまざまなスキルが身につく

多種多様なスキルが身につくこともシステムエンジニアの大きなやりがいです。

主なスキルは以下のとおりです。

  • ・プログラミングスキル
  • ・コミュニケーションスキル
  • ・文章構成能力
  • ・コンサルティングスキル
  • ・マネジメントスキル
  • ・提案力

こういったスキルを総合的に身につけることで、プロジェクトマネージャーやITコンサルタントといった上位職にキャリアアップすることも可能です。

2-3.完成時の達成感がある

システムが完成した際に感じられる達成感は、システムエンジニアならではでしょう。

タイトなスケジュールや難しい要望などに対応できると、やりきった後に大きな達成感を感じることができます。

ものづくりが好きだという人は、特にやりがいを感じられる仕事です。

2-4.クライアントから感謝される

依頼されたシステムを納品した際に、クライアントから直接感謝されることもやりがいの1つです。

自分たちが手掛けたシステムによって、業務効率が向上したり、課題が解決したりすると、「自分の仕事が人の役に立っている」というやりがいを感じることができます。

クライアントに感謝された時の喜びを重視する人であれば、大きなやりがいを感じることができるでしょう。

システムエンジニアのやりがいについてさらに詳しい情報を知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

【→関連記事:システムエンジニアの仕事のやりがい・魅力や向いている人の特徴

3.就職は難しい?システムエンジニア(SE)になるためには

システムエンジニアは、たくさんのやりがいを感じられる魅力的な職業です。

ですが、実際に就職するためには、どのようにすればいいのでしょうか。

ここでは、システムエンジニアになるために必要な行動を3つご紹介します。

3-1.自分のシステムエンジニア(SE)の適性をチェックする

まず、自分がシステムエンジニアに向いているかどうか確認しましょう。

入社した後に適性がないと感じてしまうと、システムエンジニアの仕事を行うことが難しいと感じてしまいます。

適性があることを入社前に確かめられれば、本当にシステムエンジニアに転職して大丈夫なのかといった不安を減らすことが可能です。

さまざまな適性診断サイトが各社からリリースされているので、ぜひチェックしてみてください。

【→関連記事:システムエンジニアに向いている人の特徴や適性診断サイトを紹介

3-2.システムエンジニア(SE)に必要なスキルを身につける

次に、システムエンジニアに必要なスキルを身につけましょう。

主に以下のようなスキルが挙げられます。

  • ・プログラミングスキル
  • ・コミュニケーションスキル(ヒアリングスキル)
  • ・交渉能力
  • ・課題解決能力
  • ・提案力
  • ・マネジメントスキル
  • ・論理的思考能力

日々の勉強に励んだり、日常的な会話から意識をすることで、これらのスキルを伸ばしましょう。

【→関連記事:システムエンジニアに必要なスキルやおすすめの資格

3-3.専門のエージェントに相談する

もしシステムエンジニアへの就職が難しいと感じたら、転職エージェントに相談する方法もおすすめです。

IT専門の転職エージェントに相談すれば、自分一人では対策方法を見つけられない悩みをすぐに解決できるため、効率よくシステムエンジニアを目指せます。

IT業界の転職におけるプロフェッショナルがサポートしてくれるので、ぜひ転職エージェントを利用してみてください。

4.未経験からシステムエンジニア(SE)になるのは難しい?

未経験者がシステムエンジニアになることは難しいと思う人も少なくありません。

しかし、未経験者でもシステムエンジニアを目指すことは可能です。

その理由について解説していきましょう。

4-1.IT業界は人手不足で需要が高い

1つ目の理由は、IT業界全体が人材不足に苦しめられていることです。

2019年に経済産業省が公開した「IT人材需給に関する調査(概要)」によると、2030年には約79万人ものIT人材が不足する可能性があるといわれています。

IT化の波が急速に高まる中、システムエンジニアを含むITエンジニアの供給が間に合っていないことが理由として挙げられます。

そのため、未経験者からシステムエンジニアを募集している企業も多く、未経験からでも挑戦しやすくなっています。

【→関連記事:ITエンジニアの人材不足の現状を2023最新データで解説

4-2.プログラミング以外のスキルも重要視されている

2つ目の理由は、システムエンジニアはプログラミングスキル以外の能力もアピールすることが可能だからです。

システムエンジニアは、プログラミングの能力以外にもコミュニケーション能力や文章作成能力など、多くの能力が求められます。

もし、システムエンジニアにとって必要なスキルを1つでも持っているなら、面接の際にアピールしていきましょう。

4-3.教育体制が整っている企業が多い

3つ目の理由は、未経験者に向けた教育体制が整った企業が多いことです。

近年ではITエンジニアが不足している傾向にあるため、未経験エンジニアを研修を通して一人前に育てようという考えを持った企業が増えてきています。

未経験からシステムエンジニアになったとしても、就職した後に業務に必要なスキルを学べるため、安心して業務に就くことができます。

未経験からシステムエンジニアを目指したいと考えている方は、ぜひこちらの記事もチェックしてみてください。

【→関連記事:未経験からシステムエンジニアに転職・就職する方法

【→関連記事:未経験からITエンジニアに転職するときの危険や成功の秘訣

5.システムエンジニア(SE)は他のITエンジニアと比べて難しい?

システムエンジニアは他のITエンジニアよりも難しい職種なのでしょうか。

人によって意見は異なりますが、他の職種もそれぞれ難しい点があります。

ここでは、組み込みエンジニア、アプリケーションエンジニア、インフラエンジニアを例に出しながら、他のエンジニア職の難しさについて解説します。

5-1.組み込みエンジニアの難しさ

組み込みエンジニアとは、家電や工業機器などの組み込みシステムを開発する職種です。

AI技術の発達によって需要が伸びている職種ではありますが、必要とされるスキルのレベルが高いため、組み込みエンジニアになるのは難しいと言えるでしょう。

またweb系のエンジニアと比べると人材不足が著しく、ハードなスケジュールで業務に取り組まなければならないところも難点として挙げられます。

組み込みエンジニアの難しさについて詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

【→関連記事:組み込みエンジニアの仕事内容が難しいと言われる理由や求められるスキル

5-2.アプリケーションエンジニアの難しさ

アプリケーションエンジニアとは、スマートフォン向けや業務用のアプリケーションを開発するエンジニアのことです。

プログラミング言語の知識を始めとして、データベースやサーバーといった専門的な技術知識が求められるところが難しい点として挙げられます。

また、下請け会社で働く場合は、思ったように給与が伸びないこともあります。

アプリケーションエンジニアの大変な点について詳しく知りたい場合は、下記の記事を参考にしてみてください。

【→関連記事:アプリケーションエンジニアの仕事がきつい・やめとけと言われている理由

5-3.インフラエンジニアの難しさ

インフラエンジニアは、クラウド、ネットワーク、サーバー、セキュリティといったITのインフラ部分を開発するエンジニアです。

他のエンジニア職と比較して求められるスキルや知識が多い点が難しいところとして挙げられます。

また、インフラ部分の対応を行うだけあって、夜間や休日の緊急対応を実施しなければならない点が難点です。

インフラエンジニアの仕事内容のきつい点や難しい点などを詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

【→関連記事:インフラエンジニアの仕事のきつい理由ややりがい・魅力

6.まとめ:システムエンジニア(SE)の仕事は難しいがやりがいがある

システムエンジニアの仕事が難しいと言われる理由は、以下のとおりです。

システムエンジニアが難しい理由

  • ・仕事内容が難しい
  • ・仕事の幅が広い
  • ・プロジェクトの多忙なスケジュール
  • ・残業や休日出勤が多い
  • ・キャリアアップが難しい

システムエンジニアは、プログラミングスキル以外にもさまざまなスキルが求められます。

仕事内容が難しいことや仕事が忙しいことから、「システムエンジニアは難しい」と感じてしまう人は多いです。

難しいといわれるシステムエンジニアですが、その分やりがいも多くあります。

システムエンジニアのやりがい

  • ・平均年収が高い
  • ・さまざまなスキルが身につく
  • ・完成時の達成感がある
  • ・クライアントから感謝される

得られる年収の高さや、システムが完成したあとに感じられる喜びが、システムエンジニアの仕事を続ける上で大きなやりがいになります。

システムエンジニアは、決して簡単な仕事ではありません。

仕事内容も難しく、スキルアップするためにはかなりの時間と労力を必要とします。

そのため、未経験者がシステムエンジニアを目指す場合は、しっかり準備をして転職活動に挑みましょう。

システムエンジニアは難しい仕事ではありますが、その分やりがいも感じられる職業でもあります。

もしシステムエンジニアに興味があるなら、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

このようなことで
悩まれています。

お悩み1

今の世の中に不安がありませんか?

「スキル身につけたい…」「安定したい…」
スキルをつけれる厳選な求人を紹介!

お悩み2

現在の会社で年収上がるビジョンが見えない

「年収が低すぎる…」「年収をアップさせたい…」
年収の高い企業に入社すべき!

お悩み3

ワークライフバランスを整えたい

「残業なしがいい」「週3,4日で働きたい」
ITエンジニアはスキルを磨けば仕事は選べます!

簡単30秒

まずは気軽にWebで無料相談

コンシェルジュ

こんにちは!
はじめに職歴をお聞かせください。

この記事の監修者

監修者画像

エンジニア

土肥 将司

大学卒業後、新卒で不動産会社に就職。その後23歳で開発エンジニアにキャリアチェンジし、3年間大手Slerにて様々な開発に携わる。その後、インフラストラクチャー企業にて人材コンサルタントとして経験を積み、株式会社ユニゾン・テクノロジーを創業。現在の代表取締役

おすすめ記事

Recommended Articles

成功者インタビュー

成功者インタビュー

転職で年収アップに
成功した方

年収UP

【年収150万円UP】大手自社開発企業でリモートワーク!とても良い環境で働けています

転職

成功者インタビュー

未経験から転職成功事例

年収UP

「PCをほぼ触ったことありませんでした…」完全未経験からエンジニアに転職成功|年収100万以上アップ!

転職

アイキャッチ画像(枌さん)

SES企業からキャリアアップ

キャリアアップ

SES企業から独立系SIerにキャリアアップ!仕事の幅を広げて、更なるグロースを目指す

転職

プライベートの森崎さん

未経験から転職成功事例

未経験

【販売職からエンジニア】 2ヶ月間の充実した研修内容が入社の決め手に!

転職

未経験

文系からITエンジニアに!理系科目が苦手でITスキルも無い状態から内定を獲得しました

就活

成功者インタビュー

未経験から転職成功事例

未経験

【完全未経験からエンジニア】キャリアアドバイザーと二人三脚で内定獲得!

転職

関連記事

人気の記事一覧