無料相談はこちら

チャットでアドバイザーに
相談してみる

目次に戻る 目次に戻る
ユニゾンキャリア バナー

【ITエンジニア向け】効率的なアウトプット方法とは?

エンジニア
【ITエンジニア向け】効率的なアウトプット方法とは?

エンジニアにとってアウトプットはどうして大事?

アウトプットは具体的に何をすればいいの?

✓本記事の流れ

  • ・エンジニアにおけるアウトプットの重要性を解説 
  • ・効率的なアウトプット方法を紹介 

成功するエンジニアは皆アウトプットすることを習慣化しています。

では、どのようにアウトプットしていけば成功しているエンジニアになれるのでしょうか。

本記事では、エンジニアにおすすめのアウトプット方法やアウトプットをすることのメリットを解説していきます。

また、次の記事ではそもそもエンジニアとは何なのかについて詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

【図解付き】エンジニアとは?職種・種類・仕事内容・ITエンジニアの適性までわかりやすく完全網羅!

1.エンジニアにとってのアウトプットとは?重要性を解説

そもそもアウトプットとは、見たり聞いたりしてインプットした知識などを、実際に手を動かしたり、人に伝えたりすることでより深い理解を得ることです。

エンジニアとして活躍したいならインプットとアウトプットを理解して習慣化することが重要となります。

では、アウトプットすることでどのようなメリットがあるのか以下の内容を見ていきましょう。

アウトプットするメリット

  • ・知識の定着度が上がる 
  • ・人脈が広がる 
  • ・説明能力を上げることが出来る

1-1.知識の定着度が上がる 

エンジニアにとってアウトプットするメリットは、知識の定着度が上がるという点があります。

例えば、プログラミング言語などの勉強をする際、教材を使ってまずは知識をインプットすることが多いです。

しかし、インプットしただけではそのプログラミング言語を使って何かを作成したりすることは難しいでしょう。

それは知識がしっかり身に付いていないからであり、実際に手を動かしてプログラミング言語のルールや書き方を少しずつ理解していくことでようやく扱えるようになります。

そのため、プログラミングを覚える際はインプットだけするよりも、実際に手を動かしながら学んでいった方が効率的に知識やスキルを身に付けることができるでしょう。

1-2.人脈が広がる 

アウトプットの方法には、SNSやブログといったコミュニケーションツールを使って行う方法があります。

自分がSNSなどを利用してアウトプットした情報は多くの人に見てもらうことができます。

そのため、アウトプットした内容に価値を感じた人などに質問されたり、ファンになってくれたりと、人脈を広げることができます。

さらに文面だけでどのように相手に伝えればよいのか、伝わりやすい表現の仕方を身に付けることができるため、コミュニケーションスキルを磨くことも可能です。

特にインターネットでは気軽に反応してもらえるため、自分の考え方や学んだ内容を積極的にアウトプットするのに、インターネットは非常に有効的といえるでしょう。

以下の記事ではエンジニアのコミュニケーションの重要性などについて解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

【苦手な人必見】エンジニアにおけるコミュニケーション能力の重要性

1-3.説明能力を上げることが出来る

教材などを通して一度インプットした内容を自分の言葉に変えてアウトプットする習慣をつけることで、説明能力を上げることが可能です。

蓄えた知識を自分なりに解釈し、人に伝えるためにどのような言葉を使えばよいのか考えるため簡潔にまとめて話す力が養われていきます。

また説明能力は面接時などで必要となる能力であり、自分の言葉に変えてアウトプットしていくことで、質問に対して素早く、簡潔に分かりやすく伝えるための力が備わっていきます。

そのため、日頃からインプットした有益な情報を自分なりに分かりやすく説明できるか、ノートなどにアウトプットすることを習慣づけるとよいでしょう。

2.エンジニア向けの効率的なアウトプット方法

エンジニアとして活動する上で、おすすめのアウトプット方法が知りたいという人は多いのではないでしょうか。

ここでは、エンジニア向けの効率の良いアウトプットの仕方を以下の4つ解説していきますので参考にしてみてください。

効率的なアウトプット方法

  • ・実際に手を動かす 
  • ・SNSで発信をする 
  • ・ポートフォリオを作成する 
  • ・コミュニティに参加する 

2-1.実際に手を動かす 

1つ目のアウトプット方法は実際に手を動かして理解を深めていく方法です。

知識やスキルをインプットした後はできる限り早くアウトプットする必要がありますが、中でもより深い理解が得られるのが実際に手を動かすことです。

手を動かすことで頭の中の情報を整理することができる上に、学んだ内容をどの場面で使うことができるのか理解することができます。

インプットしただけではしっかり身に付いていないこともあるため、実際に手を動かすことで知識の定着度を確認できるでしょう。

2-2.SNSで発信をする 

Twitter(X)をはじめ、SNSを用いて自分から情報を発信することでアウトプットする方法もあります。

SNSを使ってアウトプットするメリットは、知り合いではない方とインターネット上で情報共有することができる点です。

エンジニア界隈の有識者の意見を頂き、インプットすることにも利用できるため、使い道は幅広いといえます。

また、Twitter(X)などのSNSはフォロワーを増やすことでフォロワーを中心にビジネスを展開することができます。

最終的に副収入を獲得することも可能になるため、一石二鳥といえるでしょう。

2-3.ポートフォリオを作成する 

インプットした知識やスキルをポートフォリオにまとめることも、効果的なアウトプット方法といえるでしょう。

ポートフォリオを作成することで知識の定着だけでなく、情報の整理を行うことが可能で、自分が何を勉強したのか一目で把握することができます。

また、ポートフォリオは自分の知識などの情報がまとめてあることから、転職や就職活動に活用することができるでしょう。

ポートフォリオの作り方がわからない、どのようにまとめれば良いのかわからないという方は、一度エンジニアスクールに相談することをおすすめします。

まずは自身でポートフォリオ作成にチャレンジしたいと考えている方は、下記の記事を参考にしてみて下さい。

エンジニアのポートフォリオとは?差をつけるためのコツや作り方を紹介

2-4.コミュニティに参加する 

知識やスキルをアウトプットするなら、コミュニティへの参加も良い方法といえます。

IT専門のコミュニティに所属することで、自分が何を勉強したのかアウトプットすることができます。

また、他のエンジニアがどのような活動をしているのか、考え方なども知ることができます。

以下にエンジニアにおすすめの交流サイトを紹介していくので、アウトプットや人脈を広げるために利用してみて下さい。

エンジニアにおすすめの交流サイト

  • ・Qiita
  • ・Stack Overflow
  • ・Teratail

Qiita

QiitaITエンジニアに特化しているコミュニティで、さまざまなエンジニアの意見やアイデアを見たり、共有したりすることができます。

プログラミング言語やAIなどのタグで分けられており、自分の興味がある分野に関してピンポイントで見つけることが可能です。

プログラミングをはじめIT関連の質問をすることもできるため、自分がITに関して疑問に思っていることに対し、他のエンジニアから意見をもらうことができます。

Stack Overflow

Stack Overflow世界最大級のエンジニアコミュニティであり、日本語に対応した日本語版のコミュニティも用意されています。

日本語コミュニティではエンジニアの質問が3万件以上あり、多くのエンジニアがどのようなところでつまづいているのかを確認できます。

質問に対して回答することができるため、自分の蓄えた知識をアウトプットすることも可能となっています。

質問や回答は自由に閲覧できるため、新しい知識のインプットやアウトプットに活用しましょう。

Teratail

TeratailはITエンジニア専用のQ&Aサイトであり、ITエンジニアの転職やフリーランスのサービスを展開しているレバテックが運営している信頼できるコミュニティです。

さまざまなプログラミング言語ごとに質問が投稿されており、自由に回答したり閲覧することができます。

そのため、他のエンジニアならどのようにして問題を解決するのかなど実践に近いスキルを観察することができるため、自分のスキル向上に役立てることができるでしょう。

また、自分が持っている知識やスキルを使って質問に回答することにより、自分の知識の定着度合いを確認するためのアウトプットを行うことができるでしょう。

3.アウトプットする際の注意点とは 

アウトプットするときはいくつかの注意点に考慮してアウトプットする必要があります。

アウトプットのやり方を間違えると逆に学習効率が悪くなる可能性もあるため、注意して行うようにしましょう。

アウトプットの注意点

  • ・時間を空けない 
  • ・改善意欲を持つ 
  • ・正しい情報を発信する

3-1.時間を空けない 

テキストや動画などでインプットした知識はなるべく時間を空けずにアウトプットすることをおすすめします。

人間は蓄えた知識を忘れていく生き物のため、時間がたてばたつほどインプットした内容を忘れていってしまいます。

そのため知識のインプット後に、すぐにアウトプットすることで知識の定着を促しましょう。

3-2.改善意欲を持つ 

SNSやコミュニティを活用してアウトプットをしている場合は、発信した意見や情報についてフィードバックが返ってくることもあるでしょう。

共感してくれる意見のほかにも、マイナスな意見や逆にアドバイスを受けることもあります。

そのような時は、もらった意見をしっかりと受け止め、積極的に改善していくことが大切となります。

中には自分のスキルを向上させることができる有益なものもあるため、成長の機会ととらえるようにしましょう。

3-3.正しい情報を発信する 

アウトプットをするときは自分の考えに沿っている偏った意見ではなく、正確な情報を発信することが大切です。

誤った情報を提供してしまうと、情報が錯乱してしまい何が本当なのかわからなくなってしまうため、コミュニティ全体に悪影響を及ぼしかねません。

そのため、アウトプットをするときは正しい情報なのかどうか、自分の偏りすぎた意見ではないか確認してから発信するようにしましょう。

4.エンジニアとしてアウトプットに困ったら… 

エンジニアとして働いている人の中には「仕事が忙しい」「単純作業やスキルが要らない仕事をしている」などアウトプットができない環境にいることもあるでしょう。

十分に知識やスキルを持っているのであればまだ良いですが、駆け出しエンジニアでアウトプットできない環境にいるとエンジニアとして成長することが難しくなるため転職することも視野に入れるとよいです。

転職したいけどどのようにしたらよいかわからない方、不安を感じる方はIT専門の転職・就活エージェントを活用することをおすすめします。

IT専門の転職・就活エージェントであれば、相談するだけで自分の希望する求人やエンジニアとしてのアドバイスなどを受けることができます。

弊社ユニゾンキャリアでは、IT専門の転職支援サービスを行っています。

専任のアドバイザーがあなたの状況をヒアリング。キャリアプランの構築から最適な企業の内定までトータルでサポートいたします。

ご相談から内定まで「完全無料」で利用できますので、お気軽にお問い合わせください。

\Googleの口コミ★4.8の安心サポート/

ユニゾンキャリアに相談する?

※ご相談から内定まで一切お金はかかりません!

5.まとめ:エンジニアのアウトプットは重要 

エンジニアがアウトプットをするメリットは主に以下の通りとなっています。

アウトプットするメリット

  • ・知識の定着度が上がる 
  • ・人脈が広がる 
  • ・説明能力を上げることが出来る

アウトプットするだけで知識が定着しやすくなるだけでなく、文章力や説明能力もあげられます。

また、エンジニアとして成長しやすくなるため、積極的にインプットとアウトプットすることをおすすめします。

現状、仕事や環境の影響でアウトプットがなかなかできないなら、転職することも視野に入れてみてください。

転職することで、よりエンジニアとしてレベルアップできる可能性があるため積極的に行動するとよいでしょう。

もし転職活動に不安がある方は、IT専門の転職エージェントを利用してみると良いでしょう。

弊社ユニゾンキャリアでは、IT専門の転職支援サービスを行っています。

専任のアドバイザーがあなたの状況をヒアリング。キャリアプランの構築から最適な企業の内定までトータルでサポートいたします。

ご相談から内定まで「完全無料」で利用できますので、お気軽にお問い合わせください。

\Googleの口コミ★4.8の安心サポート/

ユニゾンキャリアに相談する?

※ご相談から内定まで一切お金はかかりません!

このようなことで
悩まれています。

お悩み1

今の世の中に不安がありませんか?

「スキル身につけたい…」「安定したい…」
スキルをつけれる厳選な求人を紹介!

お悩み2

現在の会社で年収上がるビジョンが見えない

「年収が低すぎる…」「年収をアップさせたい…」
年収の高い企業に入社すべき!

お悩み3

ワークライフバランスを整えたい

「残業なしがいい」「週3,4日で働きたい」
ITエンジニアはスキルを磨けば仕事は選べます!

簡単30秒

まずは気軽にWebで無料相談

コンシェルジュ

こんにちは!
はじめに職歴をお聞かせください。

この記事の監修者

監修者画像

エンジニア

土肥 将司

大学卒業後、新卒で不動産会社に就職。その後23歳で開発エンジニアにキャリアチェンジし、3年間大手Slerにて様々な開発に携わる。その後、インフラストラクチャー企業にて人材コンサルタントとして経験を積み、株式会社ユニゾン・テクノロジーを創業。現在の代表取締役

おすすめ記事

Recommended Articles

成功者インタビュー

岩崎友哉様インタビュー

転職で年収アップに
成功した方

年収UP

【年収150万円UP】大手自社開発企業でリモートワーク!とても良い環境で働けています

転職

槇原さまインタビュー_アイキャッチ

未経験から転職成功事例

年収UP

「PCをほぼ触ったことありませんでした…」完全未経験からエンジニアに転職成功|年収100万以上アップ!

転職

枌夏月様インタビュー

SES企業からキャリアアップ

キャリアアップ

SES企業から独立系SIerにキャリアアップ!仕事の幅を広げて、更なるグロースを目指す

転職

森崎圭介様インタビュー

未経験から転職成功事例

未経験

【販売職からエンジニア】 2ヶ月間の充実した研修内容が入社の決め手に!

転職

石井颯一様インタビュー

未経験

文系からITエンジニアに!理系科目が苦手でITスキルも無い状態から内定を獲得しました

就活

冨田瑠南様インタビュー

未経験から転職成功事例

未経験

【完全未経験からエンジニア】キャリアアドバイザーと二人三脚で内定獲得!

転職

関連記事

人気の記事一覧