無料相談はこちら

チャットでアドバイザーに
相談してみる

目次に戻る 目次に戻る
ユニゾンキャリア バナー

ネットワークエンジニアに向いている人の特徴とは?未経験の転職法も紹介

ネットワークエンジニアに向いている人の特徴とは?

ネットワークエンジニアが自分に向いている仕事かどうか分からない…

ネットワークエンジニアって未経験からでもできる仕事かな?

✓本記事の流れ

  • ・ネットワークエンジニアに向いている人とは
  • ・ネットワークエンジニアに求められるスキル・知識とは?
  • ・ネットワークエンジニアってきつくて、オワコンなの?

上記のように、ネットワークエンジニアに興味があるけど、実際にどういう人に適性があるのか分からないという方へ向けて、ネットワークエンジニアに向いている人について詳しく解説していきます。

ネットワークエンジニアに必要なスキルや、仕事内容なども合わせて解説していますので、ぜひ参考にしてください。

先に読んでおきたい⇒ネットワークエンジニアとは?仕事内容・年収・将来性をわかりやすく解説!

1.そもそもネットワークエンジニアとは

ネットワークエンジニアとはクライアントなどの要望に応えて、快適なネットワーク環境を構築する仕事です。

普段当たり前のように使われているインターネットを企業に合わせた最適な形で構築し、保守・運用をしていきます。

そんなネットワークエンジニアはフェーズにより、仕事内容も変わってきます。

フェーズ

  • ・要件定義
  • ・設計
  • ・構築
  • ・保守
  • ・運用
  • ・監視

要件定義や設計工程にて、どのようなネットワーク環境を構築するのか考えていきます。

作業計画書を立案し、構築工程で実際にクライアントに適したネットワークを作ります。

運用・保守・監視工程では、問題が起きたときにすぐに原因を見つけ改善するのが仕事となります。

↓↓応募完了後、もらえます↓↓

業界研究資料プレゼントのバナー

2.ネットワークエンジニアに向いている人の特徴とは?

ネットワークエンジニアに向いている人の特徴は以下の5つです。

  • ・ITに対する興味のある人
  • ・学習意欲のある人
  • ・コミュニケーション力のある人
  • ・コツコツ作業できる人
  • ・新しいことに挑戦できる人

なぜ上記の人が向いているのか、その理由について詳しく見ていきましょう。

2-1.ITに対する興味のある人

ネットワークエンジニアは、ITに興味関心がある人が向いています。

その理由は、IT業界は日々進歩をしており、開発されていく機器などの知識を常に取り入れなければいけないからです。

興味がないと知識を取り入れようとしないことが多く、また仕事に対するモチベーションも下がっていきます。

そのため、ITに対する興味があればあるほど、ネットワーク技術者に向いています。

2-2.学習意欲のある人

学習意欲があるなら、ネットワークエンジニアはおすすめの職業です。

現場では実際に作業をするとわからないことが多く発生します。

普段から学習意欲のある人なら、分からない部分もすぐに調べることができて、問題の解決も早いでしょう。

また、エンジニアとして活動すると新しい技術や自分の知らない技術に出会うことも少なくありません。

知らない技術を意欲的に学習して自分のものにできる人材は、会社では重宝されるため学習意欲がある人はネットワーク技術者に向いています。

2-3.コミュニケーション力のある人

ネットワークエンジニアはチームで活動することが多く、コミュニケーション能力があるかどうかは重要です。

なぜなら、チーム内で情報を交換したり、進捗などを共有し一致団結してネットワークの構築を行うからです。

また、作業を引き継ぐことが多く、他のメンバーの作業時間を取らないようわかりやすく伝えなければいけません。

そのため、円滑なコミュニケーションが取れる人は向いているといえるでしょう。

どの程度のコミュ力は必要?

「語彙力ある」「周りを盛り上げる力がある」までのコミュニケーションは必要ありません。

報告・連絡・相談がしっかりできれば、ネットワークエンジニアとして活躍できます。

また、コミュニケーション能力が低い方でも技術が他より飛び抜けている方なら、ネットワークエンジニアに向いていると言えます。

関連記事【苦手な人必見】エンジニアにおけるコミュニケーション能力の重要性

2-4.コツコツ作業できる人

ネットワークエンジニアの仕事は基本的に黙々と作業することが中心なため、コツコツ何かに取り組める人は適しています。

IT技術に触れるときは地道な学習が多く、そのような作業が苦ではない人は資格取得もスムーズに行えるでしょう。

例えば、普段から細かい作業が好きで、継続的にコツコツ続けていける人は向いていると言えるでしょう。

2-5.新しいことに挑戦できる人

新しいことに挑戦できる、挑戦するのが楽しいと感じる人は向いている傾向があります。

ネットワークエンジニアとして活動すると、最新のネットワーク技術やプログラミング、OSなど日々の進化していくため、新しいことに取り組める挑戦意欲がある方は非常に向いてると言えます。

その他のバナー108

3.ネットワークエンジニアに必要なスキルや資格とは?

未経験からネットワークエンジニアとして仕事を始めるなら、企業に求められるスキルや知識は把握しておくことが重要です。

特に重要となるスキル・知識

  • ・ITに関する基礎スキル
  • ・ネットワークの基礎知識・資格
  • ・サーバーに関するスキル・資格
  • ・将来的に身につけるべきスキル・資格

ここでは、具体的にどのようなスキルや資格試験を受けると、良いのか詳しく解説していきます。

3-1.ITに関する基礎スキル

特に未経験の方はITに関する基礎スキルが必要になってきます。

ITの基礎スキルはネットワークエンジニアだけでなく、ITエンジニアが身に付けるべきスキルです。

以下の基礎スキルはある程度身に付けておきましょう。

基礎知識

  • ・IT全般の基礎知識
  • ・PCスキル
  • ・Excel
  • ・タイピング

タイピングやExcelのスキルだけでなく、IT全般の基礎知識は重要で、データベース、OS、開発に関する知識、サーバー知識など幅広く身に付けていきましょう。

3-2.ネットワークの基礎知識・資格

時代の流れに合わせてネットワークエンジニアの仕事は少しずつ変わってきてはいますが、ベースとなる知識に変化はないため勉強しておきましょう。

また、ネットワークの全般の知識を身に付けるならCCNA」がおすすめです。

CCNAとはルーターなどで幅広いシェアを誇るシスコシステムズ合同会社が提供する資格で、ネットワーク関連の基礎から応用までしっかりと学ぶことができます。

そのため、未経験でまだ知識が浅いならCCNAにて必要な知識やスキルを学習しましょう。

試験概要

詳細

試験時間

120分

合格率(%)

非公開

合格ライン

正答率60%以上

目安勉強時間

初学者140時間~200時間程度

出題数

102問

出題形式

選択形式、ドラック&ドロップ

受験方式

CBT方式(コンピュータでの受験)

受験費

36,960円(税込)

受験場所

全国のテストセンター

開催時期

通年

URL

CCNA

3-3.サーバーに関するスキル・資格

ネットワークエンジニアとして活躍するなら、サーバーに関するスキルを身に付けましょう。

サーバーとは、サービスを提供している企業のコンピューターやソフトウェアのことを指します。

ネットワーク環境を作るにはサーバーは欠かせない要素であり、主に以下のようなサーバーがあります。

サーバーの種類

  • ・Webサーバー
  • ・DNSサーバー
  • ・メールサーバー

仕事では、インターネット設定の仕方やソフトウェアのインストールの際に役に立ちます。

サーバーの勉強をするなら「LPIC・LinuC」がおすすめです。

LPIC・LinuCはどちらもLinuxというOSの基礎知識を問うもので、LPICは世界標準資格、LinuCは日本でのみ使える資格となります。

3-4.将来的に身につけるべきスキル・資格

未経験からネットワークエンジニアを目指すなら、現状は以下3つのスキルと知識があれば問題ありません。

必要スキル

  • ・ITに関する基礎知識
  • ・ネットワークの基礎知識
  • ・サーバーに関するスキル

しかし、今後は自社サーバーではなくクラウドサービスが利用される「クラウド化」がより進んでいくと考えられています。

2020年のクラウドサービスの売上高は35兆315億円であり、前年と比べて27.9%増えています。

日本国内も同様で、2021年の売上高は1兆5,879億円と前年比28.5%増という結果になっています。

有名IT企業を主軸にクラウド化はどんどん進んでいっています。

パブリッククラウドサービス市場のシェア

パブリッククラウドサービス市場のシェア

出典:総務省「令和4年 情報通信に関する現状報告の概要」

また、今後のパブリッククラウドサービス市場規模を予想したグラフを以下に示しています。

成長率は落ち着いてくるものの、ここ数年は市場規模は拡大していくと見込まれています。

クラウドの将来性

クラウドの将来性

出典:総務省「令和4年 情報通信に関する現状報告の概要」

そのため、クラウドサービスに関する知識を学ぶ必要も出てきており、主に以下のようなクラウドサービスがございます。

クラウドサービス

  • ・AWS(Amazon)
  • ・Azure(Microsoft)
  • ・GCP(Google)

将来的に活躍できるネットワークエンジニアはクラウドに対応できる柔軟さが求められるでしょう。

関連記事ネットワークエンジニアに必要なスキルは?向いている人の特徴なども紹介

4.ネットワークエンジニアになるメリット

ネットワークエンジニアには多くのメリットがあり、今後も期待されている職業です。

メリット

  • ・ネットワークエンジニアの需要と将来性は高い
  • ・平均年収が高い
  • ・スキル次第でリモートワークができる
  • ・やりがいがあって楽しい
  • ・豊富なキャリアパスがある

4-1.ネットワークエンジニアの需要と将来性は高い

ネットワークエンジニアの需要と将来性は、スキルや知識を持った技術者ならまだまだ高いといえます。

近年は、クラウド化により多くの企業がクラウドサービスを利用しているため、ネットワークエンジニアの需要は無くなっていくと勘違いされがちですが、クラウドに強いエンジニアやネットワークに精通したエンジニアはこれからも需要は高いでしょう。

ただし、最新技術やクラウドに関する知識やスキルが無いと需要は無くなっていくので注意してください。

ネットワークエンジニアの将来性は低くてオワコン?クラウド普及の影響とは

2023.10.22

4-2.平均年収が高い

ネットワークエンジニアの平均年収は451.65万円です。

監視や運用の仕事は未経験者でもできる業務もあり、未経験者の数が多いことから、平均年収はそこまで高くないように見えます。

ですが、スキルを高めれば、年収1000万円以上を目指すことも可能であり、高収入の夢がある職業といえます。

関連記事【年代別】ネットワークエンジニアの年収を解説|低い?1000万円稼げる?

4-3.リモートワークできる会社もある

多くのネットワーク技術者は企業に常駐して作業を行うことが多いですが、リモートワークを採用している会社もあります。

リモートワークができるメリットは、通勤がなく人と会うことがないこと。

ストレスフリーな環境で仕事をしたいという方にはおすすめといえるでしょう。

ただし、リモートワークをしたいのであれば、まずは構築・設計のスキルを3年以上高める必要がございます。

関連記事ITエンジニアがリモートワークする方法|必要なスキルを徹底解説

4-4.やりがいがあって楽しい

ネットワーク関連の仕事は、専門性の高い作業が多いためやりがいがあって楽しいという方も多いです。

チームとして活動し、1つのプロジェクトを完了させることができると底知れぬ達成感を味わうことができるでしょう。

また、ネットワーク構築はクライアントなど人の役に立つ仕事で、お礼を言われることも多くやりがいを感じられる職業といえます。

関連記事ネットワークエンジニアの魅力・やりがい6選|きついと言われる部分も解説

4-5.豊富なキャリアパスがある

最後にご紹介するメリットは、豊富なキャリアパスがあるということです。

主なキャリアパス

  • ・クラウドエンジニア
  • ・ITコンサルタント
  • ・プロジェクトマネージャー(PL)
  • ・フリーランス

自分が興味のある分野に進んだり、全体を管理する職種にキャリアアップしたりと自由度があります。

未経験から技術者になって、その先のことも考えられるのはメリットといえるでしょう。

関連記事:ネットワークエンジニアのキャリアパス5選!キャリアアップ方法も紹介

5.未経験からネットワークエンジニアに転職するには

未経験者からネットワークエンジニアになる方法をお伝えします。

近年では、入社後に研修を行っている企業も多くあり、ネットワークエンジニアであれば、勉強しなくても、入社できることもあります。

しかし、研修が充実している企業は倍率も高いため、勉強していれば、内定率は各段にアップします。

「勉強する時間がない…」
「独学では、中々勉強が捗らない…」

そのような方は研修のあるIT企業をご紹介しますので、当社にご相談ください。

転職・就職活動前に勉強をできる人は、以下から紹介する勉強をおすすめします。

5-1.資格を取得する

ネットワーク技術者を目指すなら資格を取得すると良いでしょう。

その理由は、資格を持っていることで一定のスキルがある証明になる上に、仕事に意欲的であることをアピールできるからです。

未経験の方が資格を取るなら、下記資格が圧倒的におすすめです。

おすすめ資格

  • ・CCNA
  • ・LPIC level1

また、2つの資格を取っておけば仕事をする時に役に立つため、勉強しておきましょう。

関連記事【資格7選】ネットワークエンジニアに必要な取得すべきおすすめの資格を解説

5-2.求人サイトを利用する

求人を探すときは、求人媒体を利用することをおすすめします。

IT系求人に強い媒体はdodaとマイナビのため、ネットワークエンジニアの求人を探すときはこの2つは必ず見ておきましょう。

(転職)ネットワークエンジニアの募集が多い求人サイト

(新卒)ネットワークエンジニアの募集が多い求人サイト

求人を探すときは、媒体を2〜3個程度登録して良い求人を取りこぼさないようにしましょう。

5-3.おすすめの転職エージェント

就職・転職エージェントを2社程度利用して自分に合った条件を探すと良いです。

エージェントを選ぶときは下記2つのポイントに注目しましょう。

ポイント

  • ・IT業界に詳しい
  • ・IT業界の求人を多数取り扱っている

IT業界に詳しくないエージェントが担当だと、相談してもしっかりとした返答が返ってこなかったり、違う職種の求人を紹介してくることもあります。

下記はIT業界に強い就職・転職エージェントです。

IT業界に強い転職エージェント

IT業界に強い就職エージェント(新卒)

また、担当のキャリアアドバイザーが優秀かどうかも確認しましょう。

以下のような担当は控えましょう

  • ・IT業界に精通していない
  • ・エンジニア求人を紹介してくれない
  • ・取るべき資格がわからない
  • ・全く違う職種を紹介してくる
  • ・エンジニアのキャリアパスを知らない

上記のようなアドバイザーは自分が求める良い求人を紹介してくれることは無いため、すぐに変更を要求すると良いです。

6.まとめ:ネットワークエンジニアに向いている人の特徴は5つある!

ネットワークエンジニアに向いているのは以下の人です。

向いている人の特徴

  • ・ITに対する興味・学習意欲のある人
  • ・PCやその周辺機器に興味がある人
  • ・コミュニケーション力のある人
  • ・忍耐力があって、コツコツ作業できる人
  • ・知的好奇心が旺盛で、新しいことに挑戦できる人

全てに当てはまっていなくてもどれか1つに当てはまっているなら、挑戦してみることをおすすめします。

また、ネットワークエンジニアに必要なスキルは以下の通りです。

求められるスキル

  • ・ITに関する基礎スキル
  • ・ネットワークの基礎知識・資格
  • ・サーバーに関するスキル・資格
  • ・将来的に身につけるべきスキル・資格

特にITに関する基礎知識とネットワークに関する知識は身に付けておくべきです。

ネットワークエンジニアはPCと向き合うのがほとんどです。

そのため、PCスキルは勉強しておくとよいでしょう。

このようなことで
悩まれています。

お悩み1

今の世の中に不安がありませんか?

「スキル身につけたい…」「安定したい…」
スキルをつけれる厳選な求人を紹介!

お悩み2

現在の会社で年収上がるビジョンが見えない

「年収が低すぎる…」「年収をアップさせたい…」
年収の高い企業に入社すべき!

お悩み3

ワークライフバランスを整えたい

「残業なしがいい」「週3,4日で働きたい」
ITエンジニアはスキルを磨けば仕事は選べます!

簡単30秒

まずは気軽にWebで無料相談

コンシェルジュ

こんにちは!
はじめに職歴をお聞かせください。

この記事の監修者

監修者画像

エンジニア

土肥 将司

大学卒業後、新卒で不動産会社に就職。その後23歳で開発エンジニアにキャリアチェンジし、3年間大手Slerにて様々な開発に携わる。その後、インフラストラクチャー企業にて人材コンサルタントとして経験を積み、株式会社ユニゾン・テクノロジーを創業。現在の代表取締役

おすすめ記事

Recommended Articles

成功者インタビュー

成功者インタビュー

未経験から転職成功事例

年収UP

「PCをほぼ触ったことありませんでした…」完全未経験からエンジニアに転職成功|年収100万以上アップ!

転職

未経験

文系からITエンジニアに!理系科目が苦手でITスキルも無い状態から内定を獲得しました

就活

成功者インタビュー

未経験から転職成功事例

年収UP

「PCをほぼ触ったことありませんでした…」完全未経験からエンジニアに転職成功|年収100万以上アップ!

転職

未経験

文系からITエンジニアに!理系科目が苦手でITスキルも無い状態から内定を獲得しました

就活

関連記事

人気の記事一覧