無料相談はこちら

チャットでアドバイザーに
相談してみる

目次に戻る 目次に戻る
ユニゾンキャリア バナー

【簡単図解】ITエンジニアとは?どんな仕事?年収や仕事内容・魅力までわかりやすく解説|就職・転職者職業ガイド

エンジニア

IT業界を本音で語る「ユニゾンキャリア編集部」の真心です。

本記事のトピックスはこちら!

  • ・ITエンジニアってどんな仕事?
  • ・ITエンジニアって何するの?
  • ・ITエンジニアになるにはどうすればいい?

ITエンジニアへの興味があるけど、未経験だからよくわからないし、IT業界ってすごく分かりにくいというお問い合わせを数多くいただきます。

それもそのはず、IT業界自体が新しい業界で、技術革新が起こるたびにどんどん新しい職種が誕生しています。

そんな、ノリにノッたITエンジニアを目指そうと思われた方を対象に、ITエンジニア魅力について全体像をお伝えします。

本記事ではITエンジニアという職業が今なぜ注目されているのか?その仕事の魅力は何か?どうすればITエンジニアになれるのか?をITエンジニアの仕事内容から年収、職種別の解説、未経験からの転職方法まで、幅広く徹底解説します。

事前に読みたい⇒【エンジニア業界とは?】職種・種類・業態・業種の全体像をわかりやすく解説|就職・転職者職業ガイド

1.ITエンジニアとは?将来性からみる魅力

はじめに、ITエンジニアは近年特に注目されている職業です。現在において、技術者を指すエンジニアという言葉はITエンジニアのことを指すようになりました。

エンジニアについてはこちら⇒【図解付き】エンジニアとは?職種・種類・仕事内容・ITエンジニアの適性までわかりやすく完全網羅!

1-1.ITエンジニアとは

ITエンジニアとは、情報技術(Information Technology)を専門的に扱う職業のことです。

コンピューターのシステムや基盤を作ることが主な仕事となります。

ITエンジニアの役割としては、持っているITに関するスキルや知識を活かして、自分がいる会社や事業に貢献することが挙げられます。

そのため、ITエンジニアには専門的な知識に加えて、コミュニケーション能力なども必要になってきます。

ITエンジニアは、情報技術を活用してソフトウェアの開発、システムの設計・管理、ネットワークの構築などを行い、ビジネスの効率化、新しいサービスの提供、生活の質の向上など、社会の様々な面で欠かせない存在となっています。

【エンジニア業界とは?】職種・種類・業態・業種の全体像をわかりやすく解説|就職・転職者職業ガイド

2024.06.03

1-2.ITエンジニアの将来性は高い

テクノロジーの進化に伴い、ITエンジニアの需要は年々増加しています。

主な要因としては以下の2つが挙げられます。

  • ・労働者人口の減少に伴いIIT業界が人材不足である
  • ・様々な業界がIT技術を必要とするようになった

現在では、AI、ビッグデータ、IoTなどの先端技術が社会を変革する中で、これらを駆使できるITエンジニアは特に価値が高いです。

また、デジタル化が進むあらゆる業界で、ITエンジニアの役割は今後もますます重要になっていくことが見込まれています。

需要と供給のバランスがITエンジニア側に優位なため、将来性が高いといわれている要因となっています。

データで読み解くITエンジニアの将来性とは?需要の高い職種もあわせてわかりやすく解説|就職・転職者職業ガイド

2024.05.31

2.ITエンジニアの魅力は年収・給料にも⁉

ITエンジニアの年収は、専門性や経験、スキルによって大きく変動しますが、一般的に高水準であることが魅力の一つです。

そして現在のITエンジニアの平均年収は513万円です。

日本の平均年収は443万円であるため、一般的な年収よりも70万円ほどITエンジニアの年収は高く、給与面で魅力的な職業であるといえます。

平均年収 参考
ITエンジニアの平均年収 IT人材各国比較調査結果報告書
doda
求人ボックス
一般的な平均年収 民間給与実態統計調査

また、クラウドコンピューティングやセキュリティ、AI開発などの分野では、高い報酬を得ることが可能です。

加えて、プロジェクトの成功に直結するようなポジションでは、成果に応じたインセンティブが付くこともあります。

【平均年収比較】エンジニアの年収・給料を職種・企業・年齢などから導く高年収のポイント!|就職・転職者職業ガイド

2024.05.31

3.ITエンジニアはおすすめの職業!

結論から述べるとITエンジニアはおすすめの職業です。

弊社ユニゾンキャリアは、今後の日本を明るい未来に連れていくのは、ITエンジニアであると信じて就活・転職の支援サービスをするようになりました。

ITエンジニアはただ技術を扱うだけでなく、技術を通じて新しい価値を生み出し、社会に貢献することができる職業です。

技術の進歩は速く、学び続ける必要がありますが、常に最先端の知識を身につけることができ、刺激的なキャリアを送ることが可能です。

また、フレキシブルな働き方が認められている場合が多く、ワークライフバランスを重視する人にも適しています。

しかし、IT業界転職者を騙すような企業も結構あり、そのような状況に疑問符を持ったところから転職者がエンジニアとしてしっかりと成長していける企業に入れるように当メディアの発信するようになりました。

今後、日本は深刻な労働人口不足に直面することが予想されています。その課題に対してITテクノロジーが解決のカギを握ると思っています。

だから、日本の将来の可能性と労働者の働き方を変えられるITエンジニアはおすすめの職業だといえるのです。

弊社ユニゾンキャリアでは、ITエンジニアになりたいけど、情報が多すぎてよくわからないという方からのご相談も多数いただきます。

IT業界の基本的な内容からあなたに合ったエンジニアの仕事まで、キャリアプランと共にご紹介いたします。

ご相談から内定まで「完全無料」でご利用できますので、この機会にぜひお問い合わせください。

\Google口コミ★4.8の安心サポート/

無料相談で情報収集の時短をする

※知識ゼロからでもご相談いただけます!

4.ITエンジニアはどんな仕事?職種と仕事内容を解説

ITエンジニアの仕事は担当する専門領域によって仕事の内容は様々です。

細かい職種まで合わせるとITエンジニアは20種類以上にも区分されます。今後、ITの新しい技術革新があればさらに増えていくことも考えられます。

詳しく知りたい方はこちらをチェック⇒エンジニアの上流工程とは?上流工程の仕事内容から必要なスキルまで解説|就職・転職者職業ガイド

4-1.ITエンジニアの職種4分類

エンジニアの大分類としては以下の4つになります。

  • ・開発エンジニア
  • ・インフラエンジニア
  • ・プロジェクト管理
  • ・その他のエンジニア

●開発エンジニア

開発エンジニアとは業務システム・アプリ・Webサイトを開発する職種で、設計書に基づいてプログラミングをしていくことが主な仕事内容になります。

開発エンジニアは開発するものによって、システム系・アプリケーション系・組み込み系・その他に分けられます。

また、携わる工程・業務内容によってシステムエンジニアプログラマー・テストエンジニアに区別できるのも特徴です。

多くの方がイメージされるプログラミングのコードを書いてシステムを作っているエンジニアというのはプログラマーにあたり、開発エンジニアの多数を占めます。

プログラマーとはどんな職業?徹底的に深堀り!やりがいや年収も解説

2024.06.07

●インフラエンジニア

インフラエンジニアは、ネットワークやサーバーなどITの基盤(インフラ)を設計・構築・運用していく職種になります。

インフラエンジニアにも様々な種類があり、以下の4つに分類することができます。

インフラエンジニアはいわば縁の下の力持ちです。

普段、あなたがWi-Fiをつないだり、Webサイトをスムーズに見れるのもインフラエンジニアのおかげです。

インフラエンジニアとは?仕事内容をわかりやすく解説!

2023.10.25

●プロジェクト管理

ITエンジニアはチームで仕事やプロジェクトを進めていくため、全体をまとめるプロジェクト管理の仕事が必要になります。

プロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーなどはプロジェクト管理職の1つです。

クライアント先の責任者との頻繁な打ち合わせを行い、システムの全体像を作り上げます。

マネジメント能力やリーダーシップが求められる市場価値の高い職種です。

●その他のエンジニア

開発エンジニア・インフラエンジニア・プロジェクト管理の3つの大分類以外にもITエンジニアの職種はいくつか挙げられます。

  • ・社内SE
  • ・セールスエンジニア
  • ・ITヘルプデスク
  • フィールドエンジニア

その他のエンジニアに仕事に該当するのがITの知見を持ち周囲をサポートしたり、セールスにつなげたりといった点です。

基本的には直接プログラミングを書くことが少ない職業になります。

中でも人気の職種は社内SEとなっています。

【簡単図解】エンジニアの仕事内容をわかりやすく解説!工程・職種・企業の3要素からみる仕事の違い|就職・転職者職業ガイド

2024.05.31

4-2.ITエンジニアの種類と仕事内容

ITエンジニアの職種と種類は以下の画像のように分類できます。

エンジニア職種・種類名称一覧

具体的なITエンジニアの種類と仕事内容を各職種ごとにまとめたので参考にしてください。

●開発エンジニアの種類と仕事内容

開発エンジニアの種類と仕事内容、平均年収や言語、適正は以下のようになります。

種類

仕事内容

平均年収

適性

システムエンジニア

システム開発における要件定義や設計書作成

605万円

コミュニケーション能力が高く、人の話を聞く力がある。論理的思考力を持ち、的確な判断ができる方。

プログラマー

システムエンジニアが作成した設計書に基づき、システムを構築

550万円

新しい知識を吸収して、ものづくりに生かせる。大変な作業を継続して行える体力や精神力がある方。

テストエンジニア

プログラマーが構築したシステムに異常がないか確認

550万円

単純作業をコツコツ行える集中力や忍耐力がある。細かいところまで物事をつきつめるのが好きな方。

アプリケーションエンジニア

アプリケーションの開発(スマホ、Web、業務用)

472万円

ユーザーの声を聞くことができる。問題解決能力が高く、プログラミングが好きな方。

フロントエンドエンジニア

ブラウザの表示に関係するシステムの開発

546万円

利用者の視点を理解し、デザインに興味がある。試行錯誤を重ねることに苦にならない方。

バックエンドエンジニア

ブラウザに表示されないシステムの裏側のプログラムを開発

453万円

成果が目に見えにくくても、自分なりにやりがいを見つけられる。コンピューターやシステムの仕組みそのものに興味がある方。

組み込みエンジニア

電子機器のプログラム開発(IoTを含む)

586万円

プログラミングとハードウェアに興味がある。ものづくりが好きで新しい技術を学ぶのが得意な方。

ゲームエンジニア

ゲームの開発(オンライン、オフライン、AR、VRなど)

571万円

数学や物理に強く、細かい作業が苦にならない。ユーザーのニーズを理解し、ゲームが好きな方。

QAエンジニア

品質保証とテスト

526万円

品質の細かいチェックができる。多角的な視点で物事を見ることができる方。

AIエンジニア

AIを使用したシステム開発とデータ解析

600万円

数学に強く、分析が好き。論理的思考と最新技術のキャッチ能力がある方。

●インフラエンジニアの種類と仕事内容

インフラエンジニアの種類と仕事内容、平均年収や言語、適正は以下のようになります。

種類

仕事内容

平均年収

適性

ネットワークエンジニア

ネットワークシステムの設計・構築、運用・監視

436万円

協調性があり、コミュニケーション能力がある。正確さと忍耐強さがあり、探求心がある方。

サーバーエンジニア

サーバーの構築、運用・保守

457万円

職人気質で完璧主義。ハードウェアやクラウドに興味を持つ方。

セキュリティエンジニア

情報セキュリティに特化した業務、サイバー攻撃対策

596万円

視野が広く、情報収集能力がある。責任感が強く、体力的にも精神的にも強い方。

クラウドエンジニア

クラウドを利用したシステム設計、構築、運用

597万円

IT技術への興味を持ち、新しい技術の情報を収集できる。夜間の作業に耐えられる根気強い方。

データベースエンジニア

データベースの設計・開発、管理・運用

403万円

細かいデータを取り扱うのが好き。コミュニケーション能力が高く、要望の取りまとめが得意な方。

●プロジェクト管理の種類と仕事内容

プロジェクト管理の種類と仕事内容、平均年収や言語、適正は以下のようになります。

種類

仕事内容

平均年収

適性

プロジェクトマネージャー

プロジェクト全体の責任者、予算・スケジュール管理、マネジメント業務

686万円

マネジメントスキルがあり、管理能力が高い。問題解決能力、情報収集能力が得意な方

プロジェクトリーダー

プロジェクトの現場責任者、進行管理、トラブル対処、指示出し

526万円

現場指揮、進行管理が得意。計画通りに実行する能力がある方

プロジェクトマネジメントオフィス

プロジェクトのチーム同士をすり合わせ、円滑なプロジェクト進行を支援

560万円~900万円

様々な立場の人の話を聞いたうえで、適切な判断を下せる。調整力や交渉力があり、リーダーシップを生かして大人数をまとめられる方。

ブリッジSE

オフショア開発の橋渡し役、通訳、顧客折衝

350万円〜850万円

ビジネスレベルの英語ができ、IT用語の理解能力がある。顧客折衝ができるコミュニケーション能力。

ITコンサルタント

クライアントの経営状況から、IT戦略を提案

929万円

ITから経営まで幅広く深い知識が求められる。業界動向を常に確認し、新しい情報を吸収できる向上心のある方。

●その他エンジニアの種類と仕事内容

その他エンジニアの種類と仕事内容、平均年収や言語、適正は以下のようになります。

種類

仕事内容

平均年収

適性

セールスエンジニア

営業と技術の両方の知識を兼ね備え、契約獲得とサポート業務

599万円

技術知識とコミュニケーション能力が必要。行動力がある方

社内SE

社内業務改善やシステム開発・管理、ITインフラ整備

452万円

コミュニケーション能力が高く、問題解決能力を持つ。T知識を幅広く持っている方

ITヘルプデスク

ユーザーの情報機器トラブル対応とクレーム対応

342万円

幅広いIT知識が必要で、ヒアリングと説明能力が求められる方

フィールドエンジニア

自社製品の顧客先に出向き、メンテナンスやトラブル対応を行う

390万円

会社の顔として多くの人とコミュニケーションを取ることを楽しめる。技術力と営業力の両方を持ち合わせている人。

 
こちらの記事ではITエンジニアの種類について詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください。

【職種一覧】エンジニア26種類を年収・将来性・難易度・仕事内容の4つをわかりやすく解説|就職・転職者職業ガイド

2024.06.07

5.ITエンジニアの性格適性チェック

ITエンジニアは魅力たっぷりな仕事ですが、誰でも簡単になれるというわけではありません。

もし、仮にITエンジニアになれたとしても性格によっては辛くなってしまうことも考えられます。事前にエンジニアの向き不向きについて押さえておいてください。

合わせて読みたい⇒ITエンジニアの適性は?エンジニアの特徴や性格から向き不向きを分析!|就職・転職者職業ガイド

5-1.ITエンジニアに向いている人

弊社が就活・転職の支援をする中で、この人はITエンジニアが向いていると感じるポイントは以下の5つになります。

  • ・新しいものに敏感で好奇心が旺盛
  • ・物事を論理的に捉えて考えられる
  • ・環境の変化に対して柔軟な対応をする
  • ・話を聞いたり、誰かに伝えのが好き
  • ・細かい作業に手を抜かずこだわれる

IT業界は常に新しい情報が入ってくる環境です。そのため、常にアンテナを張っておく必要があります。

また、クライアントからの依頼内容は急遽変更されることもあり、柔軟に対応することが求められます。

プロジェクトは1人で完遂するわけではないので、周囲とのコミュニケーション能力もあったほうがよいです。

細かいミスが全体に影響を与えてしまうこともあるため、細かい作業が苦にならないというのも1つのポイントとなります。

エンジニアに向いている人の性格や特徴を解説!転職で注意すべきこと|就職・転職者職業ガイド

2024.05.31

5-2.ITエンジニアに向いていない人

一方で、ITエンジニアを選択するよりほかの職業を選択したほうが良い場合があります。

以下のような性格の人にはITエンジニアはあまりおすすめできません。

  • ・IT業界にあまり興味が持てない
  • ・仕事に対して受け身な姿勢である
  • ・勉強をすることが苦手である
  • ・周囲と仲良くするのが得意ではない
  • ・同じ作業を繰り返すの苦と感じる

IT業界はまだまだ成長中の業界です。そのため、新しいIT技術に興味を持てないのは致命的です。

ITエンジニアの市場価値はスキルのレベルによって決まります。

仕事に受け身であったり、勉強が苦手だったりするといつまでも成長ができません。加えて、エンジニアの仕事は似たような仕事を繰り返すことも必要です。

そんな時につまらないと切り捨てるのではなく、工夫の余地などを見つけるなどができないと難しいです。

エンジニアに向いていない人の特徴とは?理由や対処法から改善策まで解説|就職・転職者職業ガイド

2024.05.31

6.ITエンジニアの魅力とやりがい5選

ここからはITエンジニアの魅力とやりがいについて、弊社独自の視点で紹介していきます。

ITエンジニアを目指すことで得られる将来的な展望までお届けします。

合わせて読みたい⇒エンジニアの働き方は?雇用形態から勤務形態まで魅力を解説!人気のリモートワークも?|就職・転職者職業ガイド

6-1.平均年収は今後も上昇傾向に

ITエンジニアの平均年収は年々増加の傾向にあることも魅力の1つです。

テクノロジーの進歩と共に、エンジニアの給料は今後も上昇し続けると予想されています。

冒頭で述べた、労働人口の減少に対して、必要なエンジニア数は足りていません。

そのため、現在のITエンジニアは売り手市場の状態にあり、優秀なエンジニアに対しては高い給料を払わないと来てくれないという状態です。

AI、ビッグデータ、クラウドコンピューティングなどの分野では特に、高度な技術力を持つエンジニアに対する需要が高く、企業は優秀な人材を確保するために高い報酬が必要となります。

このような背景からエンジニアの給料はさらに増加する傾向にあることが読み取れます。

ますます、需要と供給がアンバランスになる今後は年収も増加していくことが見込まれている状況です。

【職種別】ITエンジニアの平均年収ランキング!給料アップ法なども紹介

2024.06.07

6-2.ITエンジニアにも女性の活躍の波

近年はITエンジニアの職業においても女性が活躍する場面も増えてきています。

JISA基本統計調査2021によるとITエンジニアの男女比は約4:1です。

男女別従業員数

男女別従業員数

出典:JISA基準統計調査2021

まだまだ、女性の割合は少ないですが、弊社にお問い合わせいただく女性の支援率は年々増加しています。

下図では、実際に女性の転職決定者数は約4倍にも伸びています。

 

女性の転職決定者数の伸び率

その理由として、ITエンジニアはスキルによって市場価値が決まるため、産休や育休といったライフイベントで市場価値が落ちてしまうといったことが起こりにくいです。

これからは男女関係なくITエンジニアへのキャリアを歩む方は増えていくと思われます。

こちらのページでは女性の就職・転職事例も紹介していますので、あわせて読んでみてください⇒【転職者インタビュー

女性もITエンジニアになれる?女性のメリットから適性と失敗しない未経験転職のコツ|エンジニア転職ガイド

2024.06.11

6-3.服装・髪型の自由度が高い

仕事の形態にもよりますが、ITエンジニアの仕事は服装・髪型の自由度が高いです。

エンジニアは基本的にバックオフィス側の仕事になるため、見た目について細かい指摘が入ることは少ないです。

もちろん、最低限の清潔感は必要ですが、清潔感を守っていればかなり自由度が高い職業となっています。

ただ、クライアントとの対面が重要視されるような職業や会社においては規定が設けられていることもあるため入社時にはチェックが必要です。

髪型や服装の自由度が高く、おしゃれを楽しむことができるのもITエンジニアの魅力となっています。

6-4.リモートワークで通勤ストレスなし

ITエンジニアはリモートワークの導入が進んでいるのも魅力となっています。

「毎日の通勤が苦痛だった」「通勤時間が長くてしんどかった」という方が、遠方でのリモートでプロジェクトに参加することができるようになっています。

また、地方在住で身近に働ける会社がないという場合でも、完全リモートで都心の会社に入社できるというケースも増加中です。

注意すべき点として、未経験からいきなりリモートワークができる企業は少ないということです。

スキルが身についていなくて、自走するのが難しい場合は原則出社になります。

しっかりとスキルを身に着ければリモートワークで仕事ができるようになるため、最初はちょっと我慢が必要なのは覚えておいてください。

ITエンジニアがリモートワークする方法|必要なスキルを徹底解説

2024.01.31

6-5.フリーランスで仕事を選べるように

ITエンジニアはフリーランスとして独立しやすく、多くの方がITエンジニアを目指す理由です。

フリーランスになると自分で仕事を選べるようになり、労働時間、月収など自身でコントロールしやすくなります。

高収入を得ているエンジニアの多くはフリーランスとして働いて、プロジェクトに参加するという形を取っています。

しかし、いきなりフリーランスとして働くのは難しく、多くの方は企業に入りITエンジニアとしての経験を積んでからその先の道という流れです。

ITエンジニアはスキルがものをいう世界だから、しっかりと経験を積める最初の1社目が肝心です。

フリーランスエンジニアとは?働き方・年収・メリットなど解説

2024.06.24

7.ITエンジニアになるに必要なスキルと資格

魅力あふれるITエンジニアになるために必要なスキルとあると転職で有利になる資格について紹介します。

先に述べておくと、すべてのスキルの項目を満たしている必要はありません。

合わせて読みたい⇒【未経験向け】エンジニアに必要なスキルとは?資格や言語の勉強のコツを実体験から解説|就職・転職者職業ガイド

7-1.ITエンジニアに必要なスキル

ITエンジニアになるために最低限、必要なスキルは以下の5つです。

  • ・基礎的なPCスキル
  • ・学習能力
  • ・コミュニケーションスキル
  • ・タスク管理能力
  • ・論理的思考力

基本的なPCスキルというのはブラインドタッチです。

ブラインドタッチはキーボードをみなくても文字が打てるスキルで、できないとかなり苦労することになります。

また、新しい情報を入れるための学習能力、理解して具体化するための論理的思考力が必要です。

また、プロジェクトは1人で行うわけではないので、周囲とのコミュニケーションスキルタスク管理能力が求められます。

エンジニアに必要なスキルとは?資格や言語の勉強のコツを実体験から解説|就職・転職者職業ガイド

2024.06.07

7-2.ITエンジニアの転職に有利になる資格

ITエンジニアになるのに必ずしも資格は必要ではありませんが、持っていると優位に転職活動を進めることができます。

目指す仕事の内容や扱う言語によって取るべき資格が変わるため、ここでは万能に使えて転職に有利になる資格をいくつか紹介します。

おすすめの基礎資格は以下の3つです。

資格

合格率

目安の勉強時間

受験費

受験方式

適正

メリット

ITパスポート

50%

初学者 50時間~80時間

7,500円

CBT方式(コンピュータでの受験)

技術基本操作、ネットワーク、セキュリティなどの基礎的な知識証明

基本的なITスキルを習得し、上位資格取得へのステップとして活用可能

基本情報技術者試験

25%

初学者 200時間

7,500円

CBT方式(コンピュータでの受験)

IT技術と問題解決能力証明

ITの幅広い知識を習得し、エンジニアとしての素養を高める登竜門資格

応用情報技術者試験

25%

初学者 500時間

7,500円

全国

ITの応用知識と実務経験証明

応用的なIT知識とマネジメントスキルを証明し、高い資格手当も可能性あり

 
上記の3つの資格はITのスキルの証明にもなるため、取っておいて損はありません。

そのほかにも職種別のおすすめ資格があるため、詳しくはこちらの記事をチェック⇒【資格17選】ITエンジニアにおすすめの最強資格!初心者向けに徹底解説

8.ITエンジニアになるには早めの転職活動を!

ITエンジニアを目指す場合は早めの転職活動をおすすめします。

IT業界自体かなりの情報量がある業界です。そのため、予想以上に情報収集に時間がかかってなかなか方向性を決められないということが起こります。

そのため、早めに動いて時間にゆとりを持った転職活動をすることが重要です。

8-1.ITエンジニア未経験は年齢が若いほうが有利

未経験からITエンジニアへの転職をする場合、年齢が若いほうが有利になるのが事実です。

未経験から転職する場合は、ポテンシャル採用(将来の期待値)で決まってしまうため、年齢が上がるにつれて相対的に求められる能力が高くなってしまいます。

年齢が30代になると資格を取得していたり、ポートフォリオが必要になったり、実務経験の有無が問われます。

ITエンジニアを志望する場合は、年齢的に25〜28歳には動き出せると有利です。

もし、ITエンジニアの職業を希望されているのであれば、すぐにでも動いたほうがメリットが大きくなるということは押さえておいてください。

弊社ユニゾンキャリアでは、「ITエンジニアへの転職を検討しているけど、正直よくわからない」という方に向けてIT業界の基礎的な部分から面接対策までマンツーマンで説明会を実施しています。

IT専門という圧倒的な専門性で、エンジニアとして成長できる企業への内定を徹底サポートします。

ご相談から内定まで「完全無料」でご利用できるので、ぜひお問い合わせください。

\Google口コミ4.8の安心サポート/

完全無料で相談する

※もう転職エージェントに放置されることはありません

8-2.【IT専門転職支援】ユニゾンキャリアの活用で最短ルートを

ユニゾンキャリアでは、生涯にわたって利用できる就活・転職支援サービスとしてキャリアプランから徹底して支援しています。

今回はそんな中から転職体験事例を紹介します。

転職体験インタビュー:完全未経験からエンジニアに! 知識0だった自分にIT業界のことを詳しく教えていただきました

─転職活動時に不安だったことを教えてください。

不安なことばかりで、転職活動をどのように行っていけばよいか、面接ではどうすればいいか、変な企業に入社しないか、本当にエンジニアになれるのか…色んな不安がありました。

そんな時に、ユニゾンさんの広告を見て一度相談してみようと思いました。

─転職活動を始めた時の経歴・学歴を教えてください。

高校卒業後は事務として採用していただき就職したのですが、人手が足りないという理由でラーメン屋さんの店舗に配属されることになりました。

元々は事務としてのスキルを身に付けていきたいと考えていたので、短期にはなりますが退職することを決意しました。

─エンジニアになろうと思ったきっかけを教えてください。

最初は事務職で転職活動をしていたのですが、同じ時間働くのであれば、スキルを身に付けることができて市場価値が上がるような仕事をしたいと思うようになりました。

そこから様々な職種を調べていくうちにITエンジニアという仕事を知ることになりました。

最初はふわふわした状態でしたが、ITエンジニアについて色々調べるようになってからは本気でエンジニアになりたいと思いました。

─転職活動期間は?

9月から転職活動を始めて、最初は何から始めていいかわからないのが正直なところでした。

色々なサイトや広告を見て、最終的にユニゾンさんに相談しようと考えました。

ユニゾンさんに相談してから2〜3週間で、自分が一番入社したいと思った企業の内定を獲得することができました。

担当のキャリアアドバイザーの和田さんに、IT業界の説明から面接対策までサポートしていただいたおかげだと思います。本当にお世話になりました。

転職者インタビュー:完全未経験からエンジニアに! 知識0だった自分にIT業界のことを詳しく教えていただきました

ユニゾンキャリアでは、ITエンジニアを目指す方の就活・転職支援を行っています。

知識ゼロから業界について知りたいという方も歓迎です。

「ITエンジニアになりたいけど、よくわからないしな~」と1人で悩みこむ前にぜひ、弊社までお問い合わせください。

あなたのキャリアプランから徹底的にサポートいたします。ぜひ、一緒にITエンジニアを目指してみませんか?

\Google口コミ★4.8の安心サポート/

ユニゾンキャリアに相談する

大量応募・大量面接とはもうおさらば!

このようなことで
悩まれています。

お悩み1

今の世の中に不安がありませんか?

「スキル身につけたい…」「安定したい…」
スキルをつけれる厳選な求人を紹介!

お悩み2

現在の会社で年収上がるビジョンが見えない

「年収が低すぎる…」「年収をアップさせたい…」
年収の高い企業に入社すべき!

お悩み3

ワークライフバランスを整えたい

「残業なしがいい」「週3,4日で働きたい」
ITエンジニアはスキルを磨けば仕事は選べます!

簡単30秒

まずは気軽にWebで無料相談

コンシェルジュ

こんにちは!
はじめに職歴をお聞かせください。

この記事の監修者

監修者画像

エンジニア

土肥 将司

大学卒業後、新卒で不動産会社に就職。その後23歳で開発エンジニアにキャリアチェンジし、3年間大手Slerにて様々な開発に携わる。その後、インフラストラクチャー企業にて人材コンサルタントとして経験を積み、株式会社ユニゾン・テクノロジーを創業。現在の代表取締役

おすすめ記事

Recommended Articles

成功者インタビュー

岩崎友哉様インタビュー

転職で年収アップに
成功した方

年収UP

【年収150万円UP】大手自社開発企業でリモートワーク!とても良い環境で働けています

転職

槇原さまインタビュー_アイキャッチ

未経験から転職成功事例

年収UP

「PCをほぼ触ったことありませんでした…」完全未経験からエンジニアに転職成功|年収100万以上アップ!

転職

枌夏月様インタビュー

SES企業からキャリアアップ

キャリアアップ

SES企業から独立系SIerにキャリアアップ!仕事の幅を広げて、更なるグロースを目指す

転職

森崎圭介様インタビュー

未経験から転職成功事例

未経験

【販売職からエンジニア】 2ヶ月間の充実した研修内容が入社の決め手に!

転職

石井颯一様インタビュー

未経験

文系からITエンジニアに!理系科目が苦手でITスキルも無い状態から内定を獲得しました

就活

冨田瑠南様インタビュー

未経験から転職成功事例

未経験

【完全未経験からエンジニア】キャリアアドバイザーと二人三脚で内定獲得!

転職

関連記事

人気の記事一覧