無料相談はこちら

チャットでアドバイザーに
相談してみる

目次に戻る 目次に戻る
ユニゾンキャリア バナー

ITエンジニアの適性は?エンジニアの特徴や性格から向き不向きを分析!|就職・転職者職業ガイド

エンジニア
ITエンジニアの適性は?エンジニアの特徴や性格から向き不向きを分析!|就職・転職者職業ガイド

IT業界を本音で語る「ユニゾンキャリア編集部」真心です。

本記事のトピックスはこちら!

  • ・ITエンジニアにはどんな性格の人が適しているの?
  • ・ITエンジニアに向いている人・向いていない人の特徴は?
  • ・実際にITエンジニアになる人にはどんな特徴があるの?

ITエンジニアに興味はあるけれど「自身がITエンジニアに向いているのかわからない」と悩んでいる方から相談を受ける事が多々あります。

転職してみたものの、やはり向いていなかったという結果になるのは避けたいですよね。

また、適性をしっかりと知ることで、面接や書類選考における優位性を確保することもできます。

本記事では「ITエンジニアへ転職するのがいいか悩んでいる方」「ITエンジニアへの転職活動中の方」に向けて、ITエンジニアに必要な適性や、性格・能力による向き不向きについて解説します。

事前に読みたい⇒【図解付き】エンジニアとは?職種・種類・仕事内容・ITエンジニアの適性までわかりやすく完全網羅!|就職・転職者職業ガイド

1. ITエンジニアでは適性が重要視される理由

ITエンジニアの転職・就活における選考で、適性検査や性格診断の結果が重要視される理由と、診断結果がどのように活用されるのかについて解説します。

事前に読みたい⇒【簡単図解】エンジニアの仕事内容をわかりやすく解説!工程・職種・企業の3要素からみる仕事の違い|就職・転職者職業ガイド

1-1. 転職・就活では大手ほど適性検査や性格診断が実施される

ITエンジニアの転職や就活では、「適性検査」や「性格診断」が選考過程で行われることがあります。

特に大手企業では、多数の応募者をふるいにかけるため実施されることが多いです。

ITエンジニアに向いている人は「コツコツした作業や論理的な思考が得意」といったような、人柄や性格の特徴がみられます。

企業適性検査や性格診断により、就活生や転職者がITエンジニアに向いている人柄・性格なのかを入社前に判断し、入社後の離職率を下げたいと考えているのです。

例えば

  • ・設計書通りにプログラミングを行い不具合があったら修正するという作業が、想像よりも地道で性格的に向いていなかった
  • ・論理的に考えるのが苦手で、プロジェクトで発生した問題の解決に時間がかかりすぎて嫌になった

といったような理由で、ITエンジニアとして入社したにも関わらず早期に離職してしまう人もいます。

適性検査・性格診断で、事前にITエンジニアへの向き不向きが判断できれば、このような入社後のミスマッチによる離職を防ぐことができます。

そのため、企業は客観的に就活生や転職者の特徴を判断するために、適性検査・性格診断を重要視しているのです。

ITエンジニアの適性検査とは?就活・転職者が知っておくべきCAB検査の内容も解説|エンジニア転職ガイド

2024.05.31

1-2. インフラエンジニアと開発エンジニアで適性が異なる

企業は採用の選考過程で行った適性検査や性格診断の結果を活かし、社員が能力を最大限に発揮できる人材配置を行っています。

なぜなら、ITエンジニアの場合「インフラエンジニア」と「開発エンジニア」で適性が異なるからです。

特に新卒社員の場合、実務の実績や経歴といった判断材料がないため、適性検査や性格診断をより重視する傾向があります。

インフラエンジニアに向いている人と開発エンジニアに向いている人の特徴を、いくつか例として挙げてみます。

【インフラエンジニアに向いている人】

  • 細かい作業が得意な人
  • 単調な作業も集中力を切らさず行える人
  • 責任感が強い人

【開発エンジニアに向いている人】

  • ものづくりが好きな人
  • 最新技術を勉強し続けられる人

上記のような適性の違いがあることから「就活生や転職者と企業・仕事内容とのミスマッチを防ぐ」「最適な人材配置を行なう」ために、企業は適性診断や性格診断を実施することが多くなっているのです。

企業にとって適性診断や性格診断を実施することは、採用の失敗を防ぐことができるというメリットがあります。

しかし、適性というのはあくまで企業が設けている指標であり、実際に働いてみなければ就活生や転職者の適性の真偽はわからないのも事実です。

仮に、適性診断や性格診断の結果が芳しくなかった場合でも就活・転職を諦める必要はありません。

就活生や転職者は、適性診断や性格診断の結果を鵜呑みにせず、自己分析の1つとして活用すべきです。

2. 人事が欲しがるITエンジニアに適した性格と能力

実際に採用を行う企業の人事は、どのような能力・性格を持った人材を求めているのかを紹介します。

2-1. ITエンジニアに求められる能力

ITエンジニアに求められる能力は、下記の通りです。

  • コミュニケーション能力
  • ・情報収集能力
  • ・タスク管理能力
  • ・論理的思考力
  • ・忍耐力

ITエンジニアになればプログラミング等のスキルが必要ですが、基本的な「コミュニケーション能力」や「情報収集能力」があれば、スキルのキャッチアップも早くなります。

プロジェクトを期日通りに完了させるためには、タスクを洗い出し優先順位を決めて完了させる、「タスク管理能力」も重要になります。

論理的思考力」は、プログラミングを行なう際や開発中に発生した問題解決の際に必要とされます。

加えて、システム開発の工程はスムーズに進むことは少なく、問題が発生する場面も多々あります。

そのような場面でも諦めずに最後までやり遂げる「忍耐力」がなければ、ITエンジニアとして仕事を継続するのは難しかったりします。

しかし、上記で挙げた能力を持っていれば、ITエンジニアとしてのスキルを習得しやすいため、未経験でも歓迎される要因になります。

未経験でもITエンジニアになれるチャンスはあるということだね。

2-2. ITエンジニアによくみられる性格

ITエンジニアとして活躍する人によくみられる性格は、下記の通りです。

  • ・細かい作業が好きで几帳面
  • ・1つのことに集中するのが苦にならない
  • ・いつも考え事をしている
  • ・冷静沈着で物事を俯瞰してみる
  • ・周囲への気配りが得意

ITエンジニアの仕事は、設計やプログラミングの細かいミスが大きな問題になることもあります。

細かい作業が好きで「几帳面な人」は業務を正確に遂行できます。

また、細かい作業を長時間行なうため、「高い集中力を持っている」こともITエンジニアとして活躍するには重要です。

いつも考え事をしていて思慮深く、冷静沈着で「物事を俯瞰してみることができる人」もITエンジニアには多い傾向があります。

加えて、デスクワークだけでなく、チームで仕事を行なうことも多いため、「周囲への気配り」ができ、どんな相手でも適切なコミュニケーションを取れる人もITエンジニアとして活躍できるタイプです。

ITエンジニアになることを検討している場合は、自己分析を行い、上記の性格の中で自身の性格に当てはまっている点と相違している点を把握しておくことをおすすめします。

それらを把握することは、自身がITエンジニアに向いているかどうかを見極める指標になります。

自己分析は、客観的な視点で行なうことが重要です。

「周囲に相談できる人が居ない」「家族に相談するのが恥ずかしい」と悩む人もいますが、これらは正しい自己分析を行なう弊害となってしまいます。

弊社ユニゾンキャリアでは、IT専門の転職・就活支援サービスを行っています。

専任のアドバイザーが、あなたの自己分析を徹底サポートし、ITエンジニアとしての転職を成功に導きます。

ご相談から内定まで「完全無料」で利用できるため、お気軽にお問い合わせください。

\Google口コミ★4.8の安心サポート/

ユニゾンキャリアに相談する

大量応募・大量面接の物量押しは致しません

3. 転職者からみるITエンジニアの向き不向き

実際の転職者の傾向からみた、ITエンジニアに向いている人・向いていない人の特徴を紹介します。

3-1. ITエンジニアに向いている人の特徴

ITエンジニアへ転職するのに向いている・転職で成功する人の特徴は下記の通りです。

  • ・気さくでエネルギッシュ
  • ・ビジネスマナーがあり、気配りができる
  • ・素直な努力家で新しいことが好き
  • ・比較や分析が得意でアナリティカル
  • ・丁寧に物事を進められてミスが少ない

未経験でITエンジニアへ転職成功した友人の例を紹介します。

友人は、前職はアパレル販売員でIT系の知識は全くありませんでした。

しかし、彼は素直で何事にもチャレンジし努力家な性格で、アパレル販売では売り上げに大きく貢献し副店長に昇格出来た実績があることから、面接でアピールすることに成功。

結果として未経験からITエンジニアに転職成功し、今はさらなるキャリアアップを目指しながらエンジニア生活を送っています。

転職成功者の特徴を挙げると意外にも多種多様なことが分かります。

しかし、ITエンジニアに向いている人の特徴として最も重要なのは「前向きに物事を考えていること」が私の見解です。

エンジニアに向いている人の性格や特徴を解説!転職で注意すべきこと|就職・転職者職業ガイド

2024.05.31

3-2. ITエンジニアに向いていない人の特徴

逆に、ITエンジニアへ転職するのに向いていない人の特徴は下記の通りです。

  • ・物事に対して否定的な思考を持っている
  • ・独断や偏見を強く持っている
  • ・自分ファーストな考え方をしている
  • ・自信がないといって行動に移せない
  • ・他者の意見を受け入れようとしない

ITエンジニアへの転職が成功するかしないかは、気持ちが前向きか、後ろ向きかが明暗を分けます。

物事に対し否定的だったり、柔軟に新しいものを取り入れられなかったりすると、最新技術に取り残されてしまうことになります。

未経験からITエンジニアになる場合は、なおさら日々学ばなければいけないことが多く、新しい物事を受け入れられないと成長が難しいといえます。

物事に対して後ろ向きな人やこだわりが強い人は、ITエンジニアの転職で苦労することが多いのが事実です。

特に、ITエンジニアになって成功するかどうかに大きく直結するのが、自分の損得ではなく、他人の視点で物事を考え周囲に貢献できるタイプかという点です。

仕事に前向きに取り組むためには、自身の気持ちを明確にする必要があります。

そのために、ITエンジニア職という枠よりも「自分が何を実現したいか」「何を我慢できるのか」を改めて探ることをおすすめします。

エンジニアに向いていない人の特徴とは?理由や対処法から改善策まで解説|就職・転職者職業ガイド

2024.05.31

4. 努力やマインドセットで適職になるという真実

向いていないかもしれないと思う職種でも、努力やマインドセット次第で適職になる可能性はあります。

はじめから適職に就くことができる人は、世の中でもごく僅かです。

近年転職をする人が増えているのは、多くの人が自身に合った仕事を探しているからです。

弊社ユニゾンキャリアができることは、あくまで転職をサポートし適職を見つけるチャンスを作ることです。

正直にいえば、ITエンジニアへの転職希望者でも、ITエンジニアには向いていないのでは?と感じるケースもあります。

しかし、そのような人でも「ITエンジニアに転職したい」という熱意から後で見違えるほど変わるのはよくあることです。

本人になぜ転職で成功したかを聞くと、転職で掴んだチャンスをムダにしたくないと必死に頑張って努力したといいます。

今ではエンジニアの仕事が楽しくて仕方がないと語ってくれたりします。

現在はITエンジニアに向いていないと感じていたとしても、入社後の行動や心の変化で適職になる可能性はあります。

向いている」「向いていない」という曖昧な判断軸よりも、自身がその仕事に前向きに取り組めるかが最も重要ということです。

ITエンジニアは給料も高く、スキルが身に付けば安定性も高いおすすめの職業です。

ITエンジニアになりたいという強い思いがあれば、前向きにチャレンジしてみてください。

5. ITエンジニアになるならユニゾンキャリアの安心サポート

ITエンジニアを目指す方は、ぜひ弊社ユニゾンキャリアの転職支援サービスをご活用ください。

サービスの特徴と、サービス利用者の体験談を紹介します。

5-1. ユニゾンキャリアのサービス特徴

ユニゾンキャリアは、IT・WEB業界特化型の転職支援サービスです。

専任のアドバイザーは全員IT業界を知り尽くしたプロ集団で、今まで数々の転職支援のノウハウを元に、あなたの理想の働き方やキャリアを叶えるお手伝いをします。

転職を強制することはありませんので、ITエンジニアに興味があり仕事内容や働き方を具体的に知りたいといった段階でも、お気軽にご相談ください。

面談を通して「どのようなキャリアを描いていきたいか」「そのためにどのようなスキル・経験を積んでいく必要があるのか」を明確にしていきます。

求人紹介においては、転職後のミスマッチが発生しないよう、ポジションの適性だけでなく企業文化とフィットするかという点まで配慮します。

転職活動を進める際は、選考書類の作成・面接対策など徹底的にサポートしておりますので、不安な点は何でもご相談ください。

5-2. ユニゾンキャリアの転職者体験談

弊社ユニゾンキャリアで転職を成功させた方の体験談を紹介します。

事例紹介:「PCをほぼ触ったことありませんでした…」完全未経験からエンジニアに転職成功|年収100万以上アップ!

転職成功者プロフィール

氏名:F.Mさん

年齢:25歳

性別:男性

前職:レストランのホールスタッフ

職種:クラウドエンジニア

IT業界未経験からクラウドエンジニアへの転職を果たした率直な感想を伺いました。

─ITエンジニアになろうと思ったきっかけを教えてください

正直に言ってしまうと、お金が稼げる!と思ったからですね(笑)

転職を考えたときに、稼げる職業って何があるんだろうと思って検索したときに出てきたのが、ITエンジニアだったんです。

そこからITエンジニアについて調べたときに面白そうな職業だな、と感じてより志望度が高まっていきました。

─転職活動時に不安だったことはありますか?

IT業界は完全未経験で、PCすら全く触ったことがなかったので、不安しかなかったです。

開発とかインフラも何が何だか分からない状態で、そもそも何が分からないのかも分からない状態でした。

そんな状態だったので、どんな企業を選べばいいのか判断もつかず…ユニゾンさんに教えてもらってはじめて、IT業界のことを知りました。

あのまま何も知らずに転職活動を続けていたら、ITエンジニアになれていなかったかもしれません…。

─ユニゾンキャリアを利用してどう思いましたか?

あまりにも手厚い対応過ぎて、お金を取られるんじゃないかとビクビクしていました(笑)

「こんなことまでしてもらっていいの?!」って思うくらい真摯に向き合っていただいて…本当に佐瀬さんに感謝しています。

何より無料でスクールを利用できるのが良かったですね。実機に触れる環境もあるので、より頑張って勉強できました。

これからも、仕事やキャリアについて迷うことがあればユニゾンさんに頼ろうと思っています。

その他のインタビューもみたい方はこちら⇒IT・Web・ゲーム業界への転職に成功した方のインタビュー

弊社ユニゾンキャリアでは、IT専門の就活・転職支援サービスを提供しています。

専任のアドバイザーが、あなたの性格やスキルに合ったエンジニアの職種選びから転職後のキャリアプランまで並走してサポートします。

完全無料」でご利用できますので、お気軽にお問い合わせください。

\Google口コミ★4.8の安心サポート/

ユニゾンキャリアに相談する

大量応募・大量面接の物量押しは致しません

このようなことで
悩まれています。

お悩み1

今の世の中に不安がありませんか?

「スキル身につけたい…」「安定したい…」
スキルをつけれる厳選な求人を紹介!

お悩み2

現在の会社で年収上がるビジョンが見えない

「年収が低すぎる…」「年収をアップさせたい…」
年収の高い企業に入社すべき!

お悩み3

ワークライフバランスを整えたい

「残業なしがいい」「週3,4日で働きたい」
ITエンジニアはスキルを磨けば仕事は選べます!

簡単30秒

まずは気軽にWebで無料相談

コンシェルジュ

こんにちは!
はじめに職歴をお聞かせください。

この記事の監修者

監修者画像

エンジニア

土肥 将司

大学卒業後、新卒で不動産会社に就職。その後23歳で開発エンジニアにキャリアチェンジし、3年間大手Slerにて様々な開発に携わる。その後、インフラストラクチャー企業にて人材コンサルタントとして経験を積み、株式会社ユニゾン・テクノロジーを創業。現在の代表取締役

おすすめ記事

Recommended Articles

成功者インタビュー

岩崎友哉様インタビュー

転職で年収アップに
成功した方

年収UP

【年収150万円UP】大手自社開発企業でリモートワーク!とても良い環境で働けています

転職

槇原さまインタビュー_アイキャッチ

未経験から転職成功事例

年収UP

「PCをほぼ触ったことありませんでした…」完全未経験からエンジニアに転職成功|年収100万以上アップ!

転職

枌夏月様インタビュー

SES企業からキャリアアップ

キャリアアップ

SES企業から独立系SIerにキャリアアップ!仕事の幅を広げて、更なるグロースを目指す

転職

森崎圭介様インタビュー

未経験から転職成功事例

未経験

【販売職からエンジニア】 2ヶ月間の充実した研修内容が入社の決め手に!

転職

石井颯一様インタビュー

未経験

文系からITエンジニアに!理系科目が苦手でITスキルも無い状態から内定を獲得しました

就活

冨田瑠南様インタビュー

未経験から転職成功事例

未経験

【完全未経験からエンジニア】キャリアアドバイザーと二人三脚で内定獲得!

転職

関連記事

人気の記事一覧