無料相談はこちら

チャットでアドバイザーに
相談してみる

目次に戻る 目次に戻る
ユニゾンキャリア バナー

【就活生必見】IT業界の志望動機を例文付きで解説|

【就活生必見】it業界の志望動機

新卒からIT業界を目指す際の志望動機の書き方のポイントを知りたい…

ITエンジニアを目指す際の志望動機の例文をたくさん見たい…

✓本記事の流れ

  • ・IT業界の志望動機の書き方のポイントを紹介
  • ・業界ごとの良い志望動機を書くためのポイントと良い例を解説
  • ・ITエンジニア就活を成功させるためのコツを知ろう

本記事では、良い志望動機を書くためのポイントと例文をIT業界の5つの業界ごとにご紹介しています。

志望動機の例文は開発経験がある方と未経験の方に向けての両方ございますので、ぜひ就職活動の参考にしてみて下さい。

目次

1.IT業界の志望動機の書き方のポイント

新卒の方がIT業界の内定を目指して志望動機を書く場合、どのようなポイントに気をつければ良いのでしょうか。

ここでは、主なポイントを3つご紹介します。

業界に関する知識がまだ少ない新卒の方でも理解しやすい内容なので、参考にしてみてください。

1-1.どのIT業界の志望動機なのかを意識する

IT業界は、大きく分けて以下の5種類に分けられます。

IT業界は5種類に分けられる

  • ・ソフトウェア開発・・・ 2で解説!
  • ・ネットワーク・システム運用・・・3で解説!
  • ・インターネットサービス・・・ 4で解説!
  • ・データサイエンス・AI ・・・ 5で解説!
  • ・ゲーム開発・・・6で解説!

この記事では、5つの業界に合わせた志望動機の書き方のポイントと、企業から評価されやすい例文をご紹介します。

この記事を参考に志望動機を書けば、新卒の方でも選考に通りやすい志望動機を制作することができるようになります。

しかし、自分ひとりで志望動機を制作することに不安を感じる方もいらっしゃると思います。

そのような方には、志望動機の添削を行っているIT業界に特化した就活エージェントであるユニゾンキャリアを利用することをおすすめします。

アドバイザーのサポートを受けながら就職活動を進めることができるため、志望動機作成に不安がある新卒の方にとっては心強いでしょう。

IT業界の内定を目指している新卒の方は、まずは志望動機の添削のほかにもどのようなサービスがあるのか見てみてください。


1-2.IT業界の志望動機の書き方のポイント

ここではIT業界全体における良い志望動機のポイントをご紹介します。

良い志望動機のポイントを意識して書くこと、企業分析を詳しく行って応募していることが伝わる志望動機を作成することができます。

良い志望動機のポイント

  • ・理由を2つ以上入れる
  • ・企業の特徴や仕事内容に言及する
  • ・自分の強みが希望職種で活かせることをアピールする

まず志望動機の中にその企業を志望した理由を2つ以上入れ込むことで、入社への意欲をアピールすることができます。

また、その中で企業の特徴や仕事内容について言及することで、企業に対してやる気や熱意が伝わり好印象です。

さらに、自分の強みが希望職種で活かせることをアピールすることで、採用後に自分がどのように活躍することができるのかを具体的に示すことができるでしょう。

1-3.IT業界のNGな志望動機の書き方のポイント

続いて、IT業界を目指す新卒が志望動機で書かない方がいい内容を紹介いたします。

IT業界への就職を目指す新卒がこのようなNGポイントを含む志望動機を提出した場合、内定獲得は期待できないと言えます。

NGな志望動機のポイント

  • ・独立したい
  • ・どの企業でも良いような志望動機
  • ・自己PRになってしまっている

独立したいと志望動機の中で書かれていると、自分のスキルを企業に還元したいという意欲が感じられないため企業から好印象を得ることができません。

また、該当企業について触れていないようなどの企業でも通用するような志望動機では、IT業界であればどこでもいいと捉えられ、採用者に響かない志望動機となってしまいます。

さらに、志望動機を作成する際には自己PRと混同してしまわないように注意しましょう。

志望動機と自己PRはそれぞれ目的も書くべき内容も異なっているため、新卒の方はまずはこれらの違いについて理解するところから始めましょう。

2.ソフトウェア開発業界の志望動機の書き方のポイントと好印象な例文

ここからは、ソフトウェア開発業界における新卒向け志望動機について解説します。

新卒がソフトウェア開発業界の企業から内定をもらうには、どのような志望動機を書く必要があるのでしょうか。

ソフトウェア業界で働きたいと考えている新卒の方は、ぜひ参考にしてください。

2-1.ソフトウェア開発業界とは?

ソフトウェア開発業界は、主にコンピュータプログラムやアプリケーションなどを開発する業界です。

この業界の活躍の場は広く、パソコンやスマートフォンだけでなく、家電製品などに使用されるソフトウェアも多く扱っています。

ソフトウェアには、OS・アプリケーション・ミドルウェアなどさまざまな種類が存在しており、いずれも最先端の技術に関わることができるためIT業界の中でも人気が高い業界です。

2-2.志望動機のポイント

新卒の方がソフトウェア開発業界で評価されやすい志望動機を作成する際には

  • ・最新技術に興味がある
  • ・新しい技術を使って今はまだないサービスや製品を開発したい

といった内容を入れることで、技術開発への興味関心、熱意、入社意欲を伝えることができます。

また、IT業界はチームでプロジェクトに取り組むため

・チームワークが求められる業界で働きたい

という内容を入れることもおすすめします。

業界の特性について理解していることを伝えれば、ミスマッチを恐れる企業も安心して新卒を採用できるからです。

2-3.例文(経験者と未経験者)

ソフトウェア開発業界にエントリーする際に提出すると、高評価がもらえる新卒向け志望動機は以下のとおりです。

業界経験者向けの志望動機と未経験者向けの志望動機に分けてご紹介いたします。

経験者

貴社を志望した理由は、「IT技術を用いることで社会の課題解決に携わりたい」という思いを実現することができると考えるからです。

私は大学時代に、IT企業の長期インターンシップへ参加しました。そこでは、自分が開発に携わったシステムが誰かの役に立っていることがやりがいでした。

この経験から、ITや製品に関する技術や知識を深めながら、人の役に立つシステムを構築できるように成長していきたいと考えています。

貴社は〇〇という製品を展開しているソフトウェア企業であり、日本の抱えている課題を解決する上で重要な役割を担っていると考えています。そのため、貴社であれば社会の課題解決に関わることができると思い、貴社を志願いたしました。

未経験者

私が貴社を志望する理由は、ソフトウェアを開発することで誰かの役に立ちたいと考えたからです。

大学時代、研究室で膨大な量のデータの管理に困っていた時がありました。その時に貴社のデータ管理システムを導入したところ、作業効率を飛躍的に向上させることが可能になりました。

この経験から、IT技術を活用したシステムを構築することによって、人々の暮らしを豊かにしたいと思っております。貴社はデータ管理システムにおける最先端企業であることから、この目標を叶えることができると考えています。

現在は基本情報技術者試験に向けて勉強中です。今後も学習は怠らずいち早く貴社に貢献できる人材になりたいと考えております。

IT系のバナー204

3.ネットワーク・システム運用業界の志望動機の書き方のポイントと好印象な例文

次に、ネットワーク・システム運用業界の新卒向け志望動機を取り上げます。

確実に内定をもらうためにはしっかりとポイントを押さえた志望動機が必要となるため、ネットワーク・システムに興味関心がある新卒の方はぜひ参考にしてください。

3-1.ネットワーク・システム運用業界とは?

ネットワーク・システム運用業界では、コンピューターとコンピューターをつなげるネットワークのシステム構築や運用を行います。

システムの設計から、納品後の保守管理までネットワークに関する業務を一貫して担当します。

またこの業界では、利用者に発生した各種トラブルへの対応も行う必要があります。

快適にソフトウェアを利用するためには、ネットワーク環境の形成が不可欠であるため、IT業界の中でも世間への影響力が大きい業種といえます。

3-2.志望動機のポイント

ネットワーク・システム運用業界を受ける際は、

  • ・ネットワークやシステムに興味がある
  • ・ITインフラに関わることで、社会に貢献したい

といった内容を志望動機に入れるようにしましょう。

ITインフラに関する熱意を表現することができるため、企業から好印象を持ってもらいやすいからです。

また、コミュニケーション能力を取り上げてチームワークに関する内容や、課題解決力をアピールする内容を入れると良いでしょう。

3-3.例文(経験者と未経験者)

ネットワーク・システム運用業界における新卒向け志望動機の例文は、以下のとおりです。

経験者と未経験者では志望動機でアピールするポイントが異なるため、新卒の方は自身に適した例文を参考にするようにしましょう。

経験者

私は、大学で工学部の情報科に所属しITを専門に学習しております。ITに関する授業を通して、IT業界の中でも人々の生活に欠かせない無線LANやサーバーなど通信設備の仕組みに興味を持つようになりました。

大学の研究室に配属されて以来、積極的にコンペティションに参加して実践的なスキルを身に付けたり、CCNAを取得してネットワークに関する理解を深めてきました。

貴社はIT業界の中でも公共事業に注力しているため、将来大規模な社会インフラを支える業務に携わるエンジニアを目指すことが可能である点に魅力を感じています。

貴社に入社したら、多様な業務に携わり、自己のスキルを磨きながら貴社の発展に貢献していきたいです。

未経験者

私が貴社を志望する理由は、インターネットサービスの提供を通して企業の業務効率を向上させたいと考えたからです。

飲食店でアルバイトをしていた際に、セルフオーダーシステムが導入されました。その結果、オーダーミスが削減され、さらに業務が効率化されることで回転率が上がり、店舗の生産性が向上しました。

この経験から、ICT化を進めることで社会をより効率的にすることが可能になると考え、自分も人々の暮らしが便利になるようなシステムを届けたいと思いました。

未経験ではありますが、自分の長所である向学心を活かして、資格取得などITスキルを積極的に学んで行きたいと考えております。

4.インターネットサービス業界の志望動機の書き方のポイントと好印象な例文

続いて、インターネットサービス業界における新卒向け志望動機の書き方を解説します。

経験者・未経験者向けに分けて志望動機の例文を紹介しているため、新卒でインターネットサービス業界を目指している方は参考にしてください。

4-1.インターネットサービス業界とは?

インターネットサービス業界とは、インターネットサービス(Webサイト、Webアプリケーション、SNSなど)を提供する業界のことです。

主にBtoB系企業とBtoC系企業に分かれており、サービスの提供先が法人か個人かによって分類されます。

インターネットサービス業界が提供しているサービスは、プラットフォームやシステムといった目には見えない無形商材です。

4-2.志望動機のポイント

インターネットサービス業界の志望動機では、該当企業のサービスや製品に興味があることが重視されます。

特定のサービスに関する知識が豊富だと、入社意欲が高いと判断されるからです。

反対に、サービスに興味のない新卒へ企業が内定を出すことはほぼないと言えるでしょう。

このほかにも、インターネットサービス業界の志望動機では

  • ・最先端技術によって、新しいサービスを開発したい
  • ・他の企業には開発できないものを作りたい

といった内容を入れ込むことがおすすめです。

新卒でインターネットサービス業界を目指す方は、志望動機で学習意欲があることや、クリエイティブ性の高さをアピールできるようにしましょう。

4-3.例文(経験者と未経験者)

新卒でインターネットサービス業界で内定を獲得するためには、このような志望動機を作成するようにしましょう。

企業側が重視するポイントをもれなく入れ込むことで、インターネットサービス業界未経験の新卒でも、企業からの内定を得ることができる志望動機を作成できるようになるでしょう。

経験者

私が貴社を志望する理由は、貴社が既存のサービスに囚われずに革新的なサービスを生み出している点に魅力を感じたからです。

具体的には、〇〇や〇〇などのECサイトは既存のサービスと比較して使いやすい設計となっており、消費者目線で大変利便性の高いサービスであると感じています。これを参考に、大学の授業でWebアプリケーションを制作した際には、消費者目線で制作することを意識しました。

また、貴社では下流工程から上流工程まで担当できる環境が整っているため、周りからの刺激を受けながらキャリアアップを目指せる環境であると考えています。

貴社に入社したら、積極的に学習を続け、技術力の高いエンジニアとして貴社に貢献できるようになりたいと考えています。

未経験者

貴社を志望する理由は2つあります。

1つ目は、チームメンバーと一緒にプロジェクトを成功に導きたいと考えているからです。私は大学時代に学園祭の実行委員長を務めました。準備期間にはイレギュラーな場面で苦戦することが多くありましたが、その際にチームで一丸となって対処することができました。この経験を活かして、周りを巻き込みながらチームで成果を求めて生きたいと考えています。

2つ目は、貴社は日本のWEBアプリケーション企業におけるリーディングカンパニーであり、グローバルに進出している企業であるからです。貴社の取引企業には海外企業も多く、多様な文化を持つ人と関わることで、様々な背景を持つユーザーを想定してサービス政策ができるようになると考えました。

以上より、私は貴社を志望致します。

5.データサイエンス・AI業界の志望動機の書き方のポイントと好印象な例文

データサイエンス・AI業界は、現在注目度が高まっている業界です。

企業側から高評価を得るには、新卒はどのような志望動機を書けばいいのでしょうか。

ここでは、データサイエンス・AI業界を目指す新卒の方に向けて、志望動機の書き方のポイントと例文を紹介します。

5-1.データサイエンス・AI業界とは?

データサイエンス・AI業界とは、ビッグデータの分析やAIの開発によってビジネス上の課題を解決する業界です。

この業界では、統計学や数学の知識も駆使しながら実現可能な事業計画を提案していきます。

顧客として関わりを持つ業界は多岐にわたり、教育、金融、医療、エンタメ、飲食など多種多様です。

日常生活の中でDX化が浸透してきた現代において、データサイエンス・AI業界はIT業界の中でも広く必要とされる業界であり、今後も大きな需要があります。

5-2.志望動機のポイント

データサイエンス・AI業界での志望動機では、

  • ・数学や統計学の知識を活かしたい
  • ・高いプログラミングスキルを企業に還元したい

という内容を入れることが重要です。

企業は、データサイエンスそのものに興味関心があり、プログラミング能力が高い人材を求めているためです。

また、自分のスキルを活かして企業の問題を解決することに魅力を感じていることも伝えましょう。

特に新卒の方は、

  • ・データ分析によって、課題を解決したい
  • ・コンサルティング業務に関心がある

という内容を志望動機で書くことがおすすめです。

5-3.例文(経験者と未経験者)

データサイエンス・AI業界のような人気の高い業界で確実に内定を得るには、志望動機のポイントを入れ込んで自分のスキルを企業にアピールする必要があります。

新卒の方は例文をチェックして、自分の志望動機に反映させてみてください。

経験者

私は大学で〇〇を専門的に学習する研究室に所属し、AIについての理解を深めました。そこで、AI分野に注力している貴社のサービス開発に携わりたいと考え、貴社を志望致しました。

最近開発された〇〇というサービスでは、近年急速に発展しているAI技術が駆使されていて、そのクオリティの高さに感銘を受けました。

また、AI技術を事業に取り入れるのみならず、研究開発にも注力していることから、博士課程で培った研究能力をさらに向上させることができると考えています。

人々の生活に必要不可欠な存在となったAI技術を牽引する貴社で、知識やスキルを磨きながら、貴社のサービス向上に貢献していきたいです。

未経験者

私は大学で統計学を専攻しており、データ分析を行う機会が多くありました。データを用いて現象の原因を特定したり、戦略を考えることに興味を持ち、ビッグデータを専門的に扱うことができるデータサイエンティストに志願致しました。

現在は様々な情報がデータとして管理されていることが多く、今後データサイエンティストの需要はますます上がっていくと感じています。

また、これまで学んできた統計学の知識を活かすことができると感じています。

そこで、データサイエンス分野に力を入れて業界を牽引している貴社でビッグデータの可能性を追求しながら、貴社に貢献できるようにスキルアップしていきたいと考えております。

6.ゲーム開発業界の志望動機の書き方のポイントと好印象な例文

最後にご紹介するのは、ゲーム開発業界です。

ゲーム開発はIT業界の中でも専門性の高い業界だからこそ、新卒の方は志望動機の細かな書き方や力を入れるポイントに気を配る必要があります。

6-1.ゲーム開発業界とは?

ゲーム開発業界とは、ゲームの企画・開発を行う業界です。

ゲームの種類は、コンピューターゲーム、スマートフォンゲーム、オンラインゲーム、ゲームセンターに設置されているアーケードゲームなど複数存在します。

企業はゲームを発売する「パブリッシャー」と、ゲームを開発する「デベロッパー」の2種類に分類されています。

またゲームが好きな方にとっては趣味を仕事にできるため、ゲーム好きの新卒から人気が集まりやすい業界となっています。

6-2.志望動機のポイント

ゲーム開発業界で高い評価を受ける志望動機には、自分自身がゲーム好きであることを入れることが重要です。

ゲームを実際にプレイするユーザーの気持ちが理解できなければ、満足度が高く利益の出るゲームを開発することができないからです。

また、ゲーム開発全般における情熱も求められます。

  • ・CGやサウンド面にも興味がある
  • ・複合的な知識をもとに、新しいゲームを作りたい

といった具体性のある志望動機だと、企業からの高評価を得ることができるでしょう。

6-3.例文(経験者と未経験者)

志望するゲーム開発系企業から高評価を得るには、魅力的な志望動機を作成することが必要です。

新卒の人がほかの応募者と差をつけるには、「どのような人材を企業側が求めているのか」についてよく考えなければなりません。

経験者

私は小さなころからゲームが大好きで、多くのゲームをしてきました。中でも貴社の作品である〇〇はとても面白く、時間を忘れるほど没頭しました。そして、そのようなゲームをいつか自分も作ってみたいと考え、ゲーム専門学校で実際にゲーム制作を行いました。

学習を進めるうちにゲームの中でも特にRPGゲームの開発にやりがいを感じ、〇〇のほかにも有名RPGゲームを多く手掛けている貴社で開発スキルを磨いていきたいと考え、貴社を志願いたしました。

自分がゲームに没頭して楽しい時間を過ごしたのと同様に、今度は自分がゲームを通じて人々を笑顔にしていきたいと考えております。

未経験者

私は幼いころからゲームをすることが好きで、家族や友人と一緒にプレイすることで時間を共有したり、オンラインで国や地域を超えて人と人が繋がることができることにたくさんの喜びを感じてきました。

この経験から、自分がゲームを制作することで人々に笑顔を届けたいと思うようになり、多くのヒット作品を生み出している貴社に志願いたしました。

また貴社は既存の作品に加え、時代に合わせて新規の作品を制作することにも力を入れているため、ヒット商品の制作に携わりたいという自分の夢を叶えることができる環境であると感じました。

貴社に入社したら、技術習得のために人一倍の努力をしていきたいと考えております。

7.新卒未経験からのITエンジニア就活でアピールするべきポイント

ここでは、新卒の未経験者がITエンジニアとして内定を得るために必要なアピールポイントについて解説します。

主なポイントは、以下の6つです。

就活でアピールするべきポイント

  • ・向上心がある
  • ・好奇心が旺盛で継続的な学習ができる
  • ・論理的思考ができる
  • ・コミュニケーション能力がある
  • ・自己管理能力がある
  • ・最後までやり遂げる忍耐力がある

自分が企業に対してアピールできるポイントは何か考えながら読んでみてください。

7-1.向上心がある

ひとつ目は、向上心があることです。

IT業界は変化が激しいため、受け身の姿勢で仕事をすることはおすすめしません。

主体性と積極性を持って仕事に取り組む人材でなければ、業界内で生き残ることは難しいでしょう。

実績やスキルがまだほとんどない未経験者の新卒であれば、なおさら向上心の高さが求められます。

志望動機では「入社できたら、こんな仕事がやりたい」「こんなエンジニアになりたい」など自分の向上心の高さをアピールするようにしましょう。

7-2.好奇心が旺盛で継続的な学習ができる

2つ目は、好奇心の高さと、勉強に対する継続力です。

エンジニアとして活躍するには、新しいプログラミング言語や技術を勉強し続けなければなりません。

つまり、仕事と勉強を両立できる向学心とキャパシティが必要です。

とくに未経験者の新卒の場合は、経験者との知識差を埋めるためにより一層勉強に集中する必要があります。

志望動機では、研究や授業において特定の勉強を継続して行った経験をアピールすると良いでしょう。

7-3.論理的思考ができる

物事を論理的に考えることができる論理的思考力も、エンジニアに必要なスキルです。

なぜなら、コンピューターを思い通りに動かすためには、正確なプログラミングが求められるからです。

そのためには、ものごとを論理的に考え適切な判断を下す必要があります。

また、クライアント企業とのミーティングでも、よりスムーズに交渉を行うために筋道を立てて現状を説明する必要があり、論理的思考力は重視されます。

そのため新卒が志望動機で論理的な思考ができることをアピールすれば、企業からの内定を貰える可能性が高まるでしょう。

7-4.コミュニケーション能力がある

エンジニアは、高いコミュニケーション能力が求められる職業です。

ひとりで黙々とプログラミングをしているイメージがあるかもしれませんが、実際はクライアント企業やチームメンバーと関わることが多く、コミュニケーション能力の重視される職業です。

クライアントの要求を正確に把握するためには良好な人間関係を構築しなければなりませんし、情報の伝達ミスを防ぐためにチームメンバーとも日常的なコミュニケーションが必要です。

そのため新卒の方が就活をする際には、サークルやゼミなど大人数のチームで目標を達成した経験を志望動機に出してみてください。

7-5.自己管理能力がある

自己管理能力の高さも、有効な自己アピールにつながります。

エンジニアは、納期を必ず守らなければなりません。

ゴールとなる期日に向けて、適切なスケジュールを組んで実行できるスキルがある新卒は、高く評価されるでしょう。

また管理能力のある人材は、将来的に多くのメンバーをまとめるシステムエンジニアとしてキャリアアップできる可能性も高まります。

選考の際は、自身が複数のタスクを抱えている時の優先順位の付け方や、ミスを防ぐために行っている工夫について説明できるようにしておきましょう。

7-6.最後までやり遂げる忍耐力がある

自分に課された業務を途中で投げ出さずに、最後までやり遂げる忍耐力も必要です。

プログラミング途中に不可解なエラーが発生した際は、何度もコードを書き直して原因を把握しなければなりません。

なぜなら、PDCAを何度も回しながら課題点を解決することが、エンジニアに求められるからです。

地道な作業に適性があることを志望動機や選考でアピールすることができれば、企業側から好印象を持ってもらえるでしょう。

8.ITエンジニア就活を成功させるためのコツ

次に、ITエンジニアの面接を成功させる3つのコツを取り上げます。

面接を成功させる3つのコツ

  • ・面接対策を行う
  • ・情報収集をする
  • ・自分のスキルを把握する

新卒の方が就活をスムーズに進めるためには、このような過程を経て就活準備を進めなければなりません。

8-1.面接対策を行う

新卒の方が自分の魅力を企業側にしっかりと伝えるには、面接対策に力を入れることが重要です。

どれだけ完璧な応募書類を提出できたとしても、面接の印象が悪いと内定にはつながらないからです。

前もって面接練習を何度も行い、余裕を持って当日を迎えられるようにしましょう。

しかし、面接対策をひとりで行うことが難しいという方は、IT業界に特化した就活エージェントであるユニゾンキャリアにご相談ください。

担当のアドバイザーが面接対策をはじめとして就職活動をサポートいたします。

興味のある方は、お気軽に無料相談を利用してみてください。

ユニゾンキャリアでは、ほかにも就活対策に活かせる記事を多く掲載しております。

エントリーシートや志望動機・面接についてもっと詳しく知りたい方、これらの記事を参考にしてください。

ITエンジニアの面接でされる質問の回答例34選!逆質問例15選!

2024.06.07

【未経験者向け】ITエンジニアの志望動機例文9選!書き方のコツも解説

2024.05.16

【未経験向け】ITエンジニアの転職面接を徹底解説!よくある質問や逆質問など紹介

2024.01.31

8-2.情報収集をする

入社したい企業に関する情報収集も、内定獲得には欠かせません。

面接で志望動機の深掘りをされた際も、情報収集を行っておけば企業側が納得できるような返答をすることができます。

情報収集の方法は、以下の種類があります。

自分のライフスタイルや企業の体制に合わせて、適切なものを選んでください。

  • ・WebサイトやSNSを使って情報を検索する
  • ・説明会やイベントに参加する
  • ・新聞や雑誌を読む

8-3.自分のスキルを把握する

IT業界で働く人材には、自分自身を客観視して自己のスキルや知識を把握することも求められます。

企業側が求めているスキルと自分のスキルがマッチしなければ、内定獲得は難しいからです。

自分のスキルを企業に示すためには、資格取得などに励んで自分のスキルを可視化することをおすすめします。

エンジニアに必要なスキルについて具体的に知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

ITエンジニアに必要なスキル一覧!求められる能力や技術を徹底解説

2024.01.30

9.まとめ

新卒がIT業界の志望動機を書く際のポイントは、以下のとおりです。

志望動機を書く際のポイント

  • ・理由を2つ以上入れる
  • ・研修や教育制度に関心があると述べる
  • ・企業の特徴や仕事内容に言及する

入社への積極性を強くアピールするために、このような内容を志望動機で入れられるようにしましょう。

また、新卒がIT企業の面接を成功させるコツは、以下のとおりです。

新卒が面接を成功させるコツ

  • ・面接対策を行う
  • ・情報収集をする
  • ・自分のスキルを把握する

面接対策をきちんと行うと、本番で自分のスキルを十分に発揮するための余裕が身につきます。

そのためには、情報収集や自分自身のスキルの把握を欠かさずに行うようにしましょう。

このようなことで
悩まれています。

お悩み1

今の世の中に不安がありませんか?

「スキル身につけたい…」「安定したい…」
スキルをつけれる厳選な求人を紹介!

お悩み2

現在の会社で年収上がるビジョンが見えない

「年収が低すぎる…」「年収をアップさせたい…」
年収の高い企業に入社すべき!

お悩み3

ワークライフバランスを整えたい

「残業なしがいい」「週3,4日で働きたい」
ITエンジニアはスキルを磨けば仕事は選べます!

簡単30秒

まずは気軽にWebで無料相談

コンシェルジュ

こんにちは!
はじめに職歴をお聞かせください。

この記事の監修者

監修者画像

エンジニア

土肥 将司

大学卒業後、新卒で不動産会社に就職。その後23歳で開発エンジニアにキャリアチェンジし、3年間大手Slerにて様々な開発に携わる。その後、インフラストラクチャー企業にて人材コンサルタントとして経験を積み、株式会社ユニゾン・テクノロジーを創業。現在の代表取締役

おすすめ記事

Recommended Articles

成功者インタビュー

岩崎友哉様インタビュー

転職で年収アップに
成功した方

年収UP

【年収150万円UP】大手自社開発企業でリモートワーク!とても良い環境で働けています

転職

槇原さまインタビュー_アイキャッチ

未経験から転職成功事例

年収UP

「PCをほぼ触ったことありませんでした…」完全未経験からエンジニアに転職成功|年収100万以上アップ!

転職

枌夏月様インタビュー

SES企業からキャリアアップ

キャリアアップ

SES企業から独立系SIerにキャリアアップ!仕事の幅を広げて、更なるグロースを目指す

転職

森崎圭介様インタビュー

未経験から転職成功事例

未経験

【販売職からエンジニア】 2ヶ月間の充実した研修内容が入社の決め手に!

転職

石井颯一様インタビュー

未経験

文系からITエンジニアに!理系科目が苦手でITスキルも無い状態から内定を獲得しました

就活

冨田瑠南様インタビュー

未経験から転職成功事例

未経験

【完全未経験からエンジニア】キャリアアドバイザーと二人三脚で内定獲得!

転職

関連記事

人気の記事一覧