無料相談はこちら

チャットでアドバイザーに
相談してみる

目次に戻る 目次に戻る
ユニゾンキャリア バナー

30代未経験からエンジニア転職の成功のコツは?転職の流れからおすすめ資格まで解説|エンジニア転職ガイド

IT業界を本音で語る「ユニゾンキャリア編集部」真心です。

本記事のトピックスはこちら!

  • ・30代未経験でエンジニアは目指せる?
  • ・エンジニアの転職を成功させるにはどんな準備をするべき?
  • ・転職が有利になるおすすめの資格が知りたい

IT業界の人材不足により求人数が増加傾向にあることから、30代未経験の方でもエンジニア職への転職を希望する方は増えています

しかし、30代未経験でエンジニアへの転職は決して容易ではなく、自己学習や面接対策など徹底的な準備は必須です。

本記事では、「30代未経験からエンジニアを目指す方」を対象に30代ならではの転職成功のコツや流れ、注意点など詳しく解説します。

1.30代の未経験エンジニア転職難易度

30代未経験からのエンジニア転職の難易度について解説していきます。

1-1.30代前半のエンジニア転職は自己学習必須

30代前半のエンジニア転職は不可能ではありませんが、難易度はかなり高めです。

20代であれば、伸び代もありポテンシャルでの採用も十分にあり得ますが、30代を採用するとなれば企業は即戦力の人材を求めます。

そのため、転職を成功させるために自己学習は必須です。

業界理解はもちろん、エンジニアに必要な資格を取得し自身に付加価値を付け、市場価値を高めた上で転職活動を行わなければいけません。

自己学習も行わず、知識やスキル0で転職活動を進めても時間だけを消費し、採用となる可能性は低いと言えます。

転職できるか不安…」と考えて時間が経過していくとともに転職は不利になっていきますので、学習計画から転職活動まで早めに動きだしてください

ユニゾンキャリアでは、エンジニア専門の就活・転職支援サービスを行っています

エンジニアになるために「CCNALPIC勉強をしている」「Java Silverの資格を取った」という方は、エンジニアの転職に精通した専任のアドバイザーがあなたのキャリアの1歩目を徹底的にサポートします。

ご相談から内定まで「完全無料」でご利用できますので、お気軽にお問い合わせください

\Google口コミ★4.8の安心サポート/

ユニゾンキャリアに相談する

大量応募・大量面接の物量押しは致しません

1-2.30代後半のエンジニア転職は狭き門

30代後半でのエンジニア転職は「不可能」とは言えませんが、30代前半よりさらに転職難易度は高いです。

IT業界の未経験中途採用では35歳未満の年齢設定が大半のため、書類選考の通過でさえも難しい傾向にあります。

そのため、30代後半でエンジニアの転職を成功させるのであれば、自己学習だけでなく実践的な実務経験を積める転職支援付きのエンジニア育成スクールに通うのが転職成功の近道です。

しかし、スクールに通うとなれば勉強時間を確保する必要とスクール費用70万円ほどを用意する必要があります。

このように、30代前半と後半で転職難易度は大きく異なります

企業側は30代の採用は即戦力であることが前提として挙げられるため、なるべく早い年齢で1つでも歳を取る前に決断して、転職活動を行ってください。

ユニゾンキャリアでは、エンジニア専門の就活・転職支援サービスを行っています

ご相談から内定まで「完全無料」でご利用できますので、お気軽にお問い合わせください

\Google口コミ★4.8の安心サポート/

ユニゾンキャリアに相談する

大量応募・大量面接の物量押しは致しません

2.【30代前半】未経験からエンジニアへの転職の流れ

30代前半未経験からエンジニアへの転職をするための流れについて解説します。

2-1.①キャリアプランの逆算

30代未経験で転職をするのであれば、キャリアプランを先に考えて逆算を行い、現実的に叶えられる企業・職種を選択する必要があります。

例えば、「37歳までに家庭を築きたい」「40歳までに年収600万円を達成したい」などキャリアプランを設計します。

それを実現するためには「何歳までに上流工程の仕事に就くのか」「マネジメント職を任せてもらえるようになるのか」など逆算して具体的な計画を立てます。

キャリアプランを設計すれば、エンジニアキャリアとして選ぶべき1社目や職種が明確になります。

残念ながら、もう30代は20代とは違い、やりたいことをやって経験を積んでいくフェーズではありません。

プログラミングも一切したことがないのであれば、実質、採用してもらえる可能性があるのはインフラエンジニア一択となります。

【職種一覧】エンジニア26種類を年収・将来性・難易度・仕事内容の4つをわかりやすく解説|就職・転職者職業ガイド

2024.07.11

2-2.②資格の取得

なれる職種を理解して選択した後は必要な資格を調べ、資格取得を目指します。

30代未経験であればある程度の知識・資格を持っていないと採用されることは難しいです。そのため、未経験者が資格を取得することで企業に知識レベルや意欲をアピールできます。

まずはITの基礎を網羅するために「基礎情報技術試験」を取得してください。未経験でも取得しやすい資格であり、他のエンジニアに関連する資格取得の基盤も作れます。

基礎情報技術試験の資格を取得できれば、自身が目指す職種に必要な資格を取得することがおすすめです。

【資格17選】ITエンジニアにおすすめの最強資格!初心者向けに徹底解説

2024.07.12

2-3.③面接対策

30代の転職は書類選考で落とされる可能性が非常に高くなります。そのため、書類選考を突破するための書類作成が必要です。

企業のニーズと自身の強みがマッチングすれば選考通過をすることが可能になります。

まずは企業の求人票や企業のHPを確認し、企業がどのような人材を求めているのかニーズを汲み取ります。

その後、自己分析を行い企業に提供できる自身の価値を明確にすることが重要です。

20代は「自身のやりたい!」で職種を決めていましたが、30代は今後のキャリアのために現実的な職種選択を行い、内定の先まで考え逆算して面接対策を行わなければ、キャリア形成は難しいです。

ただし、企業の求人票やHPを確認するだけではニーズを汲み取ることはハードルが高いと言えます。

そのため、ITエンジニアの転職を専門に扱うキャリアアドバイザーから情報収集を行い、プロに書類選考から面接対策を手伝ってもらうことが転職成功への近道です。

弊社ユニゾンキャリアではIT専門の就活・転職サービスを行っております

キャリアプランの構築から企業分析、履歴書の書き方までサポートさせていただきます。

ぜひ一度、ご相談ください

\Google口コミ★4.8の安心サポート/

ユニゾンキャリアに相談する

大量応募・大量面接の物量押しは致しません

3.30代未経験からエンジニア転職の注意点3つ

30代未経験からエンジニアに転職する際には事前に注意点を把握しておいてください。

3-1.前職より年収が下がる可能性

エンジニアとして転職に成功できたとしても、年収が下がる可能性があることは理解しておかなければいけません。

企業側としても即戦力となる人材であれば、前職より年収を上げられます。

しかし、未経験者は新卒と同じ扱いになるため教育コストなどかかることを考慮し、年収を下げて教育コストにあてることを考えるのが一般的です。

30代であれば社会人経験もある程度積んでいるため、現職でリーダー職を任せられるなど自分の裁量が増え給与が高い傾向にあります。

エンジニアとしての実力はないため未経験からエンジニア職へ転職すると初めのうちは収入が下がることを覚悟しておかなければいけません。

自身のキャリアプランを考えた時に「収入が下がることでプランが崩れないのか?」「収入を一時的に下げてでもエンジニアに転職したいのか」など慎重に考えるのも大切です。

3-2.上司が自分より年下

未経験でエンジニアとして転職をする場合、上司が自分より年下である可能性は十分あります

社会人としての経験は長くてもエンジニアとしてのスキルや経験は新卒や第二新卒で入社した社会人2年目の方より下になります。

そのため、自分より若い方が上司になる可能性も理解しておいてください。ときには「感情的に怒りをぶつけられる」「年下に偉そうにされる」など人間関係に悩まされることもあります。

年齢や社会人としての経験は上だとしても、自分からコミュニケーションを積極的に取り、プライドを捨て意欲的に学ぶ必要があります。

3-3.全身全霊で勉強する覚悟

トレンドの移り変わりが激しいIT業界では、日々全力で勉強しなければついていけなくなります。そのため、全身全霊で勉強する覚悟を持っておく必要があります。

30代の他のエンジニアと大きく差が開いている状態から抜け出さなければいけないからです。

周りの30代エンジニアと同じことをしていても差が縮まることはありません。入社してすぐに与えられた業務をこなせるようになるだけでなく、自己学習を重ねる必要があります

自己学習を怠れば自身の市場価値を上げることはできず、スキルアップはできません。

転職後、自己学習を行わず与えられた業務を淡々と行うだけであれば、転職は考え直した方が良いです。

なぜなら、自身がエンジニアとして成長できないだけでなくキャリアプランも上手く行かない可能性が高いからです。

30代から未経験でエンジニアとして転職するのであれば、相当な覚悟が必要であることを理解しておいてください。

これらの注意点を把握したうえで、エンジニアへの転職にチャレンジされる際は、プロに書類選考から面接対策を手伝ってもらうことが転職成功への近道です。

弊社ユニゾンキャリアではIT専門の就活・転職サービスを行っております

キャリアプランの構築から企業分析、履歴書の書き方までサポートさせていただきますので、ぜひ一度ご相談ください

\Google口コミ★4.8の安心サポート/

ユニゾンキャリアに相談する

大量応募・大量面接の物量押しは致しません

4.未経験から30代でエンジニア転職の成功者の特徴

未経験から30代でエンジニア転職を成功する人には特徴があります。

4-1.転職回数が1~2回

30代の平均転職回数は2〜3回と言われており、転職回数が1〜2回であればエンジニア未経験の30代でも転職に成功しやすい傾向にあります。なぜなら、早期離職の懸念がないからです。

一方で、転職を3〜4回以上しているのであれば転職活動は不利になります。

企業側は人材を採用するためにコストをかけており、短期離職されるとコストがさらにかかることを考えます。また、転職回数が多ければ社会人としてのスキルが身についていないのでは?と判断されるからです。

転職回数が少なければ、1社で長く勤める忍耐力がありマネジメントスキルがあるという点で評価を受けやすいのです。

仮に転職回数が多いのであれば、退職理由と志望動機に一貫性を持たせ、目的があって転職を繰り返したことを面接官にアピールすれば、選考を通過する可能性は上がります。

4-2.徹底的な事前準備

未経験から30代でエンジニアに転職するには、事前準備をどれだけ行えるかが転職成功の分かれ道です。

30代未経験でのエンジニア転職は難易度が高いです。そのため、中途半端に面接対策や書類を作成しても簡単に落とされます。

事前準備にはIT業界の理解はもちろん、資格取得などの自己学習や転職を希望する企業ごとにニーズの調査を行う必要があります。

また、自己分析や履歴書・職務経歴書の作成、徹底した面接対策を行わなければ転職の成功は難しいです。

しかし、事前準備を全て一人で完璧に行うのはとても大変です。そのため、企業分析や書類作成、面接対策などはIT業界転職のプロと進めてください。

効率的に選考突破のための準備を進めることができ、自己学習の時間も確保しやすくなります。

一人で全てを解決しようとせずに、転職のプロや家族・友人など周囲の協力を得ることが転職成功の可能性を上げる方法です。

弊社ユニゾンキャリアでは、IT専門の転職支援サービスを行っています。

専任のアドバイザーがあなたの状況をヒアリング。キャリアプランの構築から最適な企業の内定までトータルでサポートいたします。

ご相談から内定まで「完全無料」で利用できますので、お気軽にお問い合わせください

\Google口コミ★4.8の安心サポート/

ユニゾンキャリアに相談する

大量応募・大量面接の物量押しは致しません

5.未経験からエンジニア転職におすすめの資格

未経験からエンジニア転職でおすすめの資格を3つ紹介します。

5-1.基本情報技術者試験

基本情報技術者試験はエンジニアの登竜門に位置付けられている国家資格です。

入門レベルでありながら、ITに関するシステム・ネットワーク・サーバーなど全般的な知識を証明することができます。

IT関連の資格は様々ですが、ITに関する基礎的な知識を固められるため他のIT資格を取得する際の基盤にもなります。

インフラ・開発関係なくエンジニア職への転職をするのであれば、必ず持っておくべき資格です。

試験概要 詳細
試験時間 科目A:90分

科目B:100分

合格率 25%
目安の勉強時間(難易度)
初学者 200時間ほど
出題数 科目A:60問

科目B:20問

出題形式
科目A:多肢選択式(四肢択一)

科目B:多肢選択式

受験費
7,500円(税込)

 

5-2.Java Silver

Java SilverはOracle社が主催する、Java SEの認定資格です。

資格の難易度は3段階に分かれており、Java未経験者向けの入門資格である「Java Bronze」、開発初心者向けである「Java Silver」、設計者の意図を正しく理解して独力で機能実装が行える中上級者向けの「Java Gold」があります。

Java Silverの資格を保有しておくことで、実務で使えるレベルの知識を理解していることを証明できます。

開発エンジニア職を目指すのであれば、Java言語の学習に加えスキルを証明できる資格取得がおすすめです。

試験概要 詳細
試験時間 180分
合格率(%) 63.0%
目安の勉強時間(難易度) 80時間〜
出題数 80問
出題形式 選択問題
受験費
37,730円(税込)

 

Java Silverについて詳しく知りたい方は下記記事も併せてご覧ください。

Java Silver は転職・就職に有利?転職方法を完全解説

2023.06.10

5-3.LPIC、CCNA

インフラエンジニアの場合、LPICとCCNAが登竜門の資格となっています。

●【LPIC】

正式名称「Linux技術者認定試験」で、Linuxの構築や運用について一定の知識と能力を持っていることを示す資格です。

日本企業の7割Linuxが導入されており、インターネットサーバーの50%以上がLinuxと高いシェアを誇るため、持っておくことで転職成功の可能性を上げることができます。

LPICレベル1の場合

試験概要 詳細
試験時間 90分
合格率(%) 約50%
目安の勉強時間(難易度)
初学者:150時間~
出題数 約60問
出題形式 選択問題
受験費
101:16,500円(税込)
102:16,500円(税込)

 

●【CCNA】

Cisco製のルーターやスイッチなどのネットワーク機器の導入に関して高度な技術力を有し、製品を理解しているという証明になります。

CCNAはインフラエンジニアの登竜門とも言われており、LPICより難易度が高く合格率は20〜30%ほどです。

試験概要 詳細
試験時間 120分
合格率(%) 非公開
目安の勉強時間(難易度)
初学者140時間~
出題数 102問
出題形式
選択形式、ドラッグ&ドロップ
受験費
36,960円(税込)

 

インフラエンジニア職を目指すならLPIC、CCNAはどちらも取得したい資格です

エンジニアにおすすめの資格やLPIC・CCNAの資格について詳しく知りたい方は下記記事も併せてご覧ください。

取得すべき資格はこれだ!CCNAとLPIC、本当に必要なのはどっち?

2023.05.17

6.エンジニア転職はユニゾンキャリア

30代未経験からのエンジニア転職は非常にハードルが高いです

少しでも転職成功の確率を上げるのであれば、弊社ユニゾンキャリアの転職支援サービスをご利用ください

6-1.ユニゾンキャリアのサービス特徴

ユニゾンキャリアはIT・Web業界に特化した転職支援サービスを行っております

アドバイザー全員がIT業界を知り尽くしたエンジニア転職集団のプロであるため、未経験の方でも確実な内定を獲得するために、徹底的なサポートを行っていきます。

特に30代でエンジニア未経験であれば、転職を成功させるのは簡単ではありません。そのために「エンジニアとしてどのようなキャリアを描きたいのか」「将来叶えたいことは何か」などWeb面談を実施します。

その後は業界説明・書類添削・面接対策など行い、内定後もサポートは続きます。

20代未経験者と比較すると転職が難しい30代未経験者であっても、「ブラックな会社の紹介」「転職の強制」「職種・採用要件違いの求人紹介」「勝手に応募」など一切いたしません

一人ひとりのご意向に合わせて転職活動を進めていきます。エンジニア転職に関するお悩みがございましたら、お気軽に弊社までお問い合わせください

\Google口コミ★4.8の安心サポート/

ユニゾンキャリアに相談する

大量応募・大量面接の物量押しは致しません

6-2.ユニゾンキャリアの転職成功事例

最後にユニゾンキャリアの転職成功事例を解説します。

転職成功インタビュー:【契約社員からエンジニア】IT完全未経験の状態から2週間で内定!現在は週4リモート勤務しています

ー転職活動を始めた時のご経歴を教えてください!

芸能系の専門学校を卒業後、派遣社員や契約社員として働いておりました。

今まで4社経験があるのですが、一度も正社員経験がなかったので1人での転職活動は不安が多かったです。

ー転職活動時に不安だったことはありましたか?

正社員経験がなかったことと、IT業界未経験だったため受け入れてくれる会社があるのか、未経験として入社できたとしてもどこまでサポートしてもらえるのか、が不安でした。

ーユニゾンキャリアではどんなサポートをしてもらいましたか?

1番最初はIT業界とエンジニアの職種の働き方について詳しく教えていただきました。

そこで開発とインフラの違いについても詳しく教えてもらい、インフラエンジニアを目指すことに決めました。

その後は未経験から挑戦できる企業や研修制度が整っている企業の求人のみを紹介していただきました。

転職成功インタビュー:【契約社員からエンジニア】IT完全未経験の状態から2週間で内定!現在は週4リモート勤務しています

ユニゾンキャリアでは、エンジニアを目指す方の就活・転職サポートを行っています。ご相談から内定まで「完全無料」で利用できるので、お気軽にお問い合わせください

\Google口コミ★4.8の安心サポート/

ユニゾンキャリアに相談する

大量応募・大量面接の物量押しは致しません

このようなことで
悩まれています。

お悩み1

今の世の中に不安がありませんか?

「スキル身につけたい…」「安定したい…」
スキルをつけれる厳選な求人を紹介!

お悩み2

現在の会社で年収上がるビジョンが見えない

「年収が低すぎる…」「年収をアップさせたい…」
年収の高い企業に入社すべき!

お悩み3

ワークライフバランスを整えたい

「残業なしがいい」「週3,4日で働きたい」
ITエンジニアはスキルを磨けば仕事は選べます!

簡単30秒

まずは気軽にWebで無料相談

コンシェルジュ

こんにちは!
はじめに職歴をお聞かせください。

この記事の監修者

監修者画像

エンジニア

土肥 将司

大学卒業後、新卒で不動産会社に就職。その後23歳で開発エンジニアにキャリアチェンジし、3年間大手Slerにて様々な開発に携わる。その後、インフラストラクチャー企業にて人材コンサルタントとして経験を積み、株式会社ユニゾン・テクノロジーを創業。現在の代表取締役

おすすめ記事

Recommended Articles

成功者インタビュー

岩崎友哉様インタビュー

転職で年収アップに
成功した方

年収UP

【年収150万円UP】大手自社開発企業でリモートワーク!とても良い環境で働けています

転職

槇原さまインタビュー_アイキャッチ

未経験から転職成功事例

年収UP

「PCをほぼ触ったことありませんでした…」完全未経験からエンジニアに転職成功|年収100万以上アップ!

転職

枌夏月様インタビュー

SES企業からキャリアアップ

キャリアアップ

SES企業から独立系SIerにキャリアアップ!仕事の幅を広げて、更なるグロースを目指す

転職

森崎圭介様インタビュー

未経験から転職成功事例

未経験

【販売職からエンジニア】 2ヶ月間の充実した研修内容が入社の決め手に!

転職

石井颯一様インタビュー

未経験

文系からITエンジニアに!理系科目が苦手でITスキルも無い状態から内定を獲得しました

就活

冨田瑠南様インタビュー

未経験から転職成功事例

未経験

【完全未経験からエンジニア】キャリアアドバイザーと二人三脚で内定獲得!

転職

関連記事

人気の記事一覧