無料相談はこちら

チャットでアドバイザーに
相談してみる

目次に戻る 目次に戻る
ユニゾンキャリア バナー

エンジニアの実務経験が積めない対処法|開発経験は積みにくい?

エンジニア
エンジニアの実務経験が積めない対処法!

エンジニアとしての実務経験が積めていない時の対処法は…?

開発エンジニアは実務経験が積みにくい…?

✓本記事の結論

  • ・未経験で開発エンジニアになっても実務経験は積める
  • ・エンジニアとしての実務経験が積めない際は案件の変更や実務経験が積める企業への転職を検討する

本記事では実務経験が積める企業の見極め方や、転職・就職方法について説明しています。

現在エンジニアとしての実務経験が積めていない方や、未経験で開発エンジニアかインフラエンジニアで迷っている方は最後まで読んで転職・就職の際に役立てて下さい。

また、次の記事ではそもそもエンジニアとは何なのかについて詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

【図解付き】エンジニアとは?職種・種類・仕事内容・ITエンジニアの適性までわかりやすく完全網羅!

1.未経験者が開発エンジニアになっても実務経験は積めない?

未経験者が開発エンジニアになっても実務経験は積めない、という話を聞いたことがある方がいらっしゃる方がいるかもしれません。

結論から申し上げますと、未経験者が開発エンジニアになったとしても実務経験を積むことはできます。

しかし、未経験者が開発エンジニアになった場合実務経験が積みにくいのは事実です。

そのため未経験の方が開発エンジニアを目指す場合には、以下の理由からインフラエンジニアを進められることが多いです。

  • ・未経験の開発エンジニアを応募している企業が少ないため
  • ・開発系のプログラミング言語を書ける人は転職市場で飽和状態のため
  • ・自社開発の企業では、特定の言語・技術以外に触れる機会が少ないため
  • ・インフラエンジニアの方がマニュアル通りに業務を進めやすいため

まず開発系のプログラミング言語を書くことができる人材がエンジニアの転職市場において飽和状態のため、未経験の開発エンジニアを募集している企業がそもそも少ない現状があります。

たとえ未経験で開発系のエンジニアに転職することができたとしても、経験者が優先的に良いポジションへ配属をされて、未経験のエンジニアは実務経験を積むことができないようなポジションに配属されてしまうことが多くあります。

また、自社開発の企業では特定の言語や技術に触れる機会が多いため、入社後に幅広い実務経験を積むことが難しいです。

開発エンジニアの転職市場はこのような状態になっているため、未経験者はマニュアル通りに業務を進めやすいインフラエンジニアへの転職を進められてしまうことが多くなっています。

しかし開発エンジニアとしての実務経験を積むためには、このような状況下で優良企業を見抜く必要があります。

自分一人で企業選びが難しいと感じる方には、転職エージェントを活用することをおすすめします。

現在の職場で実務経験を積めないと感じている方や、未経験から実務経験を積むことができる企業へ転職を考えている方は、IT専門の転職エージェントを利用してみてください。

弊社ユニゾンキャリアはIT専門の転職支援を行っています。専任のアドバイザーがあなたの要望にぴったりなキャリアプランからサポートします。

ご相談から内定まで「完全無料」でご利用できますのでお気軽にお問い合わせください。

\ご相談から内定まで「完全無料」/

ユニゾンキャリアに相談してみる?

あなたに合った成長環境をご提案します!

開発エンジニアになりたいと考えている方は、アプリケーションエンジニアと組み込みエンジニアについて解説してあるこれらの記事を参考にしてみてください。

関連記事アプリケーションエンジニアとは?仕事内容や将来性、向いている人は?年収や必要なスキル・資格は?

関連記事組み込みエンジニアとは?仕事内容から年収・将来性・転職方法なども解説

また、インフラエンジニアについては次の記事でまとめられているため、興味のある方はご覧になってみてください。

インフラエンジニアとは?仕事内容をわかりやすく解説!

2.エンジニアの実務経験と開発経験の違い

実務経験と似ている言葉に、開発経験があります。

実務経験と開発経験の違い

  • ・実務経験:エンジニアとして仕事を行い、対価を得た経験
  • ・開発経験:プログラミング等、開発を行った経験(趣味含む)

ここでは、それぞれの経験に求められるスキルを解説していきます。

2-1.エンジニアの実務経験として求められるスキル

エンジニアの実務経験には、主に5つのスキルが求められます。

実務経験として求められるスキル

  • ・クライアントの要求をヒアリング
  • ・設計書を見て実装
  • ・納期を守る
  • ・セキュリティを守って開発
  • ・Gitを用いたチーム開発

クライアントの要求を満たすために、このような5つのスキルが必要となります。

それぞれのスキルを詳しく解説していきます。

クライアントの要求をヒアリング

エンジニアはクライアントの要求を聞き取り、その要求に応えるシステムの要件定義を行う必要があります。

クライアントの要望に応えるためには、制作の目的・ニーズ・達成したい目標などをエンジニアが細かくヒアリングします。

その際にエンジニアに求められる具体的なスキルが、要求を正しくヒアリングするスキルです。

設計書を見て実装

設計書に記載された要件のとおりに実装をすることができるプログラミングスキルも、エンジニアには必要なスキルです。

また、エンジニアはプログラミング設計書だけでなくインターフェース仕様書などの資料も読み取る必要があります。

自分が好きなように実装するのではなく、設計された設計書を正確に読み取ったうえでクライアントの要求に沿ったものを実装をしなくてはなりません。

納期を守る

エンジニアが仕事として開発を行う上で必ず守らなくてはならないものが納期です。

納期を過ぎてしまうとクライアントの要求に応えられなかったことになるため、期日までにシステムを完成するためにはマネジメントスキルも求められます。

納期を守ったうえで質の高いプログラミングを行うのはエンジニアの仕事の大前提であり、実務経験で求められるスキルです。

セキュリティを守って開発

プロジェクトごとに決められたセキュリティ要件を守って開発するスキルも、エンジニアの実務経験として求められるスキルです。

なぜなら、セキュリティに欠陥があるシステムは、情報漏洩やデータの改ざんが起きやすくなるからです。

エンジニアは、セキュリティを守る意識を持ちながら開発を行うことが重要です。

Gitを用いたチーム開発

エンジニアの実務経験のスキルとして、Gitを使ったチーム開発の業務フローを理解し、実際に使用できることが求められます。

Gitとは、複数人でシステム開発をおこなう際に欠かせない管理ツールです。

エンジニアはチームになってプロジェクトに取り組むため、このような管理ツールを正しく用いるスキルはとても重要です。

2-2.エンジニアの開発経験として必要なスキル

エンジニアの開発経験には、主に4つのスキルが求められます。

必要なスキル

  • ・プログラミング能力
  • ・GitHubを用いてのポートフォリオ作成
  • ・DBとサーバーの知識
  • ・タイピングスキル

これらは、アマチュアとして業務をおこなう場合でも身につけられるスキルです。

それでは、各スキルを詳しく説明していきます。

プログラミング能力

プログラミング脳力とは、プログラミング言語を扱ってシステムの構築ができるスキルです。

エンジニアとして開発をするためには最低限身につけていなくてはならないスキルとなります。

開発経験のある人であればある程度のプログラミング能力はついていることが多いと思いますが、エンジニアとして活躍するには仕事として開発をすることができるレベルのプログラミング能力が求められます。

GitHubを用いてのポートフォリオ作成

GitHubを使ってポートフォリオを作成しておくと、転職活動で役に立ちます。

GitHubとは、自分が作成したソースコードなどを保存・公開できるWebサービスのことです。

ポートフォリオは自分のスキルを企業に示すことができるものとなりますので、それ自体を制作し提出することで他の転職者と差をつけることができます。

また、エンジニアとしての実務経験がないとしても、ポートフォリオで開発経験をアピールすることができます。

次の記事ではエンジニアにとってポートフォリオとはどのようなもので、差をつけるためのコツはどのようなものかを詳しくまとめてあります。

興味のある方はぜひご覧ください。

エンジニアのポートフォリオとは?差をつけるためのコツや作り方を紹介

DBとサーバーの知識

エンジニアの開発経験として、DB(データベース)とサーバーの知識も求められます。

これらのスキルとして、具体的に

  • ・1つのデータベースにおいて、CRUDが身についていること
  • ・ローカルの開発環境を構築できる程度のサーバー知識があること

が最低限必要となります。

タイピングスキル

エンジニアには、キーを見なくても文字の入力ができるレベルのタイピングスキルも求められます。

タイピングスキルが身についていることによって、スピーディーに業務をこなすことが可能となり、生産性が高まるからです。

エンジニアはコンピューターを用いて様々な業務に取り組むため、タイピングスキルは必須です。

また、以下の記事ではエンジニアのすきるについて詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ITエンジニアに必要なスキル一覧!求められる能力や技術を徹底解説

3.エンジニアの実務経験が積めない例

ここからは、エンジニアとしての実務経験が積めない職場の例を挙げます。]

このような職場では実務経験を積めないことが多いため、実務経験を積みたい方は避けた方が良いです。

3-1.ブラックSES

SESの契約内容

SESの契約内容

SESとは、クライアント企業にSES企業が技術者を出向させる技術支援サービスのことです。

SES企業は常駐するクライアント企業によって経験する業界も仕事内容も変わるため、エンジニアとして幅広い実務経験をつむことができる環境といえます。

しかし、ブラックSESの場合は幅広い実務経験を積むことができないどころか、そもそもエンジニアの業務を任せてもらえないことがあります。

ブラックSESでは、研修と偽ってコールセンター、家電量販店、携帯販売ショップなどに派遣され、エンジニア業務ではなく電話応対や販売業務などを強いられることがあります。

当然実務経験を積むことはできませんし、エンジニアとしてスキルアップしていくことができる環境は整っていると言えないでしょう。

次の記事ではSESとは何なのかを説明しています。

ブラックSES企業の実態や企業の見分け方について解説している記事もありますので、チェックしてみてください。

SESとは?【図解】IT派遣との違いや契約のメリットをわかりやすく解説

家電量販店やコールセンターに派遣させるSES企業は絶対やめとけ!

3-2.地方エンジニア 

東京や大阪などの都心と比べると、地方はエンジニアの求人やクライアント数が少ない傾向にあります。

そのため、そもそも取り扱う業務が少なく実務経験を積む機会に恵まれていないことが多いです。

もちろん地方で勤務しているからといって全員が実務経験を積めないわけではありませんが、都市部のエンジニアよりは実務経験を積むチャンスが減ってしまいます。

3-3.専門知識が必要ないエンジニア業務をさせられる

専門知識を必要としないエンジニア業務ばかり任せる企業も実務経験を積めないことが多いため要注意です。

具体的に専門知識が必要ないエンジニア業務として以下の例が挙げられます。

専門知識が必要ないエンジニア業務

  • ・テスト・検証の実施
  • ・専門知識を必要としない運営保守
  • ・データをエクセルにまとめること

このようなエンジニア業務は入社直後は良い勉強になりますが、エンジニアとして実務経験を積んでより良いキャリアを描くためには、このような業務ではなく要件定義やシステムの設計などが適しています。

いつまで経っても専門知識が必要ないエンジニア業務しかできない企業では、実務経験が積めないです。

3-4.ヘルプデスク

ヘルプデスクとは、ユーザーや社員からの問い合わせに対応する職種のことで、社内外に向けてITシステムの利用をサポートします。

技術的な知識も求められる職種ですが、エンジニアに必要な開発スキルや高度なIT知識はあまり身につきません。

エンジニアとして活躍したいなら、ヘルプデスクとして勤務し続けることは避け、実務経験を積むことができる環境に身を置くようにしましょう。

SESのバナー39

4.エンジニアの実務経験が積めない原因

続いて、エンジニアの実務経験が積めない原因について見ていきましょう。

エンジニアの実務経験が積めない企業の特徴は以下の通りです。

実務経験が積めない原因

  • ・外部のプログラマーに開発業務を任せている
  • ・本人のスキルが足りていない
  • ・ブラックSESだから

エンジニア転職の際には、このような特徴が当てはまっていない企業を探すようにしましょう。

4-1.外部のプログラマーに開発業務を任せている

1つ目のエンジニアの実務経験が積めない企業の特徴は、外部のプログラマーに開発業務を任せていて、自社のエンジニアにはマネジメントや雑用の業務を行わさせていることです。

このような企業は、一般的に大手企業や中小企業のSIerに多い傾向があります。

企業としては現場での作業効率は良くなるメリットがあるものの、エンジニアが実務経験を積むのは厳しい職場環境となるため、おすすめしません。

実務経験が積めない企業を避けるためには、できるだけ上流工程の業務が経験できるような企業に転職するのが良いです。

ただし、大手企業や中小企業のSIerであったとしても上流工程の業務ができていれば問題はないと言えます。

4-2.本人のスキルが足りていない

2つ目のエンジニアの実務経験が積めない原因は、本人のスキルが足りないことです。

研修制度が整備されていない企業に未経験者として入社すると、エンジニアとしてのスキルがなかなか上がりません。

すると、スキルがないことを理由に雑用ばかりを担当させられる企業もあります。

エンジニアとして実務経験を積みたいなら、スキルを高めることができる研修制度が整った企業を選ぶと良いでしょう。

4-3.ブラックSESだから

3つ目のエンジニアの実務経験が積めない原因は、企業がブラックSESであることです。

SESの中でも労働環境が劣悪な企業に入社すると、研修の名目でコールセンター家電量販店などに派遣されることがあります。

エンジニアならではの業務を任せてもらえないうえに、研修が業務時間外におこなわれることも少なくありません。

さらに、実務経験を伴うエンジニア業務の研修が不十分であるがゆえに、業務時間外に自身で勉強しなければいけないこともあります。

もしこのようなブラックSES企業に入社した場合はエンジニアの実務経験は積めないため、すぐに転職を考えましょう。

5.エンジニアとしての実務経験を積む方法

次に、エンジニアとして実務経験を積む具体的な方法について解説します。

エンジニアの実務未経験者・経験者の2種類に分けて説明します。

5-1.エンジニアの実務未経験者

エンジニアの実務を経験したことがない人は、以下の方法がおすすめです。

未経験者が実務経験を積む方法

  • ・実務経験が積める企業に転職・就職
  • ・インターンシップへの参加
  • ・アルバイト

それぞれ解説していきます。

実務経験が積める企業に転職・就職

エンジニアとしての実務経験を積むためには、エンジニアの実務経験が積める企業に転職・就職することが手っ取り早いです。

しかし、エンジニアの実務経験が積めない企業の特徴が分かっているとしても、実務経験が積める企業の求人を見つけることは難しいと考える方が多いでしょう。

そんなエンジニア転職者の方には、IT業界に特化した転職エージェントを活用することをおすすめします。

弊社ユニゾンキャリアはIT専門の転職支援を行っています。専任のアドバイザーがあなたの要望にぴったりなキャリアプランからサポートします。

未経験の就業決定率95%を記録しているため、未経験からエンジニアを目指す方にもおすすめです。

ご相談から内定まで「完全無料」でご利用できますのでお気軽にお問い合わせください。

\ご相談から内定まで「完全無料」/

ユニゾンキャリアに相談してみる?

あなたに合った成長環境をご提案します!

インターンシップへの参加

IT企業が主催しているインターンシップに参加することで、エンジニアの実務経験を積むことができます。

インターンシップにはさまざまな種類がありますが、数カ月間報酬をもらいながら参加する長期インターンシップをおすすめします。

インターンシップへ参加することによって、開発現場に身を置きながら実務的なスキルを高められるため、実務経験を積むことができます。

アルバイト

IT企業にアルバイトとして雇われることでも、実務経験を積むことができます。

インターンシップと同様、実際に開発現場の雰囲気を間近に感じられるうえに、IT業界の人脈も形成できます。

アルバイトから正社員に採用されることも多いため、注目すべき選択肢の1つです。

5-2.エンジニアの実務経験者

すでにエンジニアの実務経験を積んでいる人は、以下の方法でさらに実務経験を積むことができます。

経験者が実務経験を積む方法

  • ・実務経験が積める企業に転職
  • ・副業

現在エンジニアとして働いているものの実務経験を積めない企業で働いている場合にも、おすすめの方法となります。

実務経験が積める企業に転職

もし今の企業では実務経験を積めないと感じているのであれば、今よりエンジニアの実務経験が積める企業に転職する方法をおすすめします。

その際は自分1人で転職活動を行うよりも、転職エージェントを活用したほうが効率が良いです。

エージェントを利用すると、面接や履歴書作成のサポートを受けられる上に、非公開求人の紹介を受けることもできます

副業

エンジニアの実務経験を積める業務を副業とすることで実務経験を積む方法もあります。

エンジニアの実務経験を積むことができる副業としては、Webサイトの制作や、システム構築があります。

副業の収入が増えてきてからそちらを本業に移行すると、実務経験を十分に積んだうえでエンジニア転職をすることができるでしょう。

弊社ユニゾンキャリアはIT専門の転職支援を行っています。専任のアドバイザーがあなたの要望にぴったりなキャリアプランからサポートします。

ご相談から内定まで「完全無料」でご利用できますのでお気軽にお問い合わせください。

\ご相談から内定まで「完全無料」/

ユニゾンキャリアに相談してみる?

あなたに合った成長環境をご提案します!

6.エンジニアの実務経験を積める・積めない企業を見極めるコツ

エンジニアとして実務経験を積める企業を探し出すには、いくつかのコツがあります。

ここでは、主なコツを4つご紹介します。

6-1.給与水準が低い

1つ目のコツは、給与水準が低い企業を選択肢から除くことです。

なぜなら、給与水準が低い企業は3,4次の下請け企業であることや、そこで働いているエンジニアのスキルが乏しいことが多いからです。

そのような企業では良い案件が少ないため実務経験を積むことができず、さらに周りに参考になるエンジニアもいないため、エンジニアとしてスキルアップするには適していません。

実務経験を積むことができる企業を見つけるためには、給与水準を確認して、低すぎる場合には注意をしましょう。

6-2.良い案件があるか

2つ目のコツは、良い案件を受け持っている企業を探すことです。

案件の数が豊富な企業や、幅広い案件がある企業は、エンジニアとして実務経験を積みやすいでしょう。

テスター案件を取っている企業は、他の案件の質も低い可能性があるため、注意が必要です。

6-3.営業力があるか

3つ目のコツは、営業力がある企業を選ぶことです。

営業力が乏しい企業に入社すると、獲得した案件数そのものが少ないため、やりたい案件をなかなか選べません。

企業に営業力がないと選べる案件が少なく、やりたい案件ではなくその時ある案件を受けることになってしまいます。

自分の興味のある案件に力を注ぐことが、他社からも評価されるような実務経験を積むことにつながります。

転職活動の際には、企業が受け持つ案件の内容を調べ、営業力の高さを確認しましょう。

また、エンジニアが案件を選ぶことができる企業であるかどうかも確認するようにしましょう。

6-4.1次請けであるか

IT業界の多重下請け構造

IT業界の多重下請け構造

4つ目のコツは、1次請け、または1次請けになるべく近い企業に入社することです。

IT業界は、このような多重下請け構造がよく見られます。

多重下請け構造とは、クライアントから委託された案件を2次請け企業、3次請け企業へと再委託することで、構造下部の企業になるほど給与が低くなり、業務も忙しくなる傾向にあります。

1次請けの企業に入社すれば、よりよい環境で実務経験を積むことが可能です。

SES企業の中で優良企業の見分け方を知りたい人は、こちらの記事をお読みください。

SES企業の見分け方を徹底解説!優良企業の見分け方も紹介します

7.エンジニアの実務経験を積める企業に転職・就職する方法

エンジニアとして実務経験を積める企業に転職・就職するには、どのような方法をとればいいのでしょうか。

今回は、大きく分けて3つの方法を取り上げます。

7-1.IT特化の転職エージェントを利用する

転職エージェントの仕組み

転職エージェントの仕組み

1つ目の方法は、IT特化型転職エージェントを利用することです。

転職エージェントとは、就職希望者に求人の紹介や就活サポートをおこなうサービスを指します。

転職エージェントを利用すると、以下のようなメリットを感じられます。

転職エージェントのメリット

  • ・面接や履歴書作成のサポートを受けられる
  • ・非公開求人を紹介してもらえる
  • ・IT業界に詳しいキャリアアドバイザーからアドバイスをもらえる

1人で転職活動をおこなうよりも、スムーズに理想の転職先を見つけることができるでしょう。

弊社ユニゾンキャリアはIT専門の転職支援を行っています。専任のアドバイザーがあなたの要望にぴったりなキャリアプランからサポートします。

ご相談から内定まで「完全無料」でご利用できますのでお気軽にお問い合わせください。

\ご相談から内定まで「完全無料」/

ユニゾンキャリアに相談してみる?

あなたに合った成長環境をご提案します!

7-2.口コミサイトを確認する

2つ目の方法は、口コミサイトを確認することです。

実際に該当企業で働いていた人の意見や感想を読むことができるため、実務経験を積みやすい企業を探せます。

ただし、嘘が書かれる場合もあるため、参考程度に留めることが大切です。

おすすめの口コミサイト

  • ・OpenWork
  • ・転職会議

OpenWork

OpenWork

OpenWork

OpenWork」では、在籍中・退職済の企業に関する「社員クチコミ」を確認できます。

クチコミ数が約1,530万件あり、国内最大級です。

待遇面の満足度・社員の士気などをはじめとした8つの評価項目から、各企業のスコアもチェック可能です。

転職会議

転職会議

転職会議

転職会議」では、375万件以上もの転職口コミ情報をチェックできます。

有給消化率や残業時間なども調べられるので、気になる企業のリアルな職場環境を知ることが可能です。

業界・勤務地・評価項目などに分けて口コミを検索できます。

7-3.企業研究を徹底的にする

3つ目の方法は、徹底的に企業研究をおこなうことです。

これはエンジニアに限った話ではありませんが、企業研究に力を入れなければ、優良企業から内定を獲得することは難しいでしょう。

該当企業の求人サイトや企業ブログなどに目を通し、企業の情報を細部まで調べることが必要です。

エンジニアのバナー40

8.まとめ

未経験者が開発エンジニアになった場合も、実務経験を積むことは可能です。

配置されやすいポジションの種類や未経験者OKの求人が少ないことから、実務経験を積めないといわれていますが、適切な企業に入社すれば問題ないでしょう。

また、エンジニアとしての実務経験を積む方法は、以下のとおりです。

未経験者が実務経験を積む方法

  • ・実務経験が積める企業に転職・就職
  • ・インターンシップへの参加
  • ・アルバイト

経験者が実務経験を積む方法

  • ・実務経験が積める企業に転職
  • ・副業

もっとも効果的な方法は、IT特化型の転職エージェントを利用して転職することです。

IT業界に詳しいキャリアアドバイザーが、適切なアドバイスをしてくれます。

なお、エンジニアの実務経験を積める企業に転職する方法は、以下の通りです。

実務経験を積める企業への転職方法

  • ・IT特化の転職エージェントを利用する
  • ・口コミサイトを確認する
  • ・企業研究を徹底的にする

どの方法を選択するにしても、企業の情報をしっかり調べることが大切です。

弊社ユニゾンキャリアはIT専門の転職支援を行っています。専任のアドバイザーがあなたの要望にぴったりなキャリアプランからサポートします。

ご相談から内定まで「完全無料」でご利用できますのでお気軽にお問い合わせください。

\ご相談から内定まで「完全無料」/

ユニゾンキャリアに相談してみる?

あなたに合った成長環境をご提案します!

このようなことで
悩まれています。

お悩み1

今の世の中に不安がありませんか?

「スキル身につけたい…」「安定したい…」
スキルをつけれる厳選な求人を紹介!

お悩み2

現在の会社で年収上がるビジョンが見えない

「年収が低すぎる…」「年収をアップさせたい…」
年収の高い企業に入社すべき!

お悩み3

ワークライフバランスを整えたい

「残業なしがいい」「週3,4日で働きたい」
ITエンジニアはスキルを磨けば仕事は選べます!

簡単30秒

まずは気軽にWebで無料相談

コンシェルジュ

こんにちは!
はじめに職歴をお聞かせください。

この記事の監修者

監修者画像

エンジニア

土肥 将司

大学卒業後、新卒で不動産会社に就職。その後23歳で開発エンジニアにキャリアチェンジし、3年間大手Slerにて様々な開発に携わる。その後、インフラストラクチャー企業にて人材コンサルタントとして経験を積み、株式会社ユニゾン・テクノロジーを創業。現在の代表取締役

おすすめ記事

Recommended Articles

成功者インタビュー

岩崎友哉様インタビュー

転職で年収アップに
成功した方

年収UP

【年収150万円UP】大手自社開発企業でリモートワーク!とても良い環境で働けています

転職

槇原さまインタビュー_アイキャッチ

未経験から転職成功事例

年収UP

「PCをほぼ触ったことありませんでした…」完全未経験からエンジニアに転職成功|年収100万以上アップ!

転職

枌夏月様インタビュー

SES企業からキャリアアップ

キャリアアップ

SES企業から独立系SIerにキャリアアップ!仕事の幅を広げて、更なるグロースを目指す

転職

森崎圭介様インタビュー

未経験から転職成功事例

未経験

【販売職からエンジニア】 2ヶ月間の充実した研修内容が入社の決め手に!

転職

石井颯一様インタビュー

未経験

文系からITエンジニアに!理系科目が苦手でITスキルも無い状態から内定を獲得しました

就活

冨田瑠南様インタビュー

未経験から転職成功事例

未経験

【完全未経験からエンジニア】キャリアアドバイザーと二人三脚で内定獲得!

転職

関連記事

人気の記事一覧