無料相談はこちら

チャットでアドバイザーに
相談してみる

目次に戻る 目次に戻る
ユニゾンキャリア バナー

未経験からネットワークエンジニアになれる?必要なスキルや転職方法を解説

未経験からネットワークエンジニアになれる?具体的な転職方法についても解説

未経験からネットワークエンジニアになれるの…?

未経験からネットワークエンジニアになる方法は…?

✓本記事の流れ

  • ・未経験からネットワークエンジニアになることは可能!
  • ・未経験からネットワークエンジニアになるための具体的な方法
  • ・未経験者が身に付けるべきスキルや言語・資格を紹介

本記事では未経験者がネットワークエンジニアを目指すための具体的な方法や必要なスキルを解説します。

また、向いている人の特徴や未経験者が身につけるべきスキルをわかりやすく紹介しています。

最後に実際に未経験からネットワークエンジニアになった方の実例も紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

先に読んでおきたい⇒ネットワークエンジニアとは?仕事内容・年収・将来性をわかりやすく解説!

目次

1.未経験からネットワークエンジニアになることは可能!

結論からお伝えすると、未経験からネットワークエンジニアになることは可能です

ここでは、未経験からでもネットワークエンジニアになることが可能な理由と、年代別の転職難易度をわかりやすく紹介します。

1-1.未経験からネットワークエンジニアになることが可能な理由

IT業界は人材不足である

IT人材の不足

IT人材の不足

IT人材の不足は深刻だといわれています。IPA独立情報推進機構DX白書2023」によると、8割の企業が「IT人材が不足している」と回答しています。

さらに、経済産業省の「IT 人材需給に関する調査」では、2030年までのIT人材の不足数を推計すると将来的に40~80万人の規模で不足が生じる懸念がある、としています。

このようにIT人材そのものの需要が高まる中で、未経験者の採用を行っている企業も増加しています

そのため、未経験歓迎のネットワークエンジニの求人は多く、未経験でもネットワークエンジニアになることは可能であると言えます。

また、以下の記事ではエンジニアの人材不足について詳しく解説しているので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。

ITエンジニアの人材不足って嘘?本当?2023年最新のデータで解説!

未経験でもやりやすい業務が多い

インフラエンジニアの仕事内容

インフラエンジニアの仕事内容

ネットワークエンジニアを含むインフラエンジニアの仕事内容は上の図のように上流工程と下流工程に分かれています。

保守や運用といった、高いスキルがなくても作業することが可能な業務があるため、ネットワークエンジニアは未経験でもなりやすい仕事であるといえます。

保守・運用の仕事内容

  • ・保守:システムに問題が生じた際に対処する
  • ・運用:システムが正常に稼働するために監視をする

このように、ネットワークエンジニアは未経験であっても目指しやすい職業となっています。

ネットワークエンジニアに興味があるけど、転職活動や企業選びに不安がある…そのような方は、一度IT業界のプロであるユニゾンキャリアにご相談ください。

IT専門の転職エージェントであるため、ネットワークエンジニアを目指すあなたに合った丁寧なサポートを致します。

1-2.【20代】未経験からネットワークエンジニアの転職難易度

20代未経験:転職難易度【◎】

未経験からでも転職がしやすい年齢

20代は長く戦力になってくれる可能性のある年齢のため、未経験でも転職がしやすい年齢になります

企業側はネットワークエンジニアとしてのポテンシャルを重視して未経験でも採用する傾向にあります。

20代の場合には、面接対策や資格勉強をしっかり行なうことで面接をクリアできる可能性が高いです。

企業へのアピールをしっかりと行えば、高い確率で就職できるでしょう。

関連記事20代未経験からのITエンジニア転職!成功の秘訣や優良企業の見極めポイントを徹底解説

1-3.【30代】未経験からネットワークエンジニアの転職難易度

30代未経験:転職難易度【〇】

即戦力として活躍できる人材が求められる

20代に比べると企業側が即戦力となる人材を募集している傾向にあります

今までの経験を元に、就職後ネットワークエンジニアとして活躍できるというアピールが必要になってきます。

職務経歴書を作り込み、面接の対策を行うのは必須と言えるでしょう。

ネットワーク技術の知識がある場合は就職できる可能性が高くなります。

資格の勉強など、企業にアピールできるポイントを増やしておくことをおすすめします。

関連記事30代未経験でもITエンジニアに転職できる!転職方法など解説

1-4.【40代】未経験からネットワークエンジニアの転職難易度

40代未経験:転職難易度【△】

さらに即戦力が求められ、未経験での転職はかなり難しくなる

30代よりもより即戦力が求められるため、未経験での転職はかなり厳しくなります

IT業界に精通している方であれば、キャリアチェンジができる可能性があります。

前職ではどのような実績があるのか、その経験をどう生かせるか、未経験で転職する理由などを含めて企業にアピールするようにしましょう。

しかし、40代で未経験からネットワークエンジニアなることが不可能なわけではないため、年齢だけを理由にネットワークエンジニアを諦めてしまわないようにしましょう。

2.未経験からネットワークエンジニアになる方法3選

未経験からネットワークエンジニアになるためには、いくつかの方法があります。

3つの方法

  1. ネットワークエンジニアに関する資格を取得する
  2. 転職サポート付のITスクールを利用する
  3. IT専門の転職エージェントを利用する

本記事では3つの方法を紹介しますので、自分に合ったものを見つけてみてください。

2-1.ネットワークエンジニアに関する資格を取得する

未経験からネットワークエンジニアを目指す場合、資格を取得することは転職活動において有効です。

なぜなら、企業側は即戦力とは言わずとも、ネットワーク技術に精通している人材を求めているからです。

資格は自分のスキルを客観的に証明するものとなるため、企業は転職者がネットワークエンジニアに精通しているかどうかを資格の有無で判断することができます。

そのため、資格を取得することは企業への有効なアピール手法となるでしょう。

ネットワークエンジニアにおすすめの具体的な資格は、本記事内の5.未経験者におすすめのネットワークエンジニアに関する資格で紹介しています。

関連記事【資格7選】ネットワークエンジニアに必要な取得すべきおすすめの資格を解説

2-2.転職サポート付のITスクールを利用する

ITエンジニアを養成するスクールの中には、転職のサポートまで行っているところもあります。

資格の習得から就職・転職のサポートまでを無料で行っているITスクールもあり、ネットワークエンジニアを目指す方にとってはお得な内容になっていることが多いです。

特におすすめなのがユニゾンカレッジで、完全無料で元エンジニアの講師があなたの転職活動をサポート致します!

無料カウンセリングを行っていますので、少しでも興味のある方はご利用ください。

2-3.IT専門の転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用することで、求人の紹介以外にも様々なサポートを受けることが出来ます。

未経験からネットワークエンジニアを目指すなら、転職のプロのサポートを受けられる転職エージェントを利用するのもひとつの手でしょう。

転職エージェントの魅力

転職を希望している企業の情報や、業界の知識など、求人票には載っていない情報を提供してくれるため、情報収集の手段として最適です。

IT専門の転職エージェントであるユニゾンキャリアでは、ITに特化した転職サポートを行っております。

ネットワークエンジニアの業界情報など、エンジニアに関する知識を豊富に持つエージェントが多数在籍おりますので、この機会に是非ご相談ください。


3.ネットワークエンジニアの仕事内容とは?

3-1.ネットワークエンジニアとは

インフラエンジニアの種類

インフラエンジニアの4つの職種

ネットワークエンジニアとは、インフラエンジニアに分類される職種です。

業務では、主にコンピュータネットワークの設計、構築、運用、保守を担当しています。

就職する企業によっては、ネットワークのトラブルシューティングやセキュリティ対策、クラウドサービスの構築やIoTデバイスの接続設定なども行う場合もあります。

ネットワークエンジニアの魅力ややりがいを知りたい方は以下の記事をご覧ください。

ネットワークエンジニアの魅力・やりがい6選|きついと言われる部分も解説

3-2.ネットワークエンジニアの仕事内容

ネットワークエンジニアはシステム、アプリ、通信の全ての基盤を作るのが仕事となります。

仕事内容は次のように大きく分けて6つの工程となります。

インフラエンジニアの仕事内容

インフラエンジニアの仕事内容

ここでは、各工程の仕事内容をわかりやすく紹介していきます。

要件定義

まず、クライアントにどのようなネットワークを望んでいるのかをヒアリングし、どのように開発していくかを企画していきます。

エンジニア職の要件定義とは?実際の流れや重要語・必要スキルを解説

2024.01.31

設計

要件定義で定めた内容を実装するために、具体的にどうすればいいかを設計していく作業です。

実装する機能を洗い出し、漏れなく盛り込んでいく設計力が求められます。

構築

設計書の内容を元に実際に構築していきます。要望通りのネットワークをチームで作り込んでいく大切な仕事です。

運用・保守

リリース後、稼働しているネットワークをリモートもしくは常駐で管理し、運営保守を行っていきます。

ネットワークの安定性を常に確認しながら、品質を担保していきます。

監視

トラブルがないか、ネットワークが正常に稼働しているか、常に監視を行います。

トラブルが起きた場合は迅速な対応が求められるため、地道な作業ではありつつも重要な仕事です。

もっと詳しくネットワークエンジニアの仕事内容を知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

【未経験者必見】ネットワークエンジニアの仕事内容・年収・将来性をわかりやすく解説!

3-3.未経験ネットワークエンジニアの仕事内容

未経験でネットワークエンジニアになった場合、まずは監視、運用・保守を任されることが多いでしょう。

マニュアルが存在していることが多いため、業務がルーティンワークなことが多く未経験者でも比較的取り組みやすい業務であるからです。

難易度が低い反面、年収を上げるためにはこれらの業務で経験を積んで
監視、運用・保守より上流工程のスキルを身に着けなければなりません

上流工程にチャレンジするためにも、資格の勉強をするなどして知識やスキルを身につけ、スキルアップのチャンスを作っていく必要があります。

4.ネットワークエンジニアに向いている人の特徴3選

ネットワークエンジニアに向いている人の特徴は以下のとおりです。

向いている人3選

  • ・常に勉強できる人
  • ・継続力がある人
  • ・体力のある人

どうしてこのような人がネットワークエンジニアに向いているか、解説していきます。

4-1.常に勉強できる人

IT業界は常に進化を続けていることから、今までの常識が大きく変化することも少なくありません。

活躍を続けていくためには、常に新しい知識を貪欲に吸収する必要があります。

向上心を持って新しい知識を身につけることが好きな人には、向いていると言えるでしょう。

4-2.継続力がある人

エンジニアというと、華やかな世界を想像されてる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、実際は非常に地味な作業が多いため、ギャップを感じる方も少なくありません。

エンジニアの仕事は、そんな作業を忍耐強くコツコツ作業するのが好きな方に向いているといえるでしょう。

4-3.体力のある人

ネットワークエンジニアはシフト制で働くことの多い仕事です。

夜勤が発生したり、客先勤務が発生したりと不規則な生活が続く可能性も場合によってはあります。

体力に自信がない人には少し難しいかもしれません。

ネットワークエンジニアの夜勤事情については次の記事で説明しています。

ネットワークエンジニアの夜勤の働き方|回避方法も解説

また、以下の記事ではネットワークエンジニアに向いている人の特徴について詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ネットワークエンジニアに向いている人の特徴とは?未経験の転職法も紹介

5.未経験ネットワークエンジニアに必要なスキル・言語

未経験から就職するためには、企業側が求めるスキルを把握する必要があります。

ここでは、未経験からネットワークエンジニアを目指す人が身につけておくべきスキルを紹介していきます。

ネットワークエンジニアになるためにはどのようなスキルを身につけるべきか、考えながら読んでみてください。

関連記事ネットワークエンジニアに必要なスキルは?向いている人の特徴なども紹介

5-1.未経験ネットワークエンジニアに必要なスキル

未経験者がネットワークエンジニアを目指すために必要なスキルは以下となります。

必要なスキル3選

  • ・ネットワークの知識
  • ・コミュニケーション能力
  • ・変化に柔軟に対応できる力

それぞれどのようなスキルが必要なのか具体的に解説していきます。

ネットワークの知識

具体的なネットワークの知識

  • ・TCP/IP
  • ・OSI参照モデル

ネットワークエンジニアとして働く上でネットワークに関する知識は必要不可欠です。

具体的には、ネットワークの知識を身につけるためにCCNAの資格を取得することがおすすめです。

コミュニケーション能力

エンジニアは寡黙なイメージがありますが、チーム単位で仕事を行っていくためコミュニケーション能力が必要です。

具体的には、仕事をする上での報告、連絡、相談をきちんと行える能力が求められます。

高度なコミュニケーション能力が求められているわけではありませんが、ネットワークエンジニアは一人で黙々と作業できると思っている方は注意が必要です。

エンジニアに求められるコミュニケーション力については次の記事で詳しく解説していますので、コミュニケーション能力に不安のある方は読んでみてください。

【苦手な人必見】エンジニアにおけるコミュニケーション能力の重要性

変化に柔軟に対応できる力

ネットワークエンジニアの活躍するIT業界は変化の激しい業界です。

常に情報をキャッチアップをし、最新の技術やスキルを身につけていく必要があります。

具体的には、変化の激しいIT業界でスキルアップをするための努力を欠かさない向上心が重要となります。

5-2.ネットワークエンジニアに必要な言語

ネットワークエンジニアが身についけておくと良いプログラミング言語は1種類ではありません。

言語

  • ・python
  • ・Java
  • ・Java script

このようなプログラミング言語を身についけることで、需要の高いネットワークエンジニアになることができるでしょう。

学習方法としては、書籍を用いる方法やオンラインのサイトで学習をする方法があります。

こちらの記事でこれらの言語が必要な理由や学習法について詳しく解説しています。

ネットワークエンジニアに言語は必要?学習におすすめの言語も解説

6.未経験者におすすめのネットワークエンジニアに関する資格

ネットワークエンジニアで就職に有利な資格をご紹介します。

エンジニアには多くの資格がありますが、実際に企業から求められることの多い資格は、以下の3つが挙げられます。

おすすめの資格3選

  • ・CCNA
  • ・LPIC(LinuC)
  • ・情報処理技術者試験

それでは、各資格の試験内容や合格率を詳しく見ていきましょう。

関連記事【資格7選】ネットワークエンジニアに必要な取得すべきおすすめの資格を解説

6-1.CCNA

概要

詳細

試験時間

120分

合格率(%)

非公開

合格ライン

正答率60%以上

目安勉強時間

初学者140時間~200時間程度

出題数

102問

出題形式

選択形式、ドラック&ドロップ

受験方式

CBT方式(コンピュータでの受験)

受験費

36,960円(税込)

受験場所

全国のテストセンター

開催時期

通年

URL

CCNA公式サイト


CCNAは、シスコシステムズが主催している認定資格です。

ネットワークエンジニアを目指す人は取得しておきたい初心者向けの資格ともいえます。

難易度も5種類あり、世界水準の資格のためにネットワークエンジニアを目指す場合、まずは保有しておきたい資格です。

CCNA取得に向けた学習方法が知りたい方はこちら

6-2.LPIC(LinuC)

 

LPIC

LinuC

試験時間

90分

90分

合格ライン

正答率65%~70%以上

正答率65%以上

出題数

約60問

約60問

出題形式

選択問題

選択問題

受験方式

CBT方式(コンピュータでの受験)

CBT方式(コンピュータでの受験)

受験場所

全国のテストセンター

全国のテストセンター

開催時期

通年

通年

URL

LPIC

LinuC

 
LPICは海外でも使える資格、LinuCは日本のみで使える資格であり、
どちらもLinuxというOSの知識を問われる試験です。

難易度はCCNAとあまり変わりありませんが、Linuxの知識が必要になるネットワークエンジニアには取得していると良い資格と言えるでしょう。

LPIC取得に向けた学習方法が知りたい方はこち

LinuC取得に向けた学習方法が知りたい方はこちら

6-3.情報処理技術者試験

 
 

基本情報技術者試験

応用情報技術者試験

試験時間

科目A:90分
科目B:100分

午前(9:30~12:00):150分
午後(13:00~15:30):150分

合格率

25%

25%

目安の勉強時間(難易度)

初学者 200時間

初学者 500時間

出題数

科目A:60問
科目B:20問

午前:80問
午後:11問

出題形式

科目A:多肢選択式(四肢択一)
科目B:多肢選択式

午前:多肢選択式(四肢択一)
午後:記述式

受験方式

CBT方式(コンピュータでの受験)

CBT方式(コンピュータでの受験)

受験費

7,500円(税込)

7,500円(税込)

受験場所

全国(試験会場)

全国(試験会場)

開催時期

通年

4月、10月

公式URL

基本情報技術者試験

応用情報技術者試験

 
情報処理技術者試験は、IPA(情報処理推進機構)が行うIT系の国家試験です。

中でも、基本的な知識が問われる試験として以下の2つが挙げられます。

情報技術者試験の中のおすすめ資格

  • ・基本情報技術者試験(FE)
  • ・応用情報技術者試験(AP)

情報系の知識が幅広く問われることから、全てのエンジニアにおすすめできる資格になります。

ネットワークエンジニアに限らず、IT業界を目指される方であれば取得しておくことをおすすめします。

ここではネットワークエンジニアにおすすめの資格を3種類紹介しましたが、ネットワークエンジニアに必要な取得すべき資格を徹底解説では7種類紹介しています。

難易度や具体的な勉強方法まで紹介していますので、資格取得を考えている方は一度ご覧ください。

7.ネットワークエンジニアの将来性と需要

ネットワークエンジニアを目指す前に、気になってくるのが将来性や需要です。

ここでは、ネットワークエンジニアの将来性と需要をわかりやすく解説していきます。

ネットワークエンジニアはやめとけ?きつい、辛いって本当?

7-1.ネットワークエンジニアの将来性・需要は高い

結論からお伝えすると、ネットワークエンジニアは需要があり将来性の高い職業であるということができます。

将来性が高い理由

  • ・クラウド化の影響
  • ・ネットワークエンジニアはセキュリティに強い

この2つの要因がネットワークエンジニアの将来性を高くしている主な要因です。

では、どうしてこれらの要因がネットワークエンジニアの需要を高めるのか、現状や今後の将来性についてみていきましょう。

7-2.クラウド需要が伸びている

クラウドの将来性

クラウドの将来性

総務省」が作成したクラウドに関する売上予測データを見ると、クラウドの売り上げは伸びていくと予想されます。

クラウドを利用している企業の割合

クラウドを利用している企業の割合

引用元:総務省|令和4年版 情報通信白書|データ集(第3章第6節)|

さらに、こちらのグラフを見るとクラウドを利用している企業が年々増えていることが分かります。

クラウドに関する学習は必要となりますが、クラウドの知識を備えたネットワークエンジニアの将来性はとても高いでしょう。

クラウド化がネットワークエンジニアに与える影響を知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

クラウド化が進むネットワークエンジニアの需要は?将来性や資格も解説

7-3.セキュリティへの関心が高まっている

近年、ネットワーク上ではサイバー攻撃の脅威が増加しています。

そのためインターネットを利用している企業のセキュリティへの関心は高まっており、セキュリティに強いネットワークエンジニアの需要が増しています

警察庁によると、令和4年のサイバー犯罪の検挙件数は12,369件にまでのぼり、今後もサイバー攻撃は増加していくとされています。

ネットワークの基本知識に加えセキュリティに関する知識も習得することによって、将来性の高いネットワークエンジニアになることができるでしょう。

8.ネットワークエンジニアの平均年収

ネットワークエンジニアの平均年収は、大手転職サイトによって以下のように公表されています。

調査会社

平均年収

マイナビエージェント

455万円

doda

448.3万円

2社平均

451.65万円

出典:マイナビエージェント 職種別平均年収ランキングdoda職種図鑑

令和3年 民間給与実態統計調査」では日本の平均年収は443万円とされていることから、ネットワークエンジニアの平均年収は全体よりもやや高めではありますが、平均値と言えるでしょう。

その理由として、ネットワークエンジニアは未経験の求人が多いことが挙げられます。

未経験の求人はどうしても年収が低くなりがちなため、年収を上げたい場合は早期にスキルアップすることが求められます

ネットワークエンジニアの年代別平均年収を見る

9.【実例】未経験からネットワークエンジニアになった方の声

ユニゾンキャリアでは、未経験からのネットワークエンジニア転職者を多数輩出しています。

ここでは、公務員からネットワークエンジニアに転職した方の声をひとつ紹介します。

転職者インタビュー

未経験(公務員)からネットワークエンジニアになった実例

この方はインタビューで、ネットワークエンジニアは毎日が大変ではあるものの、日々スキルが見についている実感があるとおっしゃっています。

また実際にユニゾンキャリアを利用してみて、他の転職エージェントと比較してキャリアアドバイザーの熱心な気持ちが伝わってきたそうです。

インタビューの全文はこちらで見られるので、未経験からネットワークエンジニアを目指している方は参考にしてみてください。

10.まとめ

本記事を簡単にまとめると以下の通りです。

ネットワークエンジニアになるには

  • ・資格の取得を行いましょう
  • ・転職エージェントを積極的に活用し有利に進めましょう
  • ・新しい知識をアップデートしていきましょう

未経験からでもネットワークエンジニアを目指すことは十分可能です

まずは資格を取得することを目標にしつつ、転職エージェント等を使って転職を有利に進めていきましょう。

未経験者におすすめの資格

  • ・CCNA
  • ・LPIC(LinuC)
  • ・情報処理技術者検定

IT関連の資格は多岐に渡ることから、まずは上記3つの資格の習得をおすすめします。

どの資格も未経験から取得可能ですので、是非挑戦してみてください。

ネットワークエンジニアの需要はこれからも期待されることから、未経験から挑戦できるチャンスだと言えます。

より良い企業に転職するためにも、転職準備をしっかりと行っていきましょう。

このようなことで
悩まれています。

お悩み1

今の世の中に不安がありませんか?

「スキル身につけたい…」「安定したい…」
スキルをつけれる厳選な求人を紹介!

お悩み2

現在の会社で年収上がるビジョンが見えない

「年収が低すぎる…」「年収をアップさせたい…」
年収の高い企業に入社すべき!

お悩み3

ワークライフバランスを整えたい

「残業なしがいい」「週3,4日で働きたい」
ITエンジニアはスキルを磨けば仕事は選べます!

簡単30秒

まずは気軽にWebで無料相談

コンシェルジュ

こんにちは!
はじめに職歴をお聞かせください。

この記事の監修者

監修者画像

エンジニア

土肥 将司

大学卒業後、新卒で不動産会社に就職。その後23歳で開発エンジニアにキャリアチェンジし、3年間大手Slerにて様々な開発に携わる。その後、インフラストラクチャー企業にて人材コンサルタントとして経験を積み、株式会社ユニゾン・テクノロジーを創業。現在の代表取締役

おすすめ記事

Recommended Articles

成功者インタビュー

成功者インタビュー

転職で年収アップに
成功した方

年収UP

【年収150万円UP】大手自社開発企業でリモートワーク!とても良い環境で働けています

転職

成功者インタビュー

未経験から転職成功事例

年収UP

「PCをほぼ触ったことありませんでした…」完全未経験からエンジニアに転職成功|年収100万以上アップ!

転職

アイキャッチ画像(枌さん)

SES企業からキャリアアップ

キャリアアップ

SES企業から独立系SIerにキャリアアップ!仕事の幅を広げて、更なるグロースを目指す

転職

プライベートの森崎さん

未経験から転職成功事例

未経験

【販売職からエンジニア】 2ヶ月間の充実した研修内容が入社の決め手に!

転職

未経験

文系からITエンジニアに!理系科目が苦手でITスキルも無い状態から内定を獲得しました

就活

成功者インタビュー

未経験から転職成功事例

未経験

【完全未経験からエンジニア】キャリアアドバイザーと二人三脚で内定獲得!

転職

関連記事

人気の記事一覧