無料相談はこちら

チャットでアドバイザーに
相談してみる

目次に戻る 目次に戻る
ユニゾンキャリア バナー

Linuxエンジニアを徹底解説!仕事内容や必要なスキルを紹介

エンジニア
Linuxエンジニアを徹底解説!

Linuxエンジニアの仕事内容は?

Linuxエンジニアになるためには何をすればいいんだろう?

✓本記事の流れ 

  • ・Linuxエンジニアとは 
  • ・Linuxエンジニアの仕事内容を解説 
  • ・Linuxエンジニアになるために必要なスキルを紹介 

エンジニアのひとつに、Linuxを専門に扱うLinuxエンジニアがいます。しかし、どのような業務を行っているのか具体的に想像がつかない人がいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事では、Linuxエンジニアの仕事内容とメリット、必要なスキルを紹介しています。また、Linuxエンジニアになるためにやるべきことを分かりやすく解説しています。 

Linuxエンジニアを目指している方や興味がある方は、是非参考にしてください。 

また、以下の記事ではそもそもエンジニアとは何なのかについて詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

【図解付き】エンジニアとは?職種・種類・仕事内容・ITエンジニアの適性までわかりやすく完全網羅!

1.Linuxエンジニアとは? 

Linuxエンジニアはどのような仕事をしているのでしょうか?そもそも、LinuxとはどんなIT技術なのでしょうか?

ここでは、Linuxエンジニアの特徴やLinuxという技術について解説していきます。

1-1.Linuxエンジニアとはどんな職業?

Linuxエンジニアはネットワーク環境の構築などを担当するインフラエンジニアの職種の1つとして知られています。

世界的シェアを誇るOSであるLinuxを用いた環境にて、Linuxサーバーの設計〜運用・保守までを行うエンジニアのことを指します。

ITインフラの開発現場でLinuxが多く利用されていることから、Linuxエンジニアの需要は高いといえるでしょう。

1-2.Linuxとは 

Linuxとは、1991年にリーナス・トーバルズによって開発されたOS(オペレーティングシステム)です。

インターネット上で無料公開されて以来、さまざまな開発者によって人の役に立つシステムが開発されていきました。

現在では主に組み込み技術やWebサーバーのOSとして使用されることが多く、プログラミング言語との相性や近年注目されている「IoT」分野などで活躍しているOSです。

またクライアントOSとしての機能はもちろん、サーバーOSとして利用できることから、様々な開発現場でLinuxのシェアが広がっています。

1-3.Linuxの特徴 

Linuxはオープンソースという大きな特徴があり、無料で利用できることから誰でも開発を行うことが可能です。

そのため、大手企業だけでなく個人でもLinuxを用いた開発を行えるため、さまざまなシステム開発を容易にしています。

また、企業ではそのような経験を持つLinuxエンジニアを求める動きが活発になってきており、需要が高まっています。

インフラ系をはじめさまざまな場面で活躍しやすいLinuxを使えるようになると、市場価値の高いエンジニアになれるでしょう。

2.Linuxエンジニアの仕事内容・年収 

ここからは具体的な仕事内容と年収について解説していきます。

Linuxエンジニアを目指したい方なら特に気になる点だと思うので、しっかり確認していきましょう。

2-1.Linuxエンジニアの仕事内容 

Linuxエンジニアとしての主な仕事は、Linuxサーバーの要件定義・設計・構築・テスト・運用・保守を行うことです。

他のエンジニアと同様に、プロジェクトごとに何人かのエンジニアでチームを組んで仕事を行います。

要件定義や設計工程は上流工程として位置づけられており、クライアントと会議を行いながらプロジェクトの方針や要件定義を行っていきます。

構築〜保守工程は上流工程にて決まった要件のもと実際に開発を進めていき、安定した運用ができるところまで落とし込んでいきます。

一般的に経験が浅いエンジニアは下流工程である運用・保守業務を任されることが多いです。

2-2.Linuxエンジニアの年収

マイナビエージェントの職種別年収ランキングによると、Linuxエンジニアを含むサーバーエンジニアの平均年収は465万円となっています。

IT業界の中では平均的な年収といえますが、能力次第ではより高い年収をもらうこともできるでしょう。

また、国税庁の調べによると日本全体の平均年収は461万円のため、サーバーエンジニアのほうが平均年収は高いといえます。

【関連記事】ITエンジニアの平均年収ランキング!給料アップ法なども紹介

3.Linuxエンジニアになるメリット3選

Linuxエンジニアとして働くとどのようなメリットがあるのか知りたい方も多いのではないでしょうか。

ここでは、具体的なメリットとして以下の3つをご紹介するので参考にしてみてください。

Linuxエンジニアのメリット

  • ・Linuxエンジニアは需要が高い
  • ・幅広い分野で活躍が期待できる
  • ・成長性がある

3-1.Linuxエンジニアは需要が高い

LinuxはWindowsなどのOSよりも運用コストが低いことから世界的にシェアが広がっており、Linuxを扱える人材はあらゆる場面で求められます。

また、インフラエンジニアの観点から見ても、ITインフラはIT業界には欠かせない存在であり、今後も必要とされるエンジニアです。

そのため、Linuxエンジニアの需要は高い状態を維持し続けるでしょう。

また、Linuxに加えてインフラ系で役に立つスキルや知識を持っているエンジニアになればさらに重宝される人材として扱われるでしょう。

【関連記事】ITエンジニアの需要は低い?将来性の高いエンジニアの種類を解説

3-2.幅広い分野で活躍が期待できる

2つ目のメリットは、LinuxエンジニアになることでIT業界においてあらゆる分野で活躍することができることです。

前述したようにインフラ関連はもちろん、Web関係や組込みシステムといったさまざまな場面で利用されているOSとなっています。

最初はインフラ系のLinuxエンジニアとして働いて、その後別の分野に進むということも可能です。

Linuxを開発環境に取り入れている企業は今後も増えていく可能性が高いため、仕事がなくなるということはありません。

そのため、スキルを武器に転職ができる点は大きなメリットといえるでしょう。

3-3.成長性がある 

Linux自体に成長性があることもメリットの1つといえます。

サーバーなどのインフラ関連だけでなく、家電機器や情報端末、医療機器などの組み込みOSとして利用されることが増えてきています。

また、2020年のLinuCではクラウド関連の分野も試験範囲に含まれるようになりました。

クラウド技術者は今後さらに需要が高まる技術と言われており、Linuxの知識やスキルがあればクラウド関連の分野でも活躍できる可能性があります。

よりLinuxが開発環境で使われるようになれば、Linuxエンジニアはより求められやすくなるでしょう。

【関連記事】エンジニアとして成長するには?7つの成長方法や勉強方法などを解説

4.Linuxエンジニアになるために必要なスキル 

Linuxエンジニアになるためには当然のことながら該当する知識やスキルがないとなれません。

ここでは、主に求められる以下のスキルを詳しく解説していきます。

Linuxエンジニアの必要スキル

  • ・Linuxについての専門知識 
  • ・インフラ開発に関する幅広いスキル
  • ・プログラミングに関する知識
  • ・マネジメントスキル
  • ・コミュニケーションスキル

4-1.Linuxについての専門知識 

1つ目に求められるスキルはLinuxに関する専門知識といえます。

Linuxに関するIT技術は膨大な量があるため、まずは基本的な部分から学習していき、徐々にLinuxに関する専門的な知識を身に着けていくといいでしょう。

また、Linuxの知識やスキルが身に付いているかは専用の資格試験で確かめることができます。

資格を取得して客観的にスキルがあることを証明することによって、将来的に転職を行う際に有利になることがあります。

今後のキャリアビジョンを考えながら、資格取得などを視野に入れてLinuxのスキルを磨いていきましょう。

4-2.インフラ開発に関する幅広いスキル 

LinuxエンジニアはITインフラに携わる仕事を行うため、インフラ開発に関わる知識やスキルを身に付けることは重要です。

具体的には以下のインフラ系スキルを学習するといいでしょう。

  • ・サーバー関連の知識とスキル
  • ・ネットワーク関連の知識とスキル
  • ・セキュリティに関する知識
  • ・インフラ設計に関する知識
  • ・仮想化に関する知識

いきなりLinuxエンジニアとして未経験から入るのではなく、インフラエンジニアとしてキャリアを積んでからキャリアアップを行うことも可能です。

インフラエンジニアも実務の中でLinuxを使う機会が多いため、インフラエンジニアを経験することでスムーズにスキルアップできるでしょう。

4-3.プログラミングに関する知識

Linuxを扱うLinuxエンジニアには、プログラミングの知識は必要ないと考える方もいるかもしれません。

しかし、プログラミング言語に精通していると業務の効率化を図れるようなツールを開発することができるため、エンジニアとしての市場価値を上げることにも繋がります。

プログラミングの知識をつけておくとキャリアチェンジの際にも役立つので、損はない知識です。

【関連記事】エンジニアにおすすめのプログラミング言語は?需要の高い言語も解説

4-4.マネジメントスキル

マネジメントスキルは、Linuxエンジニアとしてキャリアアップしていく上で必ず必要になるスキルです。

Linuxエンジニアやインフラエンジニアは、下流工程からスキルや経験を身に付けていくことによって、将来的には上流工程の仕事やプロジェクトマネージャーといった管理職まで様々なキャリアパスを目指すことができるようになります。

その際に求められるのがマネジメントスキルです。

具体的にはタスクの管理やプロジェクトに参画しているエンジニアのスケジュール管理など、プロジェクトを成功に導くための能力が求められます。

マネジメントスキルはいきなり身に付くものではないため、まずは上司を見てスキルを吸収するなどを行いながら、マネジメントについて学ぶとよいでしょう。

【関連記事】エンジニアにおけるマネジメントとは?読むべきマネジメント本も紹介

4-5.コミュニケーションスキル 

コミュニケーションスキルはLinuxエンジニアだけでなく、ITエンジニアとして働く上で必ず必要とされるスキルです。

エンジニアはプロジェクトメンバーやクライアントとコミュニケーションを取る機会が多くあります。

この際にコミュニケーションスキルがないと意思疎通がうまくいかないため、メンバー間での伝達ミスなどのミスが多くなっていきます。

プロジェクトを成功に導くためにも、大切なスキルと言えるでしょう。

【関連記事】エンジニアにおけるコミュニケーションの重要性とは?

5.未経験からLinuxエンジニアになるには 

ここからは、未経験からLinuxエンジニアになるためにどのような勉強をすればいいのかご紹介していきます。

方法としては、独学とスクールを利用することの2点あります。

詳しく掘り下げていくので、どちらの方法を取ろうか悩んでいる方は必見です。

5-1.独学で学習する 

独学でLinuxの学習をするメリットは、主に以下の通りです。

  • ・自分のペースで勉強できる
  • ・自分の計画通りに勉強を進められる
  • ・自分で参考書などを選べる

独学による勉強は全て自分で決められることが大きな特徴であり、自分のペースでLinuxやプログラミングの学習を進められます。

その一方で、自分で計画して勉強を進めていかないとスキルが身に付かず、また挫折する可能性が高いというデメリットがあります。

スクールなどを利用するよりも費用を抑えられるので、なるべくお金をかけず、自力でLinuxエンジニアになりたい方におすすめです。

【関連記事】未経験から独学でITエンジニアになるには何を勉強すればいい?

5-2.スクールに通って学習する 

スクールを利用してLinuxのスキルを学ぶメリットは以下の通りです。

  • ・効率よく学ぶことができる
  • ・講師にわからないところを質問できる
  • ・学習計画を立てなくてよい

スクールの大きなメリットとして、挫折しにくい点が挙げられます。

わからないことがあっても講師に直接質問できるなど、わからないことで躓く頻度を減らせるため、勉強を続けやすいです。

その一方で、スクールには高い費用がかかる点がデメリットとして挙げられます。

もしスクールの利用を考えている方は、費用やカリキュラムをしっかり確認した上で、自身に合うスクールを選択してください。

中には、無料で利用できるITスクールもあります。

5-3.資格取得の学習をする 

Linuxエンジニアを目指す上で、必要な知識を取得するためには資格取得の勉強も有用です。

主におすすめの資格は以下の通りです。

Linuxエンジニアおすすめ資格

  • ・LinuC
  • ・LPIC

それでは、それぞれの試験の概要や特徴を見ていきましょう。

LinuC

LinuCは「日本市場に最適化した試験&運用サービス」をスローガンに開発されたLinux技術者試験で、日本市場のニーズに合うように試験が作られています。

認定効力は日本でのみ有効であり、日本でLinuxエンジニアになるならLinuCの取得をおすすめします。

日本の市場で求められるLinuxの技術を学ぶことが可能であり、Webサイトも日本人がわかりやすいように設計されています。

未経験でLinuxの試験を受けたいならLinuCから受けるとよいでしょう。

LPIC

LPICはLinuC同様にLinux技術者試験として知られており、LinuCとの大きな違いは認定効力の範囲となっています。

LinuCは日本でのみその効力を果たしますが、LPICは国際的なLinux技術者試験として世界180ヵ国・9言語にて効力があります。

そのため、認定を受ければLinuxを扱う外資系企業などの転職にも役立つでしょう。

Linuxに関する総合的な知識やスキルを勉強できるため、Linuxエンジニアとして活躍したいならどちらか一方の試験に挑戦してみることがおすすめです。

また、以下の記事ではエンジニアにおすすめの資格について詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

【資格17選】ITエンジニアにおすすめの最強資格!初心者向けに徹底解説

6.Linuxエンジニアを目指すなら転職エージェントを活用しよう 

Linuxエンジニアをはじめエンジニア職は専門性が高いことで知られており、一般的な転職エージェントだと情報が十分に得られないこともあります。

そのため、転職エージェントを利用する場合は、IT業界を専門とする転職エージェントの利用をおすすめします。

ユニゾンキャリアは未経験からエンジニアを目指す方へのサポートに特化した、IT業界専門の転職エージェントです。

キャリアアドバイザー全員がITに精通しており、専門的な目線と知識からLinuxエンジニアになるためのアドバイスが行えます。

Linuxエンジニアに関する求人もあるため、Linuxエンジニアに転職したいけどどうしたらよいか困っている方におすすめです。

弊社ユニゾンキャリアはIT専門の転職支援サービスを行っています。

元エンジニア出身の転職アドバイザーが多数在籍しているため、あなたに合ったキャリアプランからご提案します。

転職で失敗したくない、エンジニアとして成長できる環境にいきたいという方はお気軽にご相談ください。

ご相談から内定まで「完全無料」でご利用できます。

\ご相談から内定まで「完全無料」/

ユニゾンキャリアへ相談する?

ミスマッチを防ぐ企業をご提案します

7.まとめ:Linuxエンジニアに転職をするためにはしっかりと対策をしよう

Linuxエンジニアとは主に以下のようなエンジニアのことを指します。

Linuxエンジニアの特徴

  • ・インフラエンジニアの一種
  • ・Linuxに特化した知識やスキルを持っている

基本的な業務内容はインフラエンジニアに似ており、Linuxを駆使して仕事をすることになるでしょう。

また、Linuxエンジニアを目指すなら以下のスキルを取得することが大切です。

Linuxエンジニアに必要なスキル

  • ・Linuxについての専門知識
  • ・インフラ開発に関する幅広いスキル
  • ・プログラミングに関する知識
  • ・マネジメントスキル
  • ・コミュニケーションスキル

上記スキルを身に付けておくとLinuxエンジニアとして市場価値の高い人材になることが可能です。

未経験からLinuxエンジニアを目指す場合は、まずはインフラエンジニアとしてスタートしたり、独学でスキルを身に着けたりした後、IT専門の転職エージェントを使ってスムーズに転職する方法がおすすめです。

弊社ユニゾンキャリアはIT専門の転職支援サービスを行っています。

元エンジニア出身の転職アドバイザーが多数在籍しているため、あなたに合ったキャリアプランからご提案します。

転職で失敗したくない、エンジニアとして成長できる環境にいきたいという方はお気軽にご相談ください。

ご相談から内定まで「完全無料」でご利用できます。

\ご相談から内定まで「完全無料」/

ユニゾンキャリアへ相談する?

ミスマッチを防ぐ企業をご提案します

このようなことで
悩まれています。

お悩み1

今の世の中に不安がありませんか?

「スキル身につけたい…」「安定したい…」
スキルをつけれる厳選な求人を紹介!

お悩み2

現在の会社で年収上がるビジョンが見えない

「年収が低すぎる…」「年収をアップさせたい…」
年収の高い企業に入社すべき!

お悩み3

ワークライフバランスを整えたい

「残業なしがいい」「週3,4日で働きたい」
ITエンジニアはスキルを磨けば仕事は選べます!

簡単30秒

まずは気軽にWebで無料相談

コンシェルジュ

こんにちは!
はじめに職歴をお聞かせください。

この記事の監修者

監修者画像

エンジニア

土肥 将司

大学卒業後、新卒で不動産会社に就職。その後23歳で開発エンジニアにキャリアチェンジし、3年間大手Slerにて様々な開発に携わる。その後、インフラストラクチャー企業にて人材コンサルタントとして経験を積み、株式会社ユニゾン・テクノロジーを創業。現在の代表取締役

おすすめ記事

Recommended Articles

成功者インタビュー

岩崎友哉様インタビュー

転職で年収アップに
成功した方

年収UP

【年収150万円UP】大手自社開発企業でリモートワーク!とても良い環境で働けています

転職

槇原さまインタビュー_アイキャッチ

未経験から転職成功事例

年収UP

「PCをほぼ触ったことありませんでした…」完全未経験からエンジニアに転職成功|年収100万以上アップ!

転職

枌夏月様インタビュー

SES企業からキャリアアップ

キャリアアップ

SES企業から独立系SIerにキャリアアップ!仕事の幅を広げて、更なるグロースを目指す

転職

森崎圭介様インタビュー

未経験から転職成功事例

未経験

【販売職からエンジニア】 2ヶ月間の充実した研修内容が入社の決め手に!

転職

石井颯一様インタビュー

未経験

文系からITエンジニアに!理系科目が苦手でITスキルも無い状態から内定を獲得しました

就活

冨田瑠南様インタビュー

未経験から転職成功事例

未経験

【完全未経験からエンジニア】キャリアアドバイザーと二人三脚で内定獲得!

転職

関連記事

人気の記事一覧