無料相談はこちら

チャットでアドバイザーに
相談してみる

目次に戻る 目次に戻る
ユニゾンキャリア バナー

【例文7選】インフラエンジニアの志望動機の書き方を未経験向けに解説

インフラエンジニアの志望動機

未経験でインフラエンジニアの志望動機の書き方がわからない…

例文があれば知りたい…

年間1000名以上の方をインフラエンジニアとしての転職に成功させている実体験を基に、志望動機の書き方のコツをご紹介します。

中途・新卒採用どちらにも活用できる例文もご紹介するので、ぜひご自身の転職・就職活動に活用してみてください。

そもそもインフラエンジニアとは何かということにつて知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

インフラエンジニアとは?仕事内容をわかりやすく解説! 

また、インフラエンジニアへの転職・就職活動の進め方自体でお悩みの方は、こちらの記事で就職・転職方法を確認してみてください
【→関連記事:インフラエンジニアへの転職の秘訣3選!大手企業の求人情報も紹介

ただ、志望動機の作成や面接対策などの選考対策を一人で行うのは大変ですよね。

そこで、選考対策を後回しにしている方にはIT就活・転職のプロに相談することをおすすめします。

IT就活・転職のプロに相談すれば、志望動機の作成から面接対策まで内定を獲得するためのサポートを無料で受けることができます。

特にユニゾンキャリアGoogle口コミ4.9でユーザー満足度97%であるため、就活・転職で困っている方は利用するのがおすすめです。

下のバナーから、たった30秒で無料登録できます。

\就活・転職活動が面倒なあなたに!/

IT系のバナー㉞

目次

1.インフラエンジニアの志望動機例文7選

インフラエンジニアの志望動機の例文をご紹介します。

インフラエンジニアの志望動機とは、エンジニアを志望する理由とは異なる書き方をしないといけません
【→関連記事:【未経験者必見】ITエンジニアの志望動機例文9選!書き方のコツも解説

志望動機の書き方に困っている人は例文をそのまま使用していただいても大丈夫です。

志望動機は面接でも必ず聞かれますので、回答できるようにしておきましょう。

例文を用いて志望動機を書く上でひとつ注意点があります。

志望動機は、インフラエンジニアの仕事内容を理解していなければ書くことできません。

まずはインフラエンジニアの理解を深めましょう。

1-1.志望動機例文①【研修制度×キャリアプラン】

例文①は「研修制度」と「キャリアプラン」を理由にした志望動機です。

✓志望動機例文①

貴社を志望した理由は2点ございます。1点目は研修制度が充実している点です。

私はインフラエンジニアとしてキャリアを積んでいきたいと考えており、研修で「ネットワーク」と「サーバー」を学べる部分に魅力を感じております。

さらに座学研修だけでなく、プロジェクトを想定した研修もあるので、技術を身に付けやすいと感じました。

また、貴社には資格取得をサポートしていただける制度があるため、自身のスキルを向上しやすい環境であり、しっかりとキャリアを積んでいくことができる会社だと確信いたしました。

もう1点はインフラエンジニアのキャリアモデルが明確になっている点です。

ホームページを見た際に、未経験からのキャリアステップが明確化されており、未経験でも確実にキャリアを築ける部分に魅力を感じました。

また、私は将来的にはクラウド(AWS)の技術も身に付けていきたいと考えているため、クラウドにも力を入れている貴社であれば自分自身成長できると思い志望しました。


例文①は企業が求めている人物像が「クラウドエンジニア」のため、企業に合わせて自身の将来像をアピールしています。

1-2.志望動機例文②【企業の強み】

例文②では「企業の強み」を志望動機の理由としています。

✓志望動機例文②

貴社を志望した理由は2点ございます。1点目はインフラに特化している企業だからです。

ネットワーク、サーバー、セキュリティの技術領域を設計構築から運用まで一貫して行っている事業形態に非常に魅力を感じました。

私はインフラエンジニアとして今後のキャリアを見据えており、御社であれば企画、設計、構築、運用に一貫して携わることができ、いちはやくスキルを身に付けられると考え、志望しました。

また、大手企業様からの信頼がある点も非常に魅力的でした。企業様から継続して依頼を受け続けられるのは、技術力があるのはもちろんのこと、信頼に値する基盤ができあがっている貴社こその強みだと感じました。

貴社に内定をいただいた際は、自身のコミュニケーション能力を活かし、企業様からの信頼を得て、プロジェクトをイチから任せていただける存在になりたいと考えています。


例文②では自身が求めているスキルと企業の強みを合わせて志望動機を作成しています。

企業と求職者の考え方がマッチしているため、良い評価を得られるでしょう。

\企業分析で未経験者の95%以上が内定獲得できているサービス!/

その他のバナー153

1-3.志望動機例文③【研修制度×企業の強み】

例文③では「研修内容」と「企業の強み」を特徴とした志望動機です。

貴社を志望した理由は2点ございます。

✓志望動機例文③

1点目は成長できる環境があることです。貴社で行われる研修を通して、サーバーの実機研修や構築演習、より現場に近いスキルを身につけられる点が魅力に感じました。

さらに、そこで培った技術を活かせる環境が貴社にはあるため、意欲的に取り組むことで、より早い段階から現場で活躍できる点に魅力を感じました。
2点目はプロジェクトでの経験に重きを置いていることです。私自身、2年後には上流工程での設計・構築やクラウドの構築プロジェクトなど、多くの現場で経験を積みたいと考えております。
そのため数多くの案件を持ち、未経験からでも多様なプロジェクトに挑戦できる環境にとても魅力を感じております。

さらに貴社で導入されているE-larning制度を活用することで、常に技術向上に取り組み、いち早く上流工程でプロフェッショナルなエンジニアを目指していきたいと考えております。

 

\企業分析で未経験者の95%以上が内定獲得できているサービス!/
IT系のバナー124

1-4.志望動機例文④【企業理念×自社サービス】

例文④は「企業理念」「ビジョン」「自社サービス」を理由とした志望動機です。

✓志望動機例文④

貴社を志望した理由は2つあります。まずはユーザー目線で課題を解決していく姿勢です。
私は技術を追求し、顧客の課題を解決していくことを一番の目標にしているため、顧客第一主義を掲げて顧客の視点に立ち、高い技術力で高水準のサービスを提供している貴社に惹かれました。

私もぜひその一翼を担いたいと考えており、提案から運用まで幅広い工程に携われる貴社において、自身のスキルを活かし、ユーザーにより良いサービスをお届けしていく所存です。
もう一つの理由は、自社サービスを展開している点です。


貴社のサーバー「監視ツール○○」という独自のサービスに惹かれ、私も他社では経験できない自社事業に携わりたいと考えております。
請負事業にとどまらず、サブスクリプションでも業績を伸ばし続けており、多くのユーザーの方から信頼を得ている点は貴社ならでの魅力だと考えております。

1-5.志望動機例文⑤【企業の強み×評価制度】

例文⑤ では「企業の強み」と「評価制度」を理由とした志望動機です。

✓志望動機例文⑤

貴社を志望した理由は、ITの中でも注目を浴びているクラウド技術の最先端に携わることができるためです。次世代に受け継がれるような仕事に携わることで、インフラエンジニアとして技術を極め続けることができる点に惹かれました。

これは「技術者の数」ではなく「技術者のレベル」を重視する貴社ならではの魅力だと考えています。

また、主体性を持って働くことをしっかり評価していただける制度にも魅力を感じました。

資格取得をするなどの能力向上と共に、より高度な技術が身につくプロジェクトにアサインしていただける貴社であれば、やりがいと自信を持ってお客様をサポートしていくことができると確信し志望しました。

1-6.志望動機例文⑥【資格取得制度×キャリアプラン】

例文⑥では「資格取得制度」「キャリアプラン」を理由にした志望動機になります。

✓志望動機例文⑥

社員がスキル向上できる制度が整っている貴社であれば、自らの市場価値を高めて会社に貢献できると考え志望しました。

CCNA取得研修をはじめ、CCNPといった高度な資格に挑戦でき、常にスキル向上を目指せる環境があり、現場だけでなく資格取得にも注力している点は他にはない魅力だと感じました。

私は資格を通して積極的に専門技術を吸収・実践することで、裁量を持ってプロジェクトを遂行していきたいと考えております。

加えて、貴社では入社2年以内にCCNAとCCNPを取得でき、3年後には設計・構築を行い、6年後以降は最先端であるクラウド技術を身につけることができ、未経験からでも上流工程を目指せる点に惹かれました。

資格勉強の結果がキャリアに反映される制度を活かして、意欲的に資格を取得し、目安年数より早く上流工程やクラウド業務を任せていただけるように努力してまいります。

 

\IT企業の面接対策に定評のある完全無料の転職支援サービス!/

その他のバナー153

1-7.志望動機例文⑦【企業の強み×教育制度】

例文➆では「企業の強み」「教育制度」を理由にした志望動機になります。

✓志望動機例文➆

IPネットワークにおいて世界でも有数の技術力をもっている点に惹かれ、貴社を志望しました。

先駆者としてマーケットをリードされており、常にお客様に高品質・高価値のものを提供しようとし続けている姿勢に感銘を受けました。

さらに、自社の製品やサービスも展開し、他社にはないしっかりした基盤を持っている強みはとても魅力的です。

また、教育制度が充実している点がとても魅力的です。入社後には半年から1年にわたりOJTが付いているため、安心してエンジニアのキャリアをスタートできると感じました。

また、E-learningなどを利用して業務時間外でも学習を行なえる教育体制が整っている点にも、とても惹かれました。

私自身、将来的には一つのプロジェクトを任せていただけるプロジェクトリーダーを目指していますので、貴社の教育制度を利用して、マネジメントについても学んでいきたいと考えています。また、入社後には半年から1年にわたりOJTが付いていたり、E-learningなどを利用して業務時間外でも学習を行なえる教育体制が整っているため、安心してエンジニアのキャリアをスタートできると感じました。

私自身、将来的には一つのプロジェクトを任せていただけるプロジェクトリーダーを目指していますので、貴社の教育制度を利用して、マネジメントについても学んでいきたいと考えています。


※注意点

基本的には履歴書に志望動機を記入しますが、ボリュームが多くて記入できない場合は職務経歴書に記入しても問題ございません。

また、面接官に「当社の志望動機を教えてください」と必ず聞かれますので、記入した内容と相違がないようにすることも重要です。

\早く転職したい方必見!/
インフラエンジニアのバナー㉒

2.インフラエンジニアの志望動機の書き方

インフラエンジニアの志望動機の書き方を解説します。

2-1.志望動機の基本的な書き方

志望動機の基本的な書き方を解説します。

書き方のポイント

  • ・理由は1つではなく、2つ以上がオススメ
  • ・研修や教育制度
  • ・企業の特徴
  • ・仕事内容

上記の内容に触れながら、志望動機の作成をしてください。

応募する企業に入社したい理由を明確にすることが重要です。

インフラエンジニアは多くの企業が募集しています。

数多くの企業から「なぜ、その企業に応募したのか?」を明確に示すことで採用担当に響きやすい志望動機が完成します。

他社でも経験できることであれば「当社でなくてもいいよね?」となってしまいます。

その企業でしか経験できないことや特徴を記入しましょう。

理由は1つではなく、2つ以上がおすすめです。例えば、研修や教育制度、企業の特徴、仕事内容を志望動機にすると書きやすいです。

また、志望動機を書く上でインフラエンジニアの仕事内容を理解しておくことはマストです。

まずはインフラエンジニアの理解を深めましょう。

\最高のインフラエンジニアの志望動機を作りたい方(未経験就業決定率95%)/

その他のバナー154

2-2.NGな書き方

志望動機のNGな書き方を解説します。

結論

「自己中心的」な書き方はNG

例えばこんな回答はNGとなります。

  • ・プログラマーになりたい!
  • ・フリーランスになりたい!
  • ・起業したい!

インフラエンジニアとしての志望動機を作成するのに「開発したい」「プログラマーになりたい」の回答は100%面接で落とされます。

なぜなら職種が違うからです。

起業したい!フリーランスになりたい!というのも良いと思いますが、企業側としてはずっと勤めていただける方を探しています。

書類選考を通過するために、自身の本当の気持ちは一旦隠し、企業に寄り添った志望動機を作成しましょう。

3.面接で聞かれる質問事項一覧【回答例文付き】

志望動機の準備をしているということは面接も控えていると思われます。

面接を事前に準備しておけば、面接官に好印象を与えることができ、自信を持って面接に臨むことができます。

さらに、面接の通過率も非常に高くなります。

全て重要な質問になりますので必ず抑えておいてください。

ほぼ聞かれますので、事前に必ず準備しておくことをおすすめします。

面接の回答がしっかりできないと90%以上落ちると思ってください。

重要な質問事項一覧

  • ・自己紹介
  • ・志望動機
  • ・インフラエンジニアを目指す理由
  • ・転職理由
  • ・前職のこと
  • ・将来のキャリアパス
  • ・自身の強みと弱み
  • ・自己PR
  • ・今まで大変だったこと
  • ・逆質問(最後)
  • ・(新卒)学生時代に頑張ったこと

例文付きで解説していきますので、参考にしてみてください。

テンプレートとして使用しても問題ありません。

また、ITエンジニアの面接でよく質問される内容とその回答例34選について、以下の記事で詳しく解説しておりますので参考にしてみてください。

【→関連記事:ITエンジニアの面接でされる質問の回答例34選!逆質問例15選!

3-1.自己紹介

✓例文

〇〇(名前)と申します。

私は〇〇大学を卒業後、ユニゾン株式会社に入社しました。

そちらの企業では、法人の新規開拓の営業とお客様の資産運用を担当しておりました。1年目は新人賞を受賞し、営業成績も50人中10位以内に常に入っておりました。本日は宜しくお願い致します。


自己紹介は多すぎず、少なすぎないのが理想となります。(時間は約30秒から1分ほど)

新卒の場合は学業、アルバイト、ゼミ等の努力した内容を簡潔に話すのが良いでしょう。

3-2.インフラエンジニアを目指そうと考えた理由

例文を2つ紹介します。

(例文1)

友人とFPSのゲームをしている際にラグやバグが起こり、何が原因なのか?を追求したところ、ネットワークの通信であることを知りました。ゲームを通じてネットワークやサーバの存在を知り、インフラエンジニアと言う職種に興味をもったのがきっかけです。

どのような職務内容かを調べ、私達が普段使用している電話やアプリなどは、スイッチやルータがネットワークを構築しセキュアなサーバにすることでセキュリティに強く、円滑に通信できている部分におもしろみを感じました。

ITインフラは電気やガス同様に停止してはいけない技術だと考えており、不況下でも仕事が減りにくいという部分にも魅力を感じております。

インフラエンジニアは、自身の市場価値が高まると共に将来性もあるため志望しました。

(例文2)

ネットでAmazonの商品を見ている際に不具合が起こり、ページの読み込みが遅くなったので原因を調べてみたところ、ネットワークやサーバに原因があると知りました。また、その不具合に対処しているのがネットワークエンジニアやサーバエンジニアということを知り、興味を持つようになりました。

それから、インフラエンジニアについて自分自身で色々調べ、スイッチやルータ機器を使用してネットワークを設計して構築をして初めて通信が繋がることに魅力を感じて、インフラエンジニアを目指す事を決意いたしました。
インフラエンジニアを目指そうと考えたきっかけから話をして、その後に詳細を話す内容となっています。

業務内容を理解して話すことにより「本当にこの仕事をしたいんだな。」面接官に思ってもらえる理由となっています。


なぜ、インフラエンジニアを目指そうと思ったのかを具体的に話すことが重要です。

また、棒読みではなく、できるだけ明るく笑顔で自分の言葉で話しましょう。

その他のバナー155

3-3.転職理由

✓例文

前職では、介護職を勤めており、人間関係も良好でやりがいもある職場だったのですが、今後はまだまだIT化が進むと考え、インフラエンジニアを目指すために転職を決意しました。

前職でインターネットのエラーが多く、業務が止まることが多く、原因を調べていくうちにネットワークエンジニアという職業を知りました。

ネットワークエンジニアの仕事内容を調べていくうちに、ルーターやスイッチの機器を利用し、大規模ネットワークを作っているのに興味を持ち、実際にネットワーク技術の勉強を進めていると「おもしろい」と思い、インフラエンジニアになろうと決意しました。


短いですが、転職理由は上記の内容で問題ありません。

転職理由は志望動機で説明しますので、内容を深く話す必要はありません。

また、下記の内容での転職理由はNGです。

NG例

  • ・会社のせいにする
  • ・人間関係

エンジニアはチームで開発することがほとんどになるため、協調性がないと思われるような内容はNGです。

キャリアチェンジ、キャリアアップするための転職など、ポジティブな回答がおすすめです。

転職歴が過去に複数回ある方は勤めていた会社の転職理由を考えてから面接に挑みましょう。

IT系のバナー54

3-4.前職のこと

✓例文

前職では、〇〇社の飲食店に勤めておりました。主な業務は接客、売上・経費管理、アルバイトの教育・面接、シフトスケジュールの作成、新キャンペーンの計画、衛生管理計画でした。

入社してからは店長を目指し、売上の作り方、先輩社員の接客観察、店長業務の観察など自身の店舗を作る上で必要なスキルを学び、入社3年目で新店舗の店長を任される運びとなりました。

店長就任後は、在籍率が低い店舗にて時給の見直し、適正人数の見直し、全従業員と面談、社員ミーティング及び全体ミーティングを行い、それにより離職率を10%以内に抑えることができました。
従業員数が増えたことにより回転率が上がり売上を対前年130%、2,000万円まで伸ばす事に成功しました。


前職の仕事内容を質問された際は以下の内容を意識して作成してみてください。

①どのような工夫をしたか
②何を目標にしていたか
③具体的なエピソード


前職のことは面接で必ず質問されるので、回答できるように準備しておきましょう。

必ず聞かれますので、回答できないと前職の業務をしっかりやっていなかったと判断されてしまいます。

3-5.将来のキャリアパス、目標

✓例文

将来的にはプロジェクトマネージャーになりたいと考えております。

現在はCCNAの資格取得に向けて学習しておりますが、入社までに資格学習と並行して「IT業界」について深く学んでいくつもりです。

入社後は資格の学習内容を現場で活かし、下流工程をいち早く覚えられるよう努めます。

そして、3年目には一人で下流工程を任せていただけるような人材を目指し、私のように未経験からスタートする後輩社員に指導したり、経験を伝えたりできたらと考えております。

さらに、5年目には上流工程に携わり、ネットワークやサーバの構築を経験したいと考えています。

その後はエンジニアとしてのスキルはもちろんの事、マネジメントにも力を入れプロジェクトを任せていただけるような人材を目指します。


目標を作ることで本気度を相手に伝えます。

明確にキャリアパスを描いていることにより、インフラエンジニアとして本気でやっていきたいと面接官に思っていただくことができます。

【→関連記事:未経験からインフラエンジニアのキャリアパスとは?スキルや資格も紹介

3-6.自身の強みと弱み

✓強み例文

私の強みは関係構築力です。現在、販売ショップの店長として社員やアルバイトのマネジメントに取り組んでいます。

全体のモチベーション管理や成長意欲が高まるように働きかけ、個別面談でも目標設定やみんなの前で褒める、全体のチームワークがよくなるようにコミュニケーションを促すなど細かい工夫を行ってきました。

その結果、店舗の連携力アップや情報共有が盛んになり、顧客も増え、前年比売り上げ1位店舗として社内表彰を受けました。エンジニア職はチーム連携が大事なため、自身の強みを活かしていきたいと考えています。

自身の強みはエピソードに基づいた、経験を書くと良いアピールになります。新卒であれば、学業、サークル、部活、ゼミ、アルバイトの内容を書きましょう。


自身の強みは以下を意識して作成しましょう。

  • ・具体的なエピソード
  • ・工夫したこと
  • ・結果を書く

✓弱み例文

私の弱みは心配性なところです。書類の業務などで細かい部分が気になってしまい、何度も確認して進めていくことにより、時間がかかってしまうところは問題だと考えています。

ミスなく丁寧に仕事を進めるという点では役に立っていますが、提出期限に遅れてしまってはいけないので、余裕を持って仕事を進めるように努めています。

自身の弱みを作成する際は企業にとってマイナスにならないような内容がベストです。

3-7.自己PR

✓例文

幼少時代からの性格を活かし、誰とでも平等に接するコミュニケーション能力を社会人でさらに伸ばせるように努力してまいりました。

社会人になってからはチームワークを意識し、一人一人コミュニケーションを取りながらも全体に気を配り、時には厳しく指導し、時には称賛を行い全体の士気を上げる能力を会得しました。


前職では、従業員同士での問題があった時には個々に話を聞き、解決策を考えたり、話し合ったりして問題を解決してまいりました。

これは、お客様にも同様で、ご意見があった際はお客様の話を最後まで聞き、何に対してお怒りなのか、何をお求めなのかを考え対応をしました。お客様からはお礼を言われることもあり、それにより店舗の常連様になることも多くありました。

集団のなかで対話を促し、様々な意見をまとめて問題解決に導く力は私の大きな能力であり、今後もこの能力を伸ばしていきたいと考えております。


自己PRは以下を意識して作成しましょう。

  • ・何ができるか
  • ・何をやっていきたいか
  • ・どのような貢献ができるのか

自己PRを作るのが苦手な方は以下のページを参照してください。

「経験・未経験などのシチュエーション別」、「経験職種別」、「企業が求める人物像別」などの自己PRサンプルを通じて紹介しているサイトです。

転職ノウハウを見てみる

IT系のバナー55

3-8.今まで辛かったこと

✓例文

今まで一番辛かったことは、大学と高校時代の野球でした。

小さい頃から甲子園に出場するのが夢で、野球漬けの毎日でした。

人よりセンスがある人間ではなかったので、人一倍努力し、レギュラーを目指しましたが叶いませんでした。高校でも大学でも80人の中からベンチに入ることはできましたが、レギュラーを勝ち取れなかったのは今まで一番悔しい思いをしました。

私自身も反省点もあり、もっと野球の研究をし、食事や体作り、バッティングフォームなど、多くのできることはあったと考えています。この悔しい思いを活かして、仕事では幅広く物事を見れるようにしていきたいと思います。


辛かったことを確認するのは、
「精神的な強さを見る」「辛かったことから何を学んだか?」を確認するためです。

辛かったことの経験を得て、どのように成長できるのかも確認しています。

辛かったことをポジティブに変換し、成長した部分をアピールしましょう。

3-9.逆質問(最後)

面接の最後に逆質問の時間があります。

逆質問は3つがおすすめです。

全く質問しないとやる気がないと思われたり、興味ないのかなと思われることもあります。

実は逆質問は自分をアピールするチャンスにもなります。

✓逆質問

  • ・1日でも早く独り立ちをして活躍したいと考えていますが、入社後はどの程度の期間・どのような流れで、実際の業務に携わるのでしょうか?
  • ・御社で活躍している人に、何か共通点はありますか?
  • ・御社に入社して、いち早く活躍したいと考えています。そのためにも、入社までに何か準備しておいたほうがいいこと、勉強しておいたほうがいいことなどはありますか?

意欲をアピールし、逆質問で面接官の評価を上げていきましょう。

ITエンジニア面接の逆質問の良い例とNG質問集については、以下の記事でまとめております。
【→関連記事:ITエンジニア面接の逆質問【厳選20選】NG質問や考え方のコツも解説

IT系のバナー112

4.インフラエンジニアの志望動機のために準備するべきこと

インフラエンジニアの志望動機を書くために準備しなければならないこととして、以下の4点が挙げられます。

インフラエンジニアの志望動機

  • ・インフラエンジニアになりたい理由
  • ・なぜその企業を志望したのか
  • ・どんなインフラエンジニアになりたいのか
  • ・自身のスキルや経験

4-1.インフラエンジニアになりたい理由

志望動機では、インフラエンジニアになりたい理由やきっかけを伝えることが重要です。

他のITエンジニア職種ではなく、インフラエンジニアになりたいと思った理由を確実に伝えましょう。

インフラエンジニアになりたい理由の例

  • ・興味がある:「システムの安定性やセキュリティに興味があるから」

  • ・周囲の人の影響:「インフラエンジニアとして働く友人や知人がいて、その仕事の魅力に触れたことがきっかけ」

  • ・過去の学習や経験:「システムを作ることや運営・保守する勉強や経験をしてきたから」

どんな理由であれ、面接官や採用担当者が納得できるような理由を伝えましょう。

 

4-2.なぜ他の企業ではなく、その企業を選んだのか

企業への志望動機では、その企業を志望する理由だけでなく、他の企業との違いを理解していることをアピールしましょう。

企業の志望動機のポイント

  • ・志望する企業でやりたい業務:「貴社のインフラエンジニアとして、ITシステム運用の業務にかかわりたい」
  • ・他社との比較:「他社と比較して自社サービスが充実しており、ITシステム運用のスキルを身につけたい」

以上を含めた志望動機を書くためにも、企業研究や選考対策の調査は欠かせませんね。

4-3.どんなインフラエンジニアになりたいのか

「どんなインフラエンジニアになりたいのか」に対する回答をイメージしておくことが重要です。

どんなインフラエンジニアになりたいのか

  • ・具体的に:「将来的には、クラウドインフラの設計と運用に携わることを目指しています。特にAWSの専門知識を磨き、大規模なシステムの構築に貢献したいと考えています。」
  • ・自己成長やスキルアップへの意欲:「常に最新の技術トレンドに敏感であり、継続的な学習を通じて自己成長を図ります。また、認定資格取得を通じて、自身のスキルを向上させる努力を惜しまないです。」
  • ・技術的な興味や専門性:「特にセキュリティ対策に興味があり、セキュリティを考慮したシステム設計に携わりたいと考えています。」

「どのようなインフラエンジニアになりたいのか」は必ず聞かれる質問なので、必ず答えられるようにしておきましょう。

4-4.自身のスキルや経験

過去の開発経験がある場合、その経験にまつわるエピソードを話せるようにしておきましょう。

また、開発経験がない場合でも、チームで活動した経験や熱心に勉強していることをアピールすることが良いでしょう。

自身のスキルや経験

  • ・過去の経験:「私はネットワークについて勉強して、過去のプロジェクトで大規模なネットワークの設計・構築を担当しました」
  • ・自己学習やスキル向上の意識:「常に最新の技術トレンドに敏感であり、認定資格を取得するなど、自己成長に努めています」
  • ・協調性をアピール:「チームでの協力を重視し、メンバーそれぞれの得意分野を活かすことで、より効果的なプロジェクト推進を目指します。」

エンジニアの実務経験がなくても、協調性や成長意欲を重要視して採用する企業も多いので、関連するエピソードを話せるようにしておきましょう。

その他のバナー156

5.インフラエンジニアの仕事内容

インフラエンジニアとは、その名称の通りITインフラストラクチャー(通信ネットワークやシステム基盤など)を設計、構築、運用するエンジニアのことを指します。
【→関連記事:【具体的にわかりやすく解説!】インフラエンジニアの仕事内容とは?

インフラエンジニアは企業や組織にとって、ITシステムが円滑に稼働するための基盤を築く大切な役割を果たします。

サーバーやネットワークの設計から運用管理、トラブル対応まで幅広い業務を担当します。

5-1.インフラエンジニアの具体的な仕事内容

インフラエンジニアの業務範囲は広く、サーバーの設定やネットワークの構築、ミドルウェアの導入や設定、更にはセキュリティ対策なども含まれます

サーバー設定では、サーバーの機能を最大限に引き出すためのパラメータ設定や、必要なソフトウェアのインストールなどがあります。

ネットワークの構築では、社内ネットワークの設計から設定、運用までを行います。

また、ミドルウェアの導入や設定では、アプリケーションサーバーやデータベースなどの設定を行います。

これは、システムを構成するソフトウェアの一部で、OSとアプリケーションの間を繋ぐ役割を果たします。

これらの設定は、システムの性能を最大限に引き出すために必要な作業であり、インフラエンジニアの主要な業務の一つです。

5-2.インフラエンジニアの一日の流れ

インフラエンジニアの一日は、まず初めにシステムの動作確認から始まります。

業務開始時にシステムの稼働状況や異常が無いかをチェックし、必要であれば修正や強化を行います。

その後は、新規プロジェクトの計画立案、コスト評価、インフラ設計等を行います。

午後になると、実際の設定や構築作業を行います。

サーバーやネットワークの設定、ミドルウェアのインストールと設定などを行います。

その後、設定のテストを行い、問題が無いか確認します。

万が一問題があれば、その解決策を考え、実行します。

最後に、その日の業務報告と次回の業務を計画します

5-3.インフラエンジニアの役割

インフラエンジニアの役割は、高度な専門性と責任感が求められます

システムの安定運用を担保することは、企業活動にとって欠かせない要素です。

そのためインフラエンジニアは、システムが止まらないように常に監視し、問題が発生した時は迅速に対応する必要があります。

また、新しい技術の導入やシステムのリニューアル等、成長と変化を伴う組織にとって、インフラエンジニアの役割は絶えず新たなチャレンジを求められます

これらの業務内容から見ても、インフラエンジニアの役割は非常に重要と言えます。

6.【危険】インフラエンジニアへの転職での注意点

こちらの内容は就職活動する上で、めちゃくちゃ重要なので最後まで見ていただきたい思います。

結論から申し上げると、IT業界は詐欺のような会社が多いです。

このような企業に入社すると経歴に傷がつき、スキルも身に付きません。

下記のようなIT企業には注意が必要です。

注意

  • ・携帯販売ショップ、工場、電気屋に派遣させる会社
  • ・経歴詐称をさせる会社

6-1.携帯販売ショップや工場に派遣させる企業

ITエンジニアとして就職したのに、ITの仕事ができない企業も多くございます。

悪質なのが「携帯販売ショップに派遣として勤めながら、自社のIT研修を受けてね~」という内容です。

本来であれば、研修はしっかり自社で行い、研修期間中にIT以外の業務をさせることはありません。

そして研修が終わったとしても「今、案件ないからもうちょっと待ってね」と引っ張るだけ引っ張り、派遣で利益を得ようとしてきます。

普通のIT企業であれば、研修終了後はITの業務になります。

悪質な企業に入社しないために、面接の逆質問で必ず入社後の仕事内容をお伺いできますでしょうか?と聞きましょう。

面接官から仕事内容の明確な回答があれば、90%以上の確率で大丈夫でしょう。

しかし、面接で100%見抜くのは難しいです。

嘘をつく企業もありますので、注意が必要です。

以下の記事で、ITエンジニアになりたい未経験者が気を付けるべきSES企業について詳しく解説しております。
【→関連記事:家電量販店やコールセンターに派遣させるSES企業は絶対やめとけ!

6-2.経歴詐称をさせる会社

エンジニア派遣をしている企業はプロジェクトに入る前に面談がございます。

面談をする際に経歴を偽り、プロジェクトに参画させる悪質な企業がございます。
【→関連記事:経歴詐称を行うSES企業は絶対にやめとけ!裁判に発展する場合も

そういった企業も存在しますので、注意が重要です。

\SES転職で後悔したくないあなたにおすすめのサービス!/

SES経歴詐称のバナー①

7.まとめ

本記事では、インフラエンジニアの志望動機について解説しました。

インフラエンジニアの志望動機は面接で必ず聞かれますので、必ず回答できるように準備しておきましょう。

また、志望動機の基本的な書き方は以下となります。

書き方のポイント

  • ・理由は1つではなく、2つ以上がオススメ
  • ・研修や教育制度
  • ・企業の特徴
  • ・仕事内容

上記の内容に触れながら、志望動機の作成をしてください。

応募する企業に入社したい理由を明確にすることが重要です。

インフラエンジニアは多くの企業が募集しています。

数多くの企業から「なぜ、その企業に応募したのか?」を明確に示すことで採用担当に響きやすい志望動機が完成します。

例文を見ながら自分に合った志望動機を作成してください。

このようなことで
悩まれています。

お悩み1

今の世の中に不安がありませんか?

「スキル身につけたい…」「安定したい…」
スキルをつけれる厳選な求人を紹介!

お悩み2

現在の会社で年収上がるビジョンが見えない

「年収が低すぎる…」「年収をアップさせたい…」
年収の高い企業に入社すべき!

お悩み3

ワークライフバランスを整えたい

「残業なしがいい」「週3,4日で働きたい」
ITエンジニアはスキルを磨けば仕事は選べます!

簡単30秒

まずは気軽にWebで無料相談

コンシェルジュ

こんにちは!
はじめに職歴をお聞かせください。

この記事の監修者

監修者画像

エンジニア

土肥 将司

大学卒業後、新卒で不動産会社に就職。その後23歳で開発エンジニアにキャリアチェンジし、3年間大手Slerにて様々な開発に携わる。その後、インフラストラクチャー企業にて人材コンサルタントとして経験を積み、株式会社ユニゾン・テクノロジーを創業。現在の代表取締役

おすすめ記事

Recommended Articles

成功者インタビュー

成功者インタビュー

未経験から転職成功事例

年収UP

「PCをほぼ触ったことありませんでした…」完全未経験からエンジニアに転職成功|年収100万以上アップ!

転職

未経験

文系からITエンジニアに!理系科目が苦手でITスキルも無い状態から内定を獲得しました

就活

成功者インタビュー

未経験から転職成功事例

年収UP

「PCをほぼ触ったことありませんでした…」完全未経験からエンジニアに転職成功|年収100万以上アップ!

転職

未経験

文系からITエンジニアに!理系科目が苦手でITスキルも無い状態から内定を獲得しました

就活

関連記事

人気の記事一覧